« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

「まさか」より「もしも」で事故防止

 水道が普及する以前は何処の家にも井戸があり、子どもの頃よく水Photo汲みを手伝った記憶があります。ただ、井戸の中を覗くと吸い込まれるような錯覚を覚えたことや、親からは井戸の近くでは遊ぶなとか、井戸にまつわる怖い話しを聞いて育ったことが事故防止になっていたと思っております。
 さて、3月30日午後5時10分ころ、国立市西2-21-31の銭湯「松の湯」跡地で、井戸の蓋の上で子供が遊んでいたところ、蓋が外れ井戸の中に転落し、119番通報からImage_2東京消防庁が出動し縄ばしごなどを使って、約1時間後に救出されましたが、子供は軽い怪我ですみ不幸中の幸いと思っております。
 この事故から、安全な街づくりという観点から考察してみたいと思います。まず「安全・安心な街づくり」には、「死角を無くす」工夫が大切とされています。しかし、その危険や死角に気が付かなければ、誰も何も対策を講じることが出来ません。まず「上の物は落下する」、「立てた物は倒れる」、「回転する物に挟まれる」ことは自然の摂理ですから、これらの管理者は常に点検と補修の必要があります。
 今回も、井戸の蓋の上で遊べば、外れて落下の恐れは当然ですから、
 今回のような事故を防ぐには
■このような場所に物理的に接近出来ない工夫をする。
■必要ないなら埋設や撤去など根本から事故が起きないようにする。
■危険な場所の話しを平素から大人が子供に言い聞かせる。
 これらを、少し想像をたくましくすることで、殆どを防ぐことが出来るはずです。
 また、「死角を無くせ」という観点から、防犯カメラの設置に力を入れる傾向があり、設置したからもう安心と見る場合があります。しかし、実際はここから「心の死角」が生じるともされ、「まさか」より「もしも」何かあったならと、検討した事故防止対策が必要と思います。今回の事故も、災害時の生活用水確保の観点から埋設できなかったなら、周囲を柵で張ったり蓋をネットを覆うことで、簡単に防ぐことが出来たはずで、費用対効果や事故による信用失墜の大きさを考慮すれば安価なことです。Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

最悪はスパイ工作されることです

 今週の週刊誌の見出しからも、まだまだ昭恵夫人が注目を集めているようです。
 要約しますと、お嬢様育ちで苦労知らず、無邪気W6で能天気、浮世離れのチャラの方と評されているそうです。今回は流石に、安倍総理の母で岸信介元総理の長女である洋子さん(88才)は、政治家一家の内助の功の大切さから、昭恵夫人を呼び出して叱責したとも報じられています。
 何も昭恵夫人ではなくても、総理夫人ともなれば利用したい人が異常発生するもので、よく聞く、芸能人やスポーツ選手が売れ出すと、急に親戚や友人が増える現象と同じです。その結果、名誉職を260個所も引き受けては、自分でもコントロールできないはずです。昭恵夫人は「何でこんなに、私は注目を集めてしまってるんだろうって、すごく戸惑っているんですけど・・・・」、「再び総理夫人になってから、すごく活動の幅が広が りまして、いろんなところに行きますし、いろんな方たちから、い ろんなことを頼まれたりもしまして、すごく私は、忙しくなっ てしまったんですね」と語ったそうですが、こんな発言にも無邪気で能天気ぶりが発揮されています。
 実際は、夫の役職や職業は妻の価値に何ら関係ないのに、世間はそうはさせず周囲から利用される話しはよく聞く話です。数年前の『半沢直樹』は、某銀行の社宅では、妻の周りは夫の上司や部下の家族ばかりで、妻や子どもまで巻き込んだ悲喜こもごものドラマでした。聞いた話ですが、社宅では夫の役職が妻の価値に反映されることもあって、日頃のお付き合い、贈り物、ごみ出し、お茶会など集まりにも影響すPhotoるそうです。これは、長い物には巻かれろとする村社会の名残りとされ、仲間外れにされたくない、あわよくば引き立てて欲しいという計算もあるはずです。ただ気を付けることは、安倍総理や日本国の価値感と相反する勢力から利用されることです。既に、反基地や反原発運動、或いは敵国のスパイから接近されている虞もあります。尤も、森友学園問題も工作された一つの結果と見ることもできます。この日本を貶めたいのは、敵国だけでなく、日本人が多いのも特徴とされます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

民進党に見事な特大ブーメラン

 辻元清美氏に3つの疑惑が浮上 「拡散やめて」要求で陥った自己矛盾
 本筋は100万円寄付問題ではなく、実際は国有地がなぜ8億円値引きされたかのはずです2017329_2。それにしても、近畿財務局は国有財産を籠池氏も驚くほど、なぜ8億円以上も値引したのか。この辺りは、同和問題などに詳しい議員が把握していると見られています。昨日の国会では、安倍首相も辻元議員のメールに関連して強気の答弁をしていました。これからは、辻元議員と関西生コンの関係や籠池メールのことを質すことがポイントでしょう。
 まず、関西生コンの工作員を3日働かせて、マスコミに裏工作したことや、園児に対する行為は辻元議員の喚問や記録を検証すれば判明することです。ただ、
森友学園問題では、真相解明を求める声より、日本が大変な時期に、いつまで拘って審議や報道しているのかとの意見が強いようです。安倍政権は、全般に失点は少なく比較的高い支持率が気に食わないのか、いわれなき誹謗中傷であっても、何とか政権から引きずり降ろしたい野党は必死です。しかし、今回の民進党が「盛大に墓穴を掘る」、自爆声明を公表したことは見事な特大ブーメランとみられます。
 これを機に解散するなら、きっと、「民進党自爆解散」と呼ばれるはずです。Photo_2

■安倍首相が本気で怒り狂う!メールの公開を拒否しようと、民進党が必死に拒否!メールは公開!そこには辻元清美議員の名が・・・
    https://youtu.be/2fDMpagXF9c

■足立康史「辻元清美を日本から追い出す!」2017年3月25日   https://youtu.be/IGRhQu72_fw  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豊洲移転の先送りは限界だ!

 またも豊洲移転の政治ショー?、二番煎じの出がらしのお茶なんか飲めるかImage4_2。いつまでも移転延期で都民や築地の業者を振り回しやがって、その手は桑名の焼き蛤だい。
 江戸っ子の一心太助なら何と言うのか・・・ 
 さて、自民都連は、4月11日に開催される都連の政治資金パーティーに小池百合子都知事を招待することを決めたそうですが、実にいい案と思います。小池知事は、自民都連を「抵抗勢力」と位置づけていることに対して、都政改革に「協力を拒んでいるのは小池氏の方だ」(都連幹部)と強調する狙いから、踏み絵を踏ませる意図があるとみられています。果たして、小池都知事はパーティーに出席か・欠席か・・・・出来れば、出席して堂々と豊洲移転延期の正当性と黒幕の圧力などを語って欲しいものです。既に、小池知事は「豊洲問題は都議選の争点になりえる」と述べ、下村会長は「豊洲問題を選挙の争点にしてはならない」と釘を刺しています。
 しかも、石原元知事の証人喚問で、築地の汚染暴露や「豊洲移転の混迷、迷走に対する責任は小池さんにある」、「豊洲がこのまま放置されるということは、結局、科学が風評に負けたことになる。これは正に国辱だ」との証言から、小池ブームは終焉を迎えようとしています。よって、自民は迷うことなく、正々堂々と豊洲の早期移転を主張して中央突破すべきです。「都民ファーストの会」も単独過半数(64人)奪取を目指して、70人前後の擁立かと報道されていましたが、既に縮小する動きもありそうです。小池知事と連携を表明した公明党も複雑な立場でしょう。とにかく、築地市場の敷地は移転後「環状2号線」が通る計画なのだから一刻も早い決断が必要です。
■「報道特注(右)」テーマ① 豊洲問題
    https://youtu.be/y3fa6dBHUU8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

愚民による愚民のための政治

 D・カーネギー著「人を動かす」で、そのコツは「相手が関心を持っているこImage4とを話題にすることが鉄則」と説いていますが、ある意味、至言と思っています。
  友人に親子で介護の現場で働く家族がいますが、そこには月一回、勉強会が行われ、地元の野党議員や福祉関係者が講師で来るそうです。主なテーマは「福祉政策の問題点と今後の課題」、「介護職員の福利厚生の充実」などの話し一辺倒だそうです。これは当然で、福祉施設で「軍事費倍増」や「消費税引き上げ」などと語っても聞いてくれないのは当然です。逆に「非武装中立で軍事費ゼロを目指す」、「消費税は撤廃し、公務員の人員と給与を削減して、福祉職員の福利を充実を目指す」などと語れば、拍手喝采も当然のことです。
  議会制民主主義下の国民は、失礼ながら、寝たきりや障害のある方も、現役バリバリの方も、現役を引退して毎日がテレビ桟敷の方も、先見性や良識があって優秀だから100票位上げたいような方も一票は一票です。よって、誰に焦点を当てれば当選するかで、政治を左右することになります。また、誰に焦点を当てれば、視聴率や購読者を伸ばせるかを常に意識している人もいて、その価値観はほぼ同じとされます。
 かつて、民主党は福祉政策オンパレードのマニフェストを掲げて、国民の関心を買って政権交代しましたが、その殆どを実現することは出来ず、早々と国民に見離されました。つまり、国民に耳障りの良い政策やテーマ、スキャンダルを見付けて集中報道すれば、見る人も煽られてハッキリと視聴率に表れてスポンサーを喜ばせます。そして、知らず知らずのうちに国民は愚民に劣化して、その愚民と考えが似た候補者が選ばれることで、見事に「衆愚政治」に陥った昨今の日本です。なお、タイトルはリンカーンの「人民の、人民による、人民のための政治」を倣っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

稀勢の里は北条時宗の再来か

 「元寇」とは鎌倉時代に、ユーラシア大陸をほぼ支配したモンゴル2017327_image帝国及び属国の高麗王国等の異民族から、初めて日本が侵略を受けた「文永の役(1274年)、弘安の役(1281年)」のことで、日本各地には怖ろしいものの例えとして、今も「もくりこくり(蒙古・高句麗)」が来ると広く伝承されています。この未曾有の国難に立ち上がったのは、鎌倉幕府第八代、18歳の若き執権・北条時宗でした。
 さて、近年の相撲界はモンゴル出身力士全盛で、まるで千年前のモンゴル帝国の勢いを見る思いです。欧州勢の、琴欧洲、把瑠都、臥牙丸、大砂嵐、隆の山らと挟み撃ちも期待されながらも、モンゴル勢に一蹴されています。この日本大相撲界の国難に立ち塞がったのは、稀勢の里(田子ノ浦.S61.7.3生、牛久市出身、身長187.0cm. 体重175.0kg) です。今場所は初日から快進撃を見せていましたが、13日目の日馬富士戦で左腕を負傷しながらも出場を続け、二連敗はしたものの千秋楽では、モンゴル出身力士の照ノ富士を相手に二連勝して先場所に続いて優勝をもぎ取っています。
 しかし、この連勝も、元寇に例えるなら初戦の「文永の役」に過ぎません。
 後から次々と、モンゴル勢だけでなく中国や韓国出身力士まで連携して、日本人力士に襲いかかっています。これを、稀勢の里関は同部屋の高安関、更に、貴乃花Image部屋の貴景勝(20)ら若手力士と連携して、第二、第三の襲来に備えることが出来るのか・・・・・・「風雲児・時宗(1251年5月15日~1284年4月4日) 」は、正に「元寇」に対峙するために誕生したと評価され、享年34歳(満32歳)で没しています。
 それにしても、相撲界のグローバル化は凄いものがあり、よく語られるグローバル化の良し悪しの判別や勉強をするなら、大相撲を見れば理解出来ます。もし「元寇」で日本が敗れモンゴル帝国に支配されていたなら、天皇陛下以下の皇室や貴族社会は撤廃、仏教や神道の施設は尽く破壊され、鎌倉の武士集団はモンゴル軍に編入され更なる敵国と戦わせられるなどから、日本の歴史が180度変化していたことが想像されます。そして、国境や人種の垣根を排除するとされるグローバル化の進行は、国体と文化、伝統、価値観などの継承の難しさも同時に発生することも覚悟すべきことでしょう・・・・

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

何事も端っこも最後尾も大切です

 先日、集合写真を撮影した際、一番端に位置した人から「ヤッパリ端っこPhotoは嫌だな」と言われてしまいました。これに対して、「何事も端っこや殿(しんがり)は大切なんだ」などと、城郭の石積みや撤退するときは、殿(しんがり)の役割の大切さを語って、無理矢理に納得してもらいました。
  まず、「殿」は後退する部隊の最後尾で、追いかける敵を食い止める重要な任務があり、全滅することも多々あったとされます。よって、古来より武芸に優れた武将が率いる最強の部隊が務めたとされ、例としては、朝倉攻めのおり織田信長が敵陣の中に孤立した際に、木下藤吉郎(後の秀吉)が殿を引き受けて信長を無事に逃がしたことから、、藤吉郎への評価が一変したとされます。 00001506ab41
 また、城郭に限りませんが、石垣の角の石は殆どが直方体状に加工した大きな石を積む方法が一般的です。この角の石が立派に揃っていないと、間違いなくその城の全体の評価に影響してしまいます。静岡県富士宮市の出身ですので、大動脈・東海道の要所要所には立派な城郭も配置され、比較的近くには駿府城も構えていましたので、当時から感心して眺めたものです。東京でも江戸城(皇居)に行けば分かりますが、端の石は、正にそこの顔、大幹部であることが理解できます。勿論、内側や中央部の石も無駄なものは一切無いことも理解することが大切と思います。
 つまり、どんな小さな石でも重要な役割を担っているので誤解のないように・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

ロボットに善悪を判断する目が付く

 「農作物の収穫や選別を自動化できたら、農家はどんなに楽になるだろう。」
 富士山麓で、農業に従事する両親らの働きぶりを見て、0000d3c7cそう思いながら育ったのに、農業を嫌い東京に飛び出していますが、京都大学の近藤直教授は、同様の思いから「農業用知能ロボット」の開発研究を行い第54回「読売農学賞」を授賞するそうです。
 以前、「高度の眼とAIの組合せで領域拡大: 大日建設の社長日記」で、AI(人工知能)が人間以上の高度のを合わせ持つことで、利活用の分野が大幅に拡がる可能性があり、日本は、この分野でトップにあり千載一遇のチャンスとされます。その理由として、地球上の生物は約5億5千年前のカンブリア紀にを持った生物が誕生したとき、それまで数十数種しかなかった生物が突如として1万Image5種以上も爆発的に増加したことを「カンブリア紀の大爆発」と呼ぶそうです。この判断能力がある目を持つロボットの研究では、日本が世界最先端であり、 今後は「3K」(きつい・汚い・危険)職場で人に代わって仕事をこなすロボットの開発が進むと期待される反面、スティーブンホーキング博士は「強力なAIの登場は人類にとって最高にもなりうるし、最悪にもなりうる。」と見ているそうです。
 事実、米国防総省はロボット兵器の開発に力を入れており、映画「ロボコップ」のような生殺与奪の決定をロボットが行うことも現実になる日も近いと見られています。しかし日本では、農業、介護、原発・火力発電所、工事現場、救助活動、防犯カメラ、自動運転、医療現場などの平和的利用で研究が進んでいるそうで、人工知能(AI)+の装着による「カンブリア紀の大爆発」は日本から起爆して欲しいものです。この眼となるセンサーはソニーが世界一で、ほぼ独壇場だそうで、「固体撮像素子(CCDイメージセンサ及びCMOSイメージセンサ)の研究開発、特に埋込フォトダイオードの発明」した功績から、静岡大学電子工学研究所の寺西信一特任教授は、今年クイーンエリザベス工学賞を受賞されます。

0000bw
デジタルカメラの撮像素子(CCD、CMOS)サイズ比較
―進化するソニーのセンサー技術― 自社開発イメージセンサーがリード7c83e3f7638c47b5509d9e0b4282473d1_2
http://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2016/07/it_21.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

虚言癖は「作話症=虚談症」?

  近年、発生する事件の犯人は、虚言癖が強く現れる「作話症=虚談Image0273」と思われる事例が多いとみられます。この原因は、慢性アルコール中毒性精神病や薬物使用などからコルサコフ症候群を示すものや、加えて、生まれもっての虚栄心や自惚れも原因しているとみられています。
 「作話症=虚談症 」のことを始めて知ったのは、昭和23年1月26日に、豊島区長崎の帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)で発生した大量毒殺事件からでした。この事件は、言葉巧みに行員たちに毒物を飲ませて12人を殺害し、カネと小切手を奪ったという事件で、犯人として逮捕されたのはテンペラ画家・平沢貞通は、狂犬病予防注射の副作用でコルサコフ病による「作話症=虚談症」とみられ、取り調べや公判を翻弄したとされ、昭和62年獄中死しています。
  また、1981年(昭和56年)当時、米国のロサンゼルスで発生した多額の保険金目的の為に、妻を銃殺・傷害事件も、三浦和義の典型的な作話症からとみられる虚言で、マスコミ、警察、司法機関を翻弄させて、結局は無罪放免になるものの、その後も万引きで逮捕されるなど事件を繰り返しつつ、2008年(平成20)10月10日、ロサンゼルス市警の留置場で着ていたシャツで首吊り自殺を遂げています。きっと、自己矛盾に悩まされた結果からと思っています。
 これら事件の他にも、「毒物カレー事件」、「首都圏連続不審死事件」、「新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件」、「声優・連続昏睡強盗事件」等々の犯人も、強い虚言癖がみられるとされ、また、過去の無罪判決になった事件の犯人もほぼ共通の例があると見られています。最近、問題になっていることも、過去の事例を踏襲しており、関係者は真実追及の限界を、今から覚悟される必要がありそうです。
 そして、真実追及と事件解決の難しさを劇場的に観察する機会になりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

外務省が「ゴルゴ13」に仕事を依頼

 ロンドンの英議会議事堂近くで22日発生した、車で大勢の歩行者や警察官をひき殺し13image5たテロ事件の ハリド・マスード容疑者(52)は「イスラム国」が犯行声明を伝えたことから、イスラム過激思想に感化された男との見方をしているという。
 さて、外務省が、世界一の超A級スナイパー・ゴルゴ13ことデューク・東郷に「テロ対策指南」の仕事を依頼したそうだ。「ゴルゴ13」は、あらゆる国家・組織・宗教・思想・信条に捉われない世界最強の殺しのビジネスマンで成功率は99.9%。「ゴルゴ13」と呼ばれるのは、イエス・キリストが処刑されたゴルゴダの丘(ヘブライ語でどくろの丘の意)からと、「13」はキリスト教で最も不吉とされ、かつ「裏切り者のユダ」は13番目の弟子からとされる。
 だが、ゴルゴ13に「仕事を依頼する方法」は少なく、裏社会で密かに語られている手段は、アトランタにあるアメリカ連邦刑務所に服役している終身犯マーカス・モンゴメリーに手紙を送ることと、或いは、「讃美歌十三番」に託して連絡をとる方法が知られている。果たして、外務省が「ゴルゴ13」にとったコンタクトの方法は何だったのか、また、スイス銀行のゴルゴ13のプライベート口座に振り込まれた金額は・・・そして今回、テロ対策指南された内容とは、
 デューク東郷が、外務省から企業の海外での安全対策への協力を求められて応諾。東郷は各国の在外邦人に対し、最低限必要な安全対策を指南する任務を始める。「テロが中東や北アフリカだけでなく欧米やアジアにも拡散し、在外邦人も標的になっている」と同省は指摘。このマニュアルを全国に配布するなどし、日本企業の安全対策を積極的に後押しするというが、特に、原発、空港、港湾、駅・電車、軍事産業等々には厳しく指南して欲しい。99.9%成功すると見られるが、ただ一点ゴルゴ13に弱点があるとすれば、年に一度、突然、右手がしびれるというギランバレー症候群の持病があることで、外務省からの仕事中に発作が出なければいいが・・・
 また、今回の英国のテロで女王陛下からも仕事の依頼が入る可能性も高い。
13

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

テロ等準備罪に反対する政党・団体

 「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議に、民進、共Photo、市民団体、労働組合、日弁連、朝鮮総連、左傾マスコミなどは「話し合うだけで罪になる」などと必死に扇動しています。このような皆さんは、日ごろからテロの実行を密かに相談することがあるから、強く反対するのでしょうか。
 それなら理解出来ますねぇー。面白いですねぇー。恐いですねぇー。
 尤も、共産党はかつてテロ活動を実際に行っていた団体であり、現在も過去の栄光?と実績?を忘れていない団体であるとされ、公安調査庁は「破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」と国会で答弁していますから、反対するのは当然と言えば当然です。しかし、普通に生活する一般市民は、テロやスパイ活動などには縁遠く、私たち、国民が被害となる凶悪犯罪の撲滅を願っていることも、当然のことです。
  今、最大注目される朝鮮半島情勢ですが、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)は、北朝鮮の動きに連動して、日本国内の重要施設の破壊、政府要人ら襲撃、繁華街などでのテロ行為を実行する使命を持った人達と見られています。
 事実、朝鮮総連は共産党と共謀して、戦後の国内で警察署を襲撃したり、駐在所勤務の警察官を殺害するなど混乱させて、朝鮮軍を日本に迎え入れる準備をしていたことが知られています。現在でも、テロ国家・北朝鮮を支えるために、物心両面から大活躍しているとされますので、これらの関係が分らないと、なぜテロ等準備罪の制定に、左傾野党・マスコミ・市民団体、朝鮮総連、左傾マスコミなどが一体となって反対するのか理解できないはずです。近いうち、マスコミが大騒ぎして扇動し、国会周辺もいつかのように騒然とすることでしょう。
■報道特注(右)「韓国 慰安婦のウソ!少女像のモデルは慰安婦じゃなかった!」「共産党が法案成立を嫌がる【共謀罪】を命狙われる和田議員と丸山議員が徹底解説!」  https://youtu.be/avj5vLXj4XM

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

報道のトーンが随分下がりました

 マスコミも、「森友の疑惑」、「豊洲の安全VS築地の危険」に2017322_image0270ようやく気が付いたのか、それとも、これ以上煽ると自分にまで火の粉が飛んでくると見たのか、早逃げ態勢のようです。ただ、報道のトーンを一斉に下げたのはいいのですが、あまりにも露骨に変わり身が早すぎて、責任感ゼロの印象だけが伝わってきます。
 誰かの弁ですが、森友学園の疑惑報道に使った番組や新聞などの作製総費用は、各社合計で約160億円に上るそうで、更に、国会は一日だけで約3億円かかるそうですから、一体何百億使って、無駄な報道や議論をしてるのか分ります。それに、籠池理事長が証人喚問される明日23日は、センバツ高校野球の怪物・清宮の初戦と重なったり、ワールドベースボールクラシック(WBC)決勝戦や、侍ジャパンが決勝に進む可能性から、23日午前10時からの試合開始では一部生中継できない虞もあるそうで、これらも先読みしているのでしょう。2017322_age0272
 一方、豊洲報道も先日まで「環境基準の100倍の汚染物質が地下に有る」と不安を煽っていましたが、石原元都知事の喚問を終えて大した失態がないことや、ドンが関係する利権は見当たらないのか豊洲に早期移転を提案の方向に舵を切った模様ですます。これも、築地の危険極まりない汚染利権追及の失敗、且つパフォーマンス優先の小池都知事の政治スタンスに疑問を持ち始めたこと、更に、豊洲の減価償却費や築地の業者への税金を使った高額の補償費等々の失政から、このままの小池寄り報道では整合性がとれず、益々軽視され視聴率に影響すると判断したはずです。それとも、広告主や某政党、労組MICからも「そろそろ・・・」と指令があったのでしょうか。
 とにかく、豊洲の地下汚染は地上の施設内には影響しないのです。
 ベンゼンは揮発性で地上の空気を多少は汚染するものの、豊洲市場の建物は厚さ35~45cmのコンクリートで遮断され、土壌汚染対策法の安全基準厚さ10cmのコンクリートより数倍の厚さで安全を高めています。それよりも、今日は「公示価格・住宅地下げ止まり」の報道がありましたが、豊洲の超高級タワーマンションは大気汚染の風評被害は大丈夫でしょうか。
菅野完 しばき隊 前科者に唖然!? 森本学園・籠池理事長との関係は ...

【百田尚樹】菅野完の正体を暴露!トンデモない経歴に衝撃! https://youtu.be/PDPy6emwuII

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

戦争目的を達成した国はどこ?

  プロイセン(ドイツ)の将軍クラウゼヴィッツの「戦争論」に、「戦争に勝った敗00203200_けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる」とあります。また、「戦争は単に勝ち負けを争うのではなく、国益の確保という観点から複眼せねばならぬ」、「戦争とは、他の手段をもってする政治の継続である」ともされます。確かに、日本は大東亜戦争で白人連合国から徹底的に痛め付けられ形では負けましたが、日本の戦いぶりに感化されたアジア諸国民も、共に戦い全ての国々が独立を勝ち得て、更に、アメリカやアフリカの黒人にも人種差別撤廃の動きが広まり、今では、殆どが解放され日本は感謝されています。
  一方、形では勝った国の戦後はどうであったのか?、
 白人国家の殆どは植民地を失った結果、欧州の片隅に追いやられ、単独では経済も立ち行かなくなって、EU(欧州連合)などの共同体を作ってどうにか生き20110612160544ce5s延びています。また、アメリカも日本と同盟を組んだお陰で、どうにか力を維持していますが、今後は縮小に向かうと見られています。つまり、「大東亜戦争」は有色人種の、白色人種に対する壮絶な巻き返しであったことは事実であり、その当時、白人に対抗する気迫と軍事力を兼ね備えた国は、日本しかなかったことも明白でした。
  そして今、ミャンマー(ビルマ)建国記念日には、日本の「軍艦マーチ」や「日本陸軍の歩兵の歌」が流れ、フィリピンの独立記念のポスターには日本軍のポスターが貼られると共に神風特攻隊を英雄と称え、インドIndiachandraのオールドデリー市街のチャンドラ・ボース公園に立つインド独立義勇軍(INA)と日本軍人の像が建立されるなど、日本が植民地解放と人種差別撤廃のために戦ったことを称賛しているのに、当の日本人は未だに自虐史観の中にあります。白人支配から独立を勝ち得た国々には、日本も素直に喜ぶことが命を懸けて戦った父や祖父の世代の日本人、英霊への礼儀であるはずです。なのに特亜三国と一緒になって、日本は侵略国家だなど叫んでは祖先や先人の冒涜以外の何ものでもありません。クラウゼヴィッツの戦争論を借りれば、大東亜共栄圏や東亜諸民族の解放の旗印で戦った大東亜戦争の勝者は日本やアジア諸国となるはずです。因みに、かつて白人の植民地で奴隷扱いされたASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟するインドネシア・シンガポール・タイ・フィリピン・マレーシア・ブルネイ・ベトナム・ミャンマー・ラオス・カンボジアの10カ国も、経済成長が著しく大東亜共栄圏が完成しつつあり、これは終戦後も諦めずに政治の継続を続けたことが日本の国益の確保につながっていることでしょう。
 「勝負に勝って試合に負けた」とは、単にその場の勝ち負けではなく、大局的に見て、その後に周囲や自身の成長などに及ぼした影響、また争いが収まった後の経済状態や信頼を高めた状況まで含めた視点から言えるはずです。

Img_0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豊洲の補償金は小池知事が払え

 豊洲移転は小池知事個人の政治的パーフォーマンスに利用されて延期Image0268_2され、補償金は1日遅れると約700万円、一か月では2億円超の税金が使われています。この補償金は知事個人が支払うべきと思います。
 さて、築地市場の水産仲卸売場全棟では海水を濾過して床掃除や魚の水槽などに使用していますが、土中の配管の老朽化から漏水し、3月17日から二日間使用できなくなりました。床掃除に塩分が強い海水を使用することで、排水溝などが消毒されウジの発生を押さえハエが湧かない効果もありますが、今回の事故で濾過しているとは言え、汚染海水で床洗浄や魚の水槽などに使用していることが公になり、隠蔽されていた築地の汚染が都民に知られ、選択の余地はない現状です
 3月20日、都議会百条委員会で石原元都知事が証言され、築地の地下には被爆した第五福竜丸の放射能マグロが埋まっていることや、旧日本海軍の化学兵器、米軍クリーニング施設の危険な溶剤などの埋設が明かされました。放射能マグロのことは、都民や業者に不安を与える虞からタブー視されていたのですが、老朽化した配管から放射能が逆流している危険もあります。他にも空調がないこと000028やアスベストが食品に飛散したり、地震時の崩壊の危険、強雨では下水が逆流、ネズミやゴキブリ、カラス・土鳩の出没、強い日射しの中で食料品処理、業者はトイレに出入りした土足で動き回っている現状などが指摘されています。
 なのに、豊洲では汚染水を使うはずがないのに100倍汚染などと騒ぎを大きくしています。つまり、築地の危険極まりない汚染に比較すれば、豊洲は科学的にも安全性は確保されているのに、ああだこうだと理屈をこねて小池知事個人のパーフォーマンスで都民の関心を18買うために政治問題化したのが豊洲の本質であり、これにマスコミが視聴率を上げる為に煽っている構図です。その結果、都民の損失は極めて大きく、使用されない豊洲の減価償却費や、築地の業者に支払う補償費等々は1日当たり約700万円の維持費がかかるのですが、これを全て都民の税金で負担しているのです。石原元都知事は正当な理由なく移転を先延ばして都民に損害を与えたとして、小池知事を告発する動きですが、都民も税金が高いと不平不満を言う前に、この問題に気付いて欲しいものです。
豊洲と築地のコンクリートの違い?: 大日建設の社長日記
「豊洲より、築地が危険です」: 大日建設の社長日記
いつまでも豊洲の不安を煽るな!: 大日建設の社長日記
豊洲移転と「サンク・コスト」: 大日建設の社長日記
都議会・百条委員会は政治ショー: 大日建設の社長日記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

いつまでも豊洲の不安を煽るな!

 マスコミは視聴率や購買数が取れて、かつ広告収入があるとみると、真実の2017320image5追求は二の次にして、強引な取材方法や偏った報道で国民を煽る傾向が強いようです。テレビでは、全員似たような思想のコメンテーターを並べて似たような発言を語らせるところに良く現れており公平・中立など全くありません。
 思えば、マスコミが敗訴したロス疑惑の三浦和義事件報道、河野さんを犯人扱いした松本サリン事件報道、国会議員の自殺者を出した堀江モン偽メール報道、ボクシングの亀田兄弟と父親へのパッシング報道、ミッチー・サッチー騒動報道等々では、日本中のマスコミが一斉に過激な報道を行い、マスコミの品格が問われていました。今、これと似た報道が行われているのが、「豊洲市場の移転問題」と「森友学園国有地払い下げ疑惑」報道であり、これに振り回されているのが私ら国民であり、愚衆が作られるプロセスと見ています。
 昨日19日には、都議会の百条委員会で豊洲市場の用地取得を巡って証人に立った浜渦武生・元都副知事の発言が注目されました。豊洲移転交渉の鍵を握っていたとされるだけに、迫力と自信ある姿勢で当時の東京ガスとの「水面下の交渉」の状況が明らかにされ、交渉の裏話しとして、
  「まず、受け入れ側の江東区が『東京都はいつも迷惑施設ばかりもってくる』と厳しくお叱りを受けました」と明かし、「江東区は、目玉になるものがないと。ゴミ清掃車がたくさん走るから道路も傷むので整備をして欲しい。賑わいをつくって欲しいということでした」、「区長にもお目にかかりまして、確かに悪魔の囁きをしました。江東区は人口急増区でしたから、区民福祉に困っていました。学校などの教育施設、病院ですとか、当初の計画が住居中心でしたので、市場が来て築地のような場外(市場)を作ってはいかがですか、と囁きをしました」と証言していました。
 かねてから、「水面下の交渉」に問題があるように報道していましたが、何ごとにも根回しや打診は必要なもので、最初から世間にオープンにして始まることは無いはずです。とにかく勝負ありの印象ですが、「マスコミは豊洲の不安を煽るな」、都知事はマスコミの支持をいいことに、都民や築地の業者に迷惑をかけるなと申し上げたいものです。今日は百戦錬磨の石原元都知事が喚問されますが、浜渦氏以上に迫力ある答弁で都議らとの格の違いを見せて欲しいものです。

Image0266_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

アジアを解放した日本に感謝する

 15世紀の大航海時代以降、アジア・アフリカ・アメリカ・オーストラリアなImage1_3どで平和に暮らしていた有色人種は、火縄銃を手にした欧米列強の白人国家から大量虐殺のうえ、土地を奪われ植民地や奴隷扱いをされていました。
 アジア地域も、日本やタイ以外は全て白人から支配され辱かしめを受け、発展も希望もない時代が数百年も続いていました。そして、最後に残った日本は唯一の「アジアの光」、「最後の砦」、「アジアの盟主」として期待されていたのですが、ABCD包囲網という経済封鎖を敷かれ、更に、最後通牒(ハル・ノート)を突きつけられ、「自滅か戦争か」というギリギリの状況下にありました。
 そこで、日本は「座して死を待つより、戦って死すべし」と決断し、アジアの有志と「大東亜共栄圏」、「東亜諸民族の解放」というスローガンを掲げて立ち上がったのですが、欧米列強も「植民地が解放されたら大変」、「小生意気な日本を打ち砕け!」とばかりに戦いの火蓋は切られました。ところが、日本軍は植民地を支配する白人の軍隊を次々と打ち破り、同時期に独立した国々は、インドネシアやベトナム、フィリピンなど七か国に上ったはずでPhoto_2す。更に、独立を維持・継続させるために国民の教育や軍隊の設立と指導、インフラの整備などに力を入れたのでした。勿論、数百年の植民地支配の名残りも強く、それまでの宗主国、オランダ・イギリス・フランス・アメリカなどに忠誠を誓う国民もありましたが、国家の存亡を懸けて戦った日本に対して、今では、特亜三国以外はどの国々もアジアを解放した日本に感謝するとの多くの声があります。
 ただアジア解放の戦いは、米軍による国際法違反の原爆や空爆で戦闘員以外の無辜の民の死者を多く出して、天皇陛下の英断で道半ばで中止されたのですが、戦後の長い期間、GHQによる東京裁51iiv5thuyl__sx350_bo1204203200__2判史観の「日本の侵略戦争」という刷り込み受けた政治家やマスコミ、作家、教育者などから、多くの国民も洗脳されてしまいました。しかし、最近の研究や機密文書「ヴェノナ文書」の公開等から、徐々に真相が明らかになりつつあります。
 ところが、まだまだ日本を貶めたい勢力は、1940年(昭和15年)締結の「日独伊三国同盟」は、大東亜戦争とヨーロッパ戦争を連動させて世界制覇を目指したなどと位置づけています。また、当時から共産党国家・ソ連の南進を恐れ、まずソ連打倒の北進論がありましたが、近衛内閣は昭和16年4月13日に「日ソ中立条約」を締結し、「南進論」の立場を明確にしています。この決定には、ソ連のスパイ、尾崎秀実やゾルゲらが工作して南進決定を促した事実が判明しています。
  これには当時、第一級の思想家で東京裁判でA級戦犯とされた大川周明は、予09389731てから大東亜共栄圏を主張していますので、これを知る尾崎やゾルゲらが「これ幸い・利用できる」と支持し、近衛内閣を工作したことも容易に推測されます。つまり百歩譲って、アジア解放は目的でない。ただの結果論だとしても、開戦を決断した東条首相や、アジア解放論の大川周明の期待通りにアジアは解放され、人種差別の廃止などを果たした日本は評価されるべきで、諸外国の指導者からの感謝の言葉を素直に受け止めるのが自然なことです。
 何も、日本人が無理に真実と結果を捻じ曲げて、貶める必要はないはずです。
 あの戦争では、白人も有色人種も甚大な被害がありましたが、結果的に植民地は全て解放され、人種差別の撤廃などに果たした日本の功績は極めて大きく人類史に永遠に残るはずで、父や祖父の世代が命を懸けて戦ったからこそ、今の日本が存続しており評価されるのであり、もし、日本まで植民地になり奴隷にされていたらと想像すれば、本来の日本人なら自ずと正解が見えてきます・・・Image5Image4 
【KSM】日本はアジア民族を解放し救い出すと言う人類最高の良い事をした
元アムステルダム市長 エドゥアルド・ヴァン・ティン
  https://youtu.be/Eas0BHG3ifc
■武田邦彦
★なぜ白人は日本人を滅ぼしたがるのか?日本の行った戦争に意味は無かったのか? #武田邦彦 #武田教授  
https://youtu.be/TbNU-6QWg7Y
■1943年(昭和18年)11月5日-6日に東京で開催されたアジア地域の首脳会議
大東亜戦争の大儀・アジア諸国の独立>・
大東亜会議・大東亜結集国民大会・東條首相演説   
https://youtu.be/YWu2KHQDWFQ
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

器量の違いが垣間見せたこと

 「器量」とは、女性には外見や気立ての良し悪しの狭い範囲を指すよう2017319_2ですが、男には能力・人徳・度量などに対して、世間からの厳しい評価を指すように思えます。天下を制した信長・秀吉・家康らをはじめ、近年の創業者で成功された豊田佐吉、松下幸之助、井深大、本田宗一郎らにも、凡人には無い器量を合わせ持っていたのでしょう。
 最近では、石原慎太郎は著書『天才』で田中角栄を描いたことを問われ、「角栄さんは才覚も器もひときわ大きい」と賞賛されました。また、先日亡くなられた渡瀬恒彦さんは「徹子の部屋」の若かりし頃の再放送で、兄・渡哲也と比較されて「器の違いはどうしようもない」と語りつつ自分を知って努力されたのでしょう。実際は「事件」、「皇帝のいない八月」、「赤穂城断絶」、「おしん」など数々の映画やドラマで兄以上に評価されました。稀勢の里にも、かつて横綱の器量が無いと酷評されながらも、横綱に昇進した今場所は7連勝と幸先よく「横綱の器量が備わって来た」、「地位は人を作る」などと称賛する声が上がっています。
 そして、稲田朋美防衛相には失態・失言・虚偽答弁の数々と、その対応ぶりからリーダーとしての「器量があるのか」と疑問を持ってしまいます。靖国参拝や全国戦没者追悼式の欠席、森友学園の顧問弁護士をめぐる答弁、南スーダン派遣のPKO部隊の「日誌が廃棄されて無い」等々の答弁で狼狽し頼りない印象を国民に垣間見たことは、一国のリーダーの資質としての統率力・説得力、問題発見と解決能力が大きく欠損していると判断せざるをえません。
 連合艦隊司令官・東郷平八郎は、旗艦三笠の艦橋において、ロシア艦隊からの激しい砲弾が付近に飛び込んでくるのに微動だにせず陣頭指揮し、ようやく戦いが終わって、東郷が最上艦橋を離れると立っていた足あとだけがくっきりと飛沫に濡れずに残っていたという逸話を思い出しています。Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

刷り込まれた印象は消えない

 諺では「三つ子の魂百まで」と言い、また「おふくろの味」などは、一度脳裏に刷り込まれた印象は簡単には消えない典型です。Photo_2
 大東亜戦争後、GHQは日本国民に「アメリカは正義の戦争」、「日本は侵略の戦争」などと偏った図式を徹底的に洗脳するプロパガンダ(政治的思想等喧伝)は、政治家、マスコミ、歴史家、作家、評論家、教育者などを使ってあらゆる手段で行われ、今も、多くの国民は東京裁判史観を信奉する反日日本人のままであり、祖国への忠誠心・祖国愛・家族愛などを崩壊させたダメージは大きいものがあります。
 「人は見た目が9割」や「メラビアンの法則」、「7-38-55のルール」などで証明されつつありますが、人間は一度刷り込まれた印象は良し悪しは別にして、後々まで尾を引くものです。近年、この刷り込みの手法で政治が大きく動いた例として、
 実力者・田中角栄首相の失脚をアメリカが謀った「ロッキード事件」、
 人気絶頂の細川政権を引きずり降ろした「佐川急便借り入れ疑惑
 民主党小沢一郎氏の抹殺を謀った「西松建設献金でっち上げ事件
 などを思い起こすことが出来ます。これらは、単に目的のためには手段を選ばない「権謀術数主義 (マキャヴェリズム)」であり、当時の実力者を引き摺り下ろす手段だったことは明白なことでした。今・現在、この方法によって集中的な貶めが行われているのは、「豊洲市場の汚染」と「森友学園国有地払い下げ疑惑」です。
 マスコミ報道や野党の追及の信憑性や妥当性は別にして、「豊洲の地下水は汚染されている」、「森友学園は不正を行っている」などと針小棒大に騒げば騒ぐほど、その印象は国民に刷り込まれ消えないものです。これらは今後、長く国民全体の深層意識に残るものであり、このような事象の多くは、結果的に税金の無駄遣いと政治的空白を招いているだけで、徒労に終わることは数々の前例が示しています。
 そして本当の犠牲者は誰なのか?を真剣に考える必要があるはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

昭和も遠くになりにけり

 40年以上前に杉並区天沼に一時住んでいたのですが、比較的Photo近くには近衞文麿の旧宅「荻外荘(てきがいそう)」や二・二六事件で襲撃された渡辺錠太郎教育総監の邸宅、作家・井伏鱒二の自宅などの名所旧跡があり、近くを散歩や仕事で通りがかった折には、それぞれの歴史や作品に思いを馳せたものでした。
 その後、井伏鱒二も死去、渡辺錠太郎の娘・渡辺和子さんも昨年末に死去、また先日は、「荻外荘」が国の史跡に指定され公開されるなどの記事に目が留まりました。かつての「荻外荘」の裏手は崖になっていて木立が鬱蒼とし、昭和初期の香りが色濃く漂う場所だったことを思い出しています。
 また平成7年には、米国は機密文書「ヴェノナ文書」の公開から数々の新事実が明らかにされました。同文書によると、戦前からソ連は世界中にスパイを放ち0000704890、特に日本の近衛文麿内閣と米国のF・ルーズベルト政権の中枢をスパイで固め、日米両国を戦争に向かわせて共倒れに持ち込んでいった。そして日米はソ連のスパイの暗躍によって、不合理な戦争へと突き進んでいったとされます。
 戦前、内閣総理大臣を三度も務めた近衞文麿は、昭和12年の第一次内閣期から20年12月16日に自決に至る期間を過ごしたのが「荻外荘」ですが、当時、国を動かしていた重鎮の出入りは勿論として、きっと、ソ連のスパイ・ゾルゲや元朝日新聞の尾崎秀実(ほつみ)など共産主義者、エージェントが暗躍した場所でもあったのでしょう。
 戦争責任が最も高いとされる近衞文麿は、終戦後の昭和20年12月6日にGHQより逮捕令が発せられ、巣鴨拘置所出頭当日の12月16日早朝に荻外荘の自室にて、青酸カリを服毒して自決しました。近衞文麿は尾崎秀実ら共産主義者と謀り、日中戦争を泥沼化にして対米開戦に向かわせた総理大臣であり、仕方なく開戦を決断した東條英機総理より責任が大きいはずです。卑怯にも自決せずに、東京裁判で堂々とソ連を中心とした共産主義者による世界支配の陰謀を語ってくれていたら、戦後の日本も大きく変化したはずです。
 なお、00000lpv_ソ連のスパイ、ゾルゲの墓は府中の多磨霊園にありますが、ソ連からロシアに代わっても、同国の大使館員は日本に着任すると、ゾルゲの墓参りを励行しているそうです。国家に命を懸けて忠誠を誓った偉大な先輩として評価しているのでしょう。靖国を無視するどこかの国民とは違います
[PDF]大東亜共栄圏構想の成り立ちと国益 - 日本大学大学院総合社会情報

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

昭恵夫人の寄付金百万円の真相?

籠池氏~「今日の講演料100万円ですが、どうぞお受け取り下さい」
昭恵夫人~「それは、絶対に受け取ることは出来ません」
籠池氏~「それでは、学校建築に役立てさせて頂きます」
昭恵夫人~「どうぞ、そうなさって下さい」
 16日、大阪まで調査に出かけた参議院予算委員会のメンバーに、籠池泰典氏は「平成27年9月、安倍総理大臣の昭恵夫人に講演してもらったとき00085sに、昭恵夫人から寄付金100万円を頂いた」と語ったそうですが、きっと、前述のような会話があったと想像しています。この程度のことを、「首相の寄付」と話を大きくすることは、籠池氏の実に狡猾で蛇蝎の如く人を貶める汚い人格が見えてきます。これに対し、菅義偉官房長官は「首相は自身でも、昭恵夫人や事務所、第三者を通じても寄付をしていない」と否定しており、首相自身も、官邸で「官房長官が説明した通りだ」と語ったそうです。自民党関係者も、総理や夫人を侮辱する言いたい放題発言に、余程カチンと来たのでしょう。この籠池氏の発言を受け、3月00676523日の衆院予算委で証人喚問すると報じられました。緊迫する朝鮮半島問題などに対処が必要な大切な時期に、国会やマスコミは籠池氏の発言に翻弄されていますが、この何の収穫もないバカ騒ぎも証人喚問で明らかにされるはずです。
 いずれにいても、籠池氏は見せかけだけの保守本流のポーズは、単に金儲けの手段に利用する似非右翼の典型です。ただ、証人喚問では森友問題の本筋は何だったのかポイントを外さない追及が大切であり、この「首相の寄付ばなし」は傍流であることを認識して欲しいものです。そして今、30年も前に悪徳商法で注目された豊田商事の永野一男会長がマスコミの前で刺殺された事件を思い出しています。
 関係者はくれぐれもご留意を・・・・
安倍総理の「足を引っ張らないで」: 大日建設の社長日記
自民・民進、籠池氏23日証人喚問で合意 :日本経済新聞

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豊洲や森友に上げた手を降ろせない

  豊洲移転問題や森友学園問題は、あまりにも大きく取り上げ過ぎて「上げた手が降ろせない」だけに見えます。2017315image
 小池都知事は都議会で、豊洲市場の土壌汚染問題について「法的に求められている点はカバーしている」と答弁し、法律上は問題ないとの認識を示し、更に「第三の道は、現在は考えていない」と選択肢は築地か豊洲のどちらかしかないとの考えを明らかにし、迷っている心境を吐露していました。安全なら、安心を作るのは都知事の責任のはずです。
 森友学園問題も、「安倍政権や教育勅語を礼賛する経営者に学校を経営させたくない」との偏った考えで、野党やマスコミが一斉に批判して話が大きくなっています。結局は、経営者らに面白いネタがあっても、安倍総理や大臣らを辞任や失脚に追い込むだけの材料もなく、上げた手も降ろせないので、教育方針や不正の有無追及に話を変えつつあります。15日は森友学園を継続取材中の菅野完(たもつ)氏が、「籠池氏は人を介して政治家から資金を受け、小学校建設計画に充当した」、「籠池氏は野党が共同で調査チームを組み、大阪に来てくれれば、知っていることを物証を添えて話すと語っている」とのお笑いのような落ちの話をしていました。政治家が、学校建設に寄付したら贈収賄などの犯罪になるのでしょうか。
 それにしても、専門家が安全だと保証しても、ムキになってしまった小池都知事。森友学園問題でも、総理やその周辺を追及するネタが無くなり、稲田大臣イジメに終始する野党やマスコミです。ただ、稲田大臣には、もっと自信を持って突っぱねるなどの一貫性と迫力ある答弁が欲しいものです。そして結論は、森友学園疑惑は、『8.2億の値引は大きな政治的な力!』、だから必ず不正があるとした野党やマスコミの思い込みとする西田昌司議員の「フェイクニュース、えん罪だ 」との見解が正しいと思います。
友学園報道はフェイクニュース
西田昌司・自民党【国会中継 参議院 予算委員会】平成29年3月6日   https://youtu.be/YsO_8O0PyqA
 

2017315_image0262

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

やはり、技術立国・日本は強い。

 石油と観光しか取り柄がないとされるサウジアラビアが、石油に2017314_mage2依存しない国を目指すそうです。日本は、米国からシェール層の原油や天然ガスを安定輸入できる見通しや、将来は近海のメタンハイドレートの実用化などから石油不要の時代が到来すると見られ、石油輸出国の焦りもあるのか、サウジアラビアのサルマン国王が約1千人を伴い来日中です。
 昨日は「サウジアラビア・ビジョン2030」という長期政策を発表し、石油依存経済からの脱却、住宅、医療福祉、教育など生活向上を図る方針を確認していますが、シンガポールの初代首相のリー・クアンユー氏が日本を真似て成功したことを知ってのことでしょう。
 なんだかんだ言っても、資源に頼らない技術立国・日本はドイツと並んで強いという実感です。70年前の戦争で国中が焦土と化した日本やドイツでしたが、あれよあれよと言う間に経済復興を果たした姿に、世界から驚きと羨望の声が上がったものでした。この不屈の精神と復興の速さは、国民一人ひとりが持つ潜在能力であり、伝統と確かな技術に裏打ちされた生産現場だったはずです。しかし、この技術力は突然身に付いたものでなく、縄文からの土器、漆塗り、ヒスイ加工等々の技術をはじめ、種子島伝来の火縄銃を短期間Photo_2で国産・量産化した刀鍛冶、寺院や城郭、橋梁などの建築技術、幕末期、黒船など来航時には蒸気船を真似て造ったり、蒸気機関車の模型から数年後には本物の蒸気機関車を走らせるなどの貪欲な精神は、縄文の昔からの蓄積と民族に備わった知恵があるはずです。果たして、特製タラップや高級車をズラリと並べて訪問したサウジアラビアの成り金集団に、一から学ぶ精神があるのでしょうか・・・・2017316image4
(別紙1)「日・サウジ・ビジョン2030」(概要:日本語)(PDF形式:845KB)PDFファイル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

都議会・百条委員会は政治ショー

 都議会の「百条委員会」が11日午後に開かれていましたが、ここ数日所用で新聞・テレビから離れていましたので、全体を把311握していません。ただ、車の中でラジオから「百条委員会は政治的ショーでは・・」とのコメントが聞こえ、その通りと同感しています。
 マスコミは、安保法案や原発などに「レッテル貼りの決めつけ言葉」は聞くに堪えないもので、その多くは主な左翼野党や左翼機関紙と同じトーンだから、何をかいわんやです。最近では、「豊洲は地下水が汚染され危険だ」、「日本人の誇りと自信を持たせる教育を許すな」、「右翼教育だ」などの大合唱です。これは左翼政党と番組デレクターが相談でもしなかったら、こうにはならないはずです。それに、世論調査が賛成・反対は五分五分と言いながら、コメンテーターは全員が反対の立場で意見を言うのだから、これでは報道の公平性も何もありません。
 猪瀬元知事が、豊洲の移転にコメントを求められ、「築地の汚染のことは言わないで欲しい」とデレクターに事前に言われたことを暴露していました。つまり、テレビのワイドショーなどは、予めデレクターの意図する方向で構成しているのです。あるコメンテーターが「豊洲の汚染水で洗った刺身なんか食べられない」と語っても、誰も、掃除も含めて綺麗な水道水を使うと訂正しないから、視聴者は、汚染水で魚や俎板を洗うと短絡的に考えて、我々愚民が洗脳されるのです。「メラビアンの法則」や「人は見た目が9割」という著書もありましたが、人間は一度刷り込まれた印象は尾を引くものです。
 元・ニュースキャスターの小池都知事が、この愚民が洗脳されるプロセスを知らないはずはありません。小池都知事は「石原氏に責任があったのか否か明確にしたい」と言いますが、果して、責任を明確に出来るのか、出来ないとなれば「大山鳴動して鼠一匹」の可能性も大です。今は、中西準子氏の記事、「豊洲への早期移転が望ましい理由 」が的を突いていると思っています。
【GEPR】豊洲騒動は原発事故の「二度目の笑劇
    http://agora-web.jp/archives/2024900.html
【Vlog】「小池劇場」の人類学的考察
  https://youtu.be/5cQXu9I7AO8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

3.10「東京大空襲の日」に想う

 3月10日は70年前の1945年(昭和20年)、米軍B-29約80機による大量無差別空爆で民間人の死者数10万人以上とされる「東京大空襲」があった日です。きっと、米国は原爆投下同様に「戦争だから当然だ」Fとし、多くの日本人も「日本は悪い戦争をしたから仕方ない」と思っているはずです。 
 キリスト教は「白人のみが神に作られた人間 (白人至上主義)」との宗教観から、「正義の騎兵隊VS 残忍なインディアン」という図式で、ネイティブ・アメリカンの大量虐殺を正当化しました。勿論、誇り高いDNAを持つインディアンは我が大地や家族を守ろうと必死で戦い、初期のインディアン戦士は勇敢で無敵でした。そこで騎兵隊があみ出したのは、インディアン戦士を戦いの場におびき出して、戦士が出払って留守になった村を襲い婦女子や老人、家畜、農産物まで絶滅させる作戦でした。
 ジョージ・ワシントン(初代大統領)から「インディアンを根絶せよ」と焦土作戦命令を受けた騎兵隊は、20世紀初頭のセオドア・ルーズベルト大統領当時においても、「インディアンジェノサイド(民族浄化)作戦」を継続し戦士が留守になった村を襲う作戦は見事に成功して、インディアンの95%を殺害してほぼ絶滅させた功労で、騎兵隊の指揮官は勲章を授与されました。この伝統ある?汚い戦法は、騎兵隊から米軍に引き継がれ、その後の米国の領土拡大戦争でも必ず実行されたのです。
 米墨戦争、ハワイ王国略奪時の先住人虐殺、米西戦争、米比戦争でもフィリピン人60万人虐殺、そして東京・大阪大空襲、広島・長崎の原子爆弾投下、ドイツのドレスデン無差別爆撃、ベトナム戦争の枯葉作戦等々、例を上げれば切りなしです。このような民間人虐殺の戦法は、日本でも「正義の米軍VS 残忍な日本人」、だから民間人も殺されて仕方ないとして正当化されました。残念なのは政治家は勿論、大手マスコミや偉大な作家、評論家、教育者らまでがGHQの手先となって、日本人を洗脳したことであり、今も多くの日本人が洗脳から今なお解けずにいることです。
 これは米国自身が批判を避けつつ日本を上手に支配する間接統治の手法です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

ルターの宗教改革と活版印刷

 今年は、ルターの宗教改革から500周年だそうですが、「プロテスタ2_3ント(新教徒)誕生」という改革が成功したのは活版印刷による情報発進があったからとされます。
 約500年前までのキリスト教は、カソリック教会や神父が尊重され、信徒の罪を免じる証明書として免罪符(贖宥状)販売など、権力と結び付いて堕落し、神父らは贅沢三昧でした。この堕落を正視できずに改革に立ち上がったのが、ドイツ生まれの神学博士で大学で聖書の講義をしていたルターでした。1517年「95か条の意見書」をヴィッテンベルク大学の聖堂の扉に貼って発表し、信仰の拠り所は教会ではなく「聖書だ」と聖書主義を唱えて、ローマ教皇(法王)を批判したことに始まるとされます。これが意外なほどに一般民衆に支持されたことが「宗教改革」の始まりとされ、ロPhotoーマカトリック教会を抗議したことで、「抗議=プロテスト」という単語からプロテスタントとなったそうです。
  また、活版印刷術はドイツ人のグーテンベルクが発明したもので、ルターがドイツ語に翻訳した聖書や意見書は世界に拡散され、それまでの聖書に対する価値観や教会、神父らの評価や評判が大きく変化したそうです。
 この活版印刷術は、今日のインターネットの普及に例えられますが、情報拡散のスピードが劇的に速まりました。また、ルネサンスの三大発明として、活版印刷術、羅針盤、火薬がありますが、これを大航海時代にキリスト教を含め白人による有色人種支配の道具に使われたことは残念でした。日本にも、1517年の宗教改革から約30年後の1549年に、カトリック教会の宣教師ザビエルが宣教を開始しており以後よく(1549)広まったキリスト教と記憶しましたが、468年経過しても日本のキリスト教徒は1%以下とは幸いなことです。今後、益々ネットの発達と普及は、営利目的の既存マスコミの偏向・捏造・歪曲傾向が強い報道の中で、知りたい情報を直ぐに得たい一般大衆にとって大きな武器になり、いい加減な宗教は淘汰されるはずですが・・・・・
※隠れキリシタンを描いた遠藤周作原作の『沈黙』が、ハリウッドで「沈黙-サイレンス-」のタイトルで映画化されています。
 映画「沈黙-サイレンス-」
  Тишина (Молчание)/ Chinmoku / Silence
https://youtu.be/jCLzLqNkS_c

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いよいよ亡命政権樹立準備か

 北朝鮮の金正恩労働党委員長の兄、金正男氏が殺害された事件を巡って、安否が注目されていた金正男氏の息子、金漢率(キム・ハンソル)氏と見られる人物が、「私は北朝鮮のキム・ハンソル。キム一Image2族の一員です。父は数日前に殺されました。現在、私は母と妹と一緒にいます。状況がよくなることを願っています」と語る動画がyoutubeに投稿しました。
 動画の中では、音声が消されたりや口元が黒塗りされた箇所がありますが、その内容は、オランダ、中国、アメリカの他一か国と、合わせて4か国に対して感謝の意を述べていると見られています。それぞれの国が、どんな具体的支援をしたのかは不明ですが、特に、アメリカと中国の国名が明かされたことは大きいことです。この動画配信からは、「俺はここで生きているぞ、ヤルならヤッテみろ」とする、北朝鮮の現体制への宣戦布告をしたとも見ることができます。そして、いずれかの国で、時と場合によっては、自分こそが正当な後継者として、亡命政権樹立の宣言の可能性もあり、風雲急を告げる北朝鮮情勢です。Image

■金正男氏の息子キム・ハンソルが自ら投稿!!その内容とは!?       https://youtu.be/k5FYSuOjR4U

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

北のミサイル脅威にどう対応する

 北朝鮮の弾道ミサイル発射の脅威に、日本はどのように対応す201738_0256_3べきでしょうか。
 3月8日の読売には、識者3人が記事を寄せていますが、どれも脅威や不安を解消する決定打には見えません。「マーフィーの法則」は、「一度認めた例外は、次からは当然の権利となる」、「間違う可能性のあることは必ず間違える」などに代表され、より良い方法が他にあるのに、常に誤った選択をする人間の性(さが)をユーモラスに捉えています。
 最近の朝鮮半島は、やる事・成す事に、この法則が合致して見えます。まず韓国では、虚偽の歴史教科書問題、慰安婦問題、竹島問題、セウォル号の悲劇 、朴槿恵大統領の恨み千年宣言、大統領を巡る数々のスキャンダル等々があります。また北朝鮮では、常に自国を中心にする主体思想(チュチェ思想)で正当化して、全斗煥大統領暗殺を狙ったラングーン爆破、日本人拉致、女性工作員による大韓航空機爆破、張成沢氏や側近の粛清・処刑、マレーシア空港の金正男暗殺等々、更には国際社会からの批判を顧みず核実験やミサイル発射を繰り返しています。 これら半島で共通しているのは、長い間、中国から植民地支配され奴隷扱いされた屈辱の歴史、更に日韓併合からの艱難辛苦と孤立、そして絶望から生じた民族の嘆きや恨み節が聞こえます。
 日本の国民やマスコミは、これを嘲り笑い、愚かしい民族として報道して視聴率や購買数を稼ぐ傾向があります。しかし、これらのことは、日本の直近で起きていることであり、当事者として注目し具体的対策を練る必要があります。「マーフィーの法則」は、より良い方法が他にあるのに、常に誤った選択をする傾向を意味していますが、それは日本自身のことではないでしょうか。国会も、ゴミ捨て場の土地が周辺より著しく低いのは当然なのに、これに血眼になっているときではないはずです。
Image0255
.
Image0254

| | コメント (1) | トラックバック (0)

褐色の恋人「スジャータ」と宗教

 褐色の恋人「スジャータ」の生みの親、静岡県浜松市出身1image0の「めいらくグループ」会長の日比孝吉さん(1928年6月2日生れ)が老衰で亡くなられました。
 スジャータは、お釈迦様が悟る直前に乳がゆを供養して命を救ったという伝説の娘です。釈迦は、6年にわたり肉体の限界まで苦行を続けますが、ただ衰弱するだけで死を待つ状態になり、修行を棄てて、やっと辿りついたナイランジャナー川で沐浴をしていると、村人のスジャータに慈悲の乳がゆを与えられました。すると、心身ともに回復した釈迦Image115は菩提樹の下で遂に叡智を極め悟りを得て、仏教が成道したといわれます。
 釈迦の命の恩人であるスジャータの名を冠した「褐色の恋人スジャータ」の生みの親、日比さんは静岡県浜松市出身で、終戦直後は一家8人の生活を支えるため、自転車で、ゴムひもや文房具を販売する行商から始まり、今では「めいらくグループ」として年商1000億円超、従業員約3千人の大企業です。面白いのは「スジャータ」は、釈迦が悟りを開くキッカケになった女性ですが、「めいらくグループ」の会長自ら天理教の熱心な信者と知られ、社員にも天理教修養科の修行を奨励しています。勿論、信教の自由から任意ですが、実際は信者でないと昇進できないので信者以外は辞めることになり、結果的に社員の殆どが信者とされます。教祖の中山みきは、商人の信者に商売人は高う買うて安く売るように・・・と語った奥深い逸話がありますが、詰まるところ「自らは薄い利益で働きなさい」と言うことでしょうか・・・これは、我が社の経営方針と重なることです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

北朝鮮のミサイル発射に想う

 北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返して恫喝していますが、日本Image迎撃態勢だけで大丈夫でしょうか。北朝鮮は日本の米軍基地を狙ったと発表しています。
 子供当時ですが、親戚の高校生にボクシング選手がいて、ある時「どこでも殴って来い」と言われたことがありました。拳で何処でも打たせるのですが、相手は身体や頭を前後左右に振ってパンチをかわす、ダッキングやウィービング、スウェーのテクニックを駆使、時にはパンチを叩き落とされ、相手に触ることも出来ませんでした。それでも、何回も練習するうちに、まぐれでパンチが当たることもあったものでした。
 ボクシングに限りませんが、スポーツや武道では攻撃は最大の防御と言われます。しかし、多少体験したボクシングでも相手が防御だけなら、素人でもマグレでパンチが当たることがあります。その後、柔道や剣道も体験し、受け身や構えも練習しますが、それだけで上達しないことは当然です。それに、試合では防御が崩れると一気に相手に付け込まれるもので、防御と攻撃は一体で動くことが大切とされます。
  また、戦いの始まりには三つの先があり、自分から敵に攻撃を仕掛ける「先」、敵から攻撃してきたときの「先」、相互攻撃になった場合の「先」があるとされ、どれも大切なのは常に気迫で相手を圧倒 しておくことで、少しでも隙あらば瞬時に攻撃に移ることです。しかし、戦後は憲法九条から生じた国民の防衛意識の劣化から、手足を縛られたボクサーや武士と同様です。どんなに優れたイージス艦や地対空誘導弾パトリオット(PAC-3)、高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)などを何台配備しても、相手からの途切れない連続した攻撃から防御するには限界があります。
 杜甫の「春望」"国破れて山河あり"には、戦後の日本の光景を思わせる哀愁と悲壮感が漂い共感を覚えますが、北朝鮮など隣国からは、そんな感傷に浸っている暇がないことを伝えています。
 弾道ミサイル発射「在日米軍基地狙った訓練」=北朝鮮メディアImage_3

Image_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

小池知事はポピュリズムの極み

 小池都知事の豊洲移転問題等への取組みは、大衆の利益201735_image3権利、願望、不安や恐怖感を利用した劇場型ポピュリズムの極みと見えてしまいます。
 記者会見で築地の汚染を問われた石原元知事は、「前から分かっていた」と返答。また、猪瀬元知事も「そこまで言って委員会」の番組で、「築地や豊洲に限らず、東京湾岸の埋め立て地域は工場跡地でもあり、何処も汚染されているのは常識」。2007(平成9)年4月、「石原さんは環境問題に熱心で、豊洲の土壌汚染対策等に関する専門家会議を設置したのは石原都政です」と擁護しています。
 多くの都民も最近は、「知事は不安を煽っているだけ・・」、「早く豊洲に安全宣言を出して欲しい」、「検証は移転後でもできる」、これが業者や都民の偽らざる声です。都知事は都民や業者の不安を煽ることではなく、安心感を与えるような正確な情報を提供することです。なのに、夏の都議選に利用できると見てか、権力を握る手段として政策より政局優先にしています。
 案の定、豊洲の地下水を過去8回と変えて調査し、環境基準の79倍のベンゼンなどを検出して不安を煽ったことや、「築地はコンクリートなどでカバーされ、汚染問題は無い」との矛盾したコメントからも”策士策に溺れる”姿が見えます。それに、築地市場は誰が見ても、老朽化が目立ち、空調装置も無く、外から害虫や野鳥、ネズミやゴキブリの出入り自由、アスベスト剥き出し、土壌汚染、トイレに出入りした長靴で歩いた床に魚を並べる等々から、誰が見ても不潔極まる場所です。猪瀬元知事が、「大切なことが知事不在のときに決めている」、「移転に熱心だったのは議会と役人だった」、「議員は、入札先の役員を兼務できない」、「マスコミはその時々の話題だけで、深みがないからダメだ。」と目先だけの報道姿勢も批判しています。そしてナゼか、2005年当時、汚染処理方法や売却価格の交渉をした都庁の担当者が、東京ガスに天下りした事実には触れません。
 議会制民主主義で選ばれる国民の代表である議員は、高い教養と判断力が求められます。しかし、大衆が喜ぶような公約を並べて、それをマスコミが評価して報道し、それを真に受けた愚民は扇動されて投票するもので、これが国をダメにする典型です。しかし、世界の政治の潮流は益々大衆に迎合した愚民による政治に陥ると見られます。Image3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

高度の眼とAIの組合せで領域拡大

 証券取引の「相場操縦行為」を監視する為に、日本取引所グループImage3は世界で初のAI(人工知能)を導入するそうです。このように、AIが人間以上の高度のを合わせ持つことで、利活用の分野が大幅に拡がる可能性があり、日本は、この分野で千載一遇のチャンスが待っています。
 地球上の生物は約5億5千年前のカンブリア紀に「」を持った生物が誕生したとき、それまで数十数種しかなかった生物が突如1万種も爆発的に増加しましたが、これを「カンブリア紀の大爆発」と呼ぶそうです。そして、三葉虫は最初に視力をもった生物の一つと考えられ、弱肉強食の流れが加速したことが生物の種類が爆発的に増加した要因とされるそうです。
 さて、3月3日のBSフジのプライムニュースでは、イメージセンサ(撮像デバイス)の埋込フォトダイオー00000maxresdefaultドを発明した兵庫県立大学と静岡大学の特任教授を務める寺西信一さんが、今年の「エリザベス女王工学賞」の受賞者であると同時に、イメージセンサ(CCD及びCMOS) のことも紹介していました。まずこの賞は、2013年から2年に1度で3回目の新しい賞で、これまでインターネットの開発者や薬を体内の狙った部位に運ぶ「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」の開発者に贈られているそうですから、今回、寺西さんが選ばれたことは凄いことです。
 先日、「ソニーセミコンダクタソリューションズ」の方々とお話しする機会があり、その際、「ソニーのイメージセンサーは世界最高の電子の目で、自動運転の車やロボットの画像センサーに使われている」と聞きましたが、今一つ重要性が理解出来ませんでした。今回、プライムニュースの中で、寺西信一さんらから「日本は、この分野で千載一遇のチャンスが待っている」とお話しがあり、その価値が理解できました。今後、AI(人工知能)が人間以上の眼を持つことで、「カンブリア紀の大爆発」が日本から起爆する予感がしています。
■3月3日のBSフジのプライムニュース
https://youtu.be/69_KOW5Zaa4

世界初 不正監視にAI導入へ 日本取引所グループ | NHKニュース

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

豊洲と築地のコンクリートの違い?

 今の築地市場の汚染を無視するな!: 大日建設の社長日記 2016年11月20日
 「豊洲より、築地が危険です」: 大日建設の社長日記     2016年12月20日1959_3img_9
 と昨年から注目してきましたが、ようやくマスコミも、この問題に気が付いたようです。実際は、分っていても無視していたのでしょうが・・・・
 小池氏は2月28日、「築地はコンクリートなどでカバーされ、基本的に汚染の問題は無いという認識。」と語っていましたが、豊洲と築地のコンクリートにはどんな違いがあるのでしょうか。大して違わないのなら、完全に豊洲とダブルスタンダードです。
 それに、築地市場敷地の履歴調査を実施したところ、戦後に進駐軍のドライクリーニング工場や実験場、ガソリンスタンドなどがあったことなどから「土壌汚染の恐れがある」との報告書を昨年春にはまとめていたのに、情報公開していないことも批判されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ「斬首作戦」開始です。

 米海軍ネイビーシールズの精鋭で結成されたテロ特殊部隊DEVGRU(デブグルー)から約150人が派遣されたという噂もあります。000100951
 さて3月1日~4月末迄、米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」と、野外機動訓練「フォール・イーグル」が原子力空母カールビンソンも参加して史上最大規模で実施中です。今回は金正恩朝鮮労働党委員長の斬首作戦も秘めており、カールビンソンはイージス艦や潜水艦などの護衛艦艇を伴って、黄海の奥深くの東倉里(トンチャンリ)や平壌沖まで侵攻する可能性もありそうです。しかし、多くの日本人は対岸の火事の如く「高みの見物」か「見て見ぬふり」に見えますが、万が一の備えは大丈夫でしょうか。
 この合同軍事演習のコードネームは「キー・リゾルブ」(KeyResolve)で、直訳すると「解決の鍵」、意は「勝敗はお前らが鍵だ」そうです。つまり近年、戦時作戦統制権が在韓米軍から韓国軍に移管されたことから、米軍が韓国軍に決意のほどを示していると解され、また「フォール・イーグル」(FoalEagle)も直訳で「仔馬と鷲」で「仔馬(1歳未満の馬=韓国軍)と鷲(米軍)となります。このような単純な作戦名にするのは、最前線の兵士の教育水準に合わせたからで、単純な作戦名で士気を鼓舞する目的があるそうです。さて、北朝鮮は、昨年の米韓合同軍事演習の期間中にも、「スカッド」や「ノドン」、「SLBM」などのミサイルを次々と発射して威嚇していましたが、オバマ政権が言う「戦略的忍耐」政策で終始様子見していました。
 今回も、北朝鮮は「超強硬な対応措置で立ち向かう」と強く反発しています。
 トランプ政権の今、北朝鮮のミサイル発射などに、どんな反応をするのか。
 そして、平和ボケ日本人は、どんな反応を示すのか・・・有事では北朝鮮のミサイル着弾による人災や、10万人単位で想定される難民対策も必要なはずです。

201733image0001_2
201732image1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

真の愛国者なら国に迷惑かけるな

 幼稚園児に教育勅語を暗唱させたり軍歌を歌わせたりして、「愛国心」を商売に利用する森友学園の理事長・籠池泰典(泰典201732image1は通名。本名康博)氏と妻の副園長で先代・森本寛の娘である籠池諄子(旧姓:森本)氏が批判されていますが、真の愛国者なら国家に迷惑をかける行為は厳に慎めと申し上げたいものです。
 イギリスの文学者サミュエル・ジョンソンは、「愛国心は卑怯者の最後の逃げ口上」と語っています。籠池氏らには街宣右翼や似非右翼らと同類の、見せかけの愛国心を商売に利用して、国民や関係者に迷惑をかける卑怯者に見えています。事実、籠池理事長は右翼団体「日本会議」の大阪支部の運営委員であり、同団体を支援する「日本会議国会議員懇談会」には多くの国会議員が名を連ね、自民以外にも民進党や日本維新の会、日本のこころなどの議員が加盟していますから、これら議員に接近しやすい立場だったのでしょう。自民党の鴻池祥肇議員もその一人で、籠池氏は利用できると接近したはずです。鴻池氏は3月1日、籠池夫妻と2014年4月に参院議員会館の事務所で5分程度会い陳情を受けたと語っています。その際、籠池夫人は紙に入ったものを差し出し、「これでお願いします」と泣きながら懇願。鴻池氏は「無礼者。政治家の面を銭ではたくようなのは教育者と違う。帰れ・・」と突き返したそうです。この時の説明に、「こんにゃく(百万円)・・・」や、利用されそうになったのは「政治家として徳がなかった」、「いまから考えたら、相当な教育をしてるみたいだけど。感動したんや、やっぱり。だからきっと、あの、総理夫人も感動したんやと思うよ。あまりいじめたんな、かわいそうやから。総理、総理夫人がね、一幼稚園のために動くか、そんなもん。」などと語り、「この件では野党がんばれ」とエールを送った言葉が印象的でした。

Image1
 安倍総理の「足を引っ張らないで」: 大日建設の社長日記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

「刻み海苔」がノロウィルス汚染

 立川市・小平市・御坊市で相次いだ食中毒は、製造加工は「いそ小判海苔11_02_2本舗(大阪市北区天満4)」が、昨年12月に大阪の海苔屋「東海屋」に納品した『刻み海苔 2ミリ青』がノロウィルスに汚染されていたと判明したそうです。
 2月16日の給食が原因で立川市の小学校で児童ら1000人以上が感染した食中毒は親子丼にかけた『刻み海苔』。また、和歌山県御坊市で1月に給食を食べた生徒ら800人以上が食中毒となった原因も同じ『刻み海苔』。更に、小平市でも2月23日~28日に小学校二校で発生した食中毒も東海屋の海苔でした。
 3月1日、消費者庁が大阪府の東海屋が製造・販売したのり製品「刻み海苔 2ミリ青」 のリコールを発表。東京都、和歌山県の小学校などで発生した集団食中毒の原因と見られ、口にするとノロウイルスに感染する虞があると喚起しています。
 この海苔は、大阪市北区の「いそ小判海苔本舗」が裁断・梱包し、Image2_2昨年12月に東海屋に納品し、学校給食用や業務用として280袋が都や埼玉、和歌山、大阪、滋賀、兵庫、大分の7都府県の卸業者に出荷されています。都食品監視課は、2月16日の給食で出た刻み海苔の未開封品から検出したウイルスと、患者の便などから検出したウイルスの遺伝子型が一致。乾物でも加工段階でウイルス汚染される可能性があるとされ、「いそ小判海苔本舗」に、当時、体調が悪い作業員がいたのに、そのまま梱包や裁断を行っていたか、やらせていたのでしょう。
リコール速報】東京都及び和歌山県で発生したノロウイルスによる食中毒に関連して(株)東海屋の「キザミのり2ミリ青」等を回収しています。対象商品をお持ちの方は業者に連絡を⇒https://t.co/mnU74pw2M8 pic.twitter.com/H9WLoRECTO

| | コメント (1) | トラックバック (0)

読売はスパイ疑惑を総括した?

 3月1日の読売新聞の社説に"蓮舫流「30年ゼロ」は無理筋だ"と、"経産省全室施錠 世耕氏には記者が「敵201731_image」なのか"と露骨に併記しています。戦後の日本が米国から原発を導入する際、読売系列の新聞やテレビ、雑誌は一貫して「原発は安全だ」と推進側でしたから、簡単に旗振りを止める訳に行かないのでしょう。ただ原発には、賛否両論があり様子見が必要です。しかし、戦後の日本人に自虐史観を刷り込んだ読売新聞社主・正力松太郎の米CIAのスパイ容疑は、朝日新聞の捏造記事同様に批判されるべきです。
 評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』に、
 
「A級戦犯」としてGHQ(連合国軍総司令部)に逮捕された正力松太郎は、特別の使命を帯びて、戦犯刑務所・巣鴨プリズンを出所したと言われている。つまり、正力は、無罪放免と引き換えに、GHQ(連合国軍総司令部)の工作員(スパイ)となり、新聞やテレビを通じて、日本国民の中から湧き上がるであろう反米思想や反米活動を抑制し弾圧すべく、情報工作活動を行なうという使命を帯びて、巣鴨プリズンを出所していたのである。ちなみに、公開された「米国公文書」によって、スパイ・正力松太郎のコードネームは、「ポダムpodam」、そしてCIA・米軍の日本支配組織としての読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍のスパイ組織暗号名は「ポハイクpohike」だったということも、確認されている。とあります。
 スパイは、敵対勢力から情報を盗んだり工作したりする諜報員のことで、通常は金銭や名誉、便宜などの見返りを得て、その国や勢力に味方するため、新聞記者やジャーナリスト、或いは重要組織の一員に成りすますことが多く、日本を敗戦に追い込んだソ連のスパイ、ゾルゲや朝日新聞記者の尾崎秀実は近衛文麿首相の側近として、軍事機密を持ち出しています。また、戦後は米国公文書館の外交機密文書「CIA正力ファイル」から、GHQの手先、正力松太郎の役割が明らかにされま0001204203200_した。それは、戦後の日本国民を骨抜きにするため、戦争に関して罪悪感を日本人の心に植えつけるため「日本弱体化政策」を決定。その具体的手法が「3S政策」であり、Screen(映画)、Sport(スポーツ)、Sex(性産業)を発展させて国民を骨抜きにする政策の推進役が読売系列だったのです。その読売が「経産省全室施錠 世耕氏には記者が「敵」なのかと、「情報管理を徹底するためだ」、「机の書類が見える状況は問題があり、改善の必要がある」と語ったことを批判するのですから、何をか言わんやでしょう。尤も、新聞記者は役所の書類の覗き見は当然で、盗撮、コピーなど朝飯前の世界との噂も聞きますが・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »