« 「竹島の日」に「脱亜論」を想う。 | トップページ | 「もう遅いかも・・」トランプ大統領 »

2017年2月23日 (木)

マレーシアの毅然たる対応を評価

 「金正男氏殺害事件」の捜査は、北朝鮮の難癖にマレーシアは屈するのでは・・・・とする0000m570国際社会からの心配の声をよそに、マレーシア国家の高い情報収集能力、警察による迅速な容疑者の特定と役割分担などの公表、北朝鮮からの遺体引き渡し要求を毅然と退けるなどの対応が高く評価されています。
 もし、この事件が日本国内で発生したならと思うと、憂慮されることばかりです。かつての、日本人拉致の辛光洙容疑者釈放や金正男密入国時の対応、中国漁船衝突事件の船長保釈などで、政治・行政・報道・警察等々が右往左往した状況が思い出されるのです。その点、マレーシアは金正男氏暗殺犯人の迅速な特定と公表、駐北朝鮮マレーシア大使を平壌から召還し、国交断絶も辞さない強い姿勢を示すなどが、国際社会から高く評価されています。この背景にはマレーシアが、マレー系、華人系、インド系が多数を占める特殊な民族構成にあり、マレー半島が白人の植民地支配当時から朝鮮系は最下級扱いにあった歴史が関係していると見られます。このような非常事態には、国家の歴史と能力、国民の品格が正直に現れるのでしょう。
0000jonnamusatsugai  2月22日には、マレーシア警察のカリド・アブバカル長官が記者会見で、「国外に逃亡した北朝鮮籍の容疑者がすでに平壌に到着しており、北朝鮮政府に捜査への協力と4人の容疑者の身柄引き渡しを要求した」。また、「国外に逃げた4人とは別に、事件に関与した可能性がある人物が3人いる。その中に北朝鮮大使館勤務の外交官が含まれる。」と明らかにし、出頭に応じなければ強制もあると説明。また、捜査手法を北朝鮮が非難したことを巡り、マレーシア外務省はカン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使に抗議するとともに、駐北朝鮮マレーシア大使を平壌から召還し国交断絶も辞さない強い姿勢を内外に示しています。 
 「金正男氏殺害事件」の発生時の推定される概要は、Image6
 2月13日午前9時ごろ、金正男氏がクアラルンプールの国際空港内を搭乗手続きのため歩行中、突然、黒い服の女が同氏の前に立ち塞がり、同氏が立ち止まったところを背後から接近した白い服の女が跳びかかるように両手で同氏の顔を押さえ、前方の女は同氏の顔に液体様のものを吹き付け直ぐ現場を立ち去った。同氏は空港職員に「女二人に液体をかけられた。目がとても痛い。めまいがする」と説明し、空港内事務所に案内されるも、約20分後には上着を脱ぎ紫色シャツに水色ズボンでイスに深くもたれて目を閉じてグッタリとなり、空港内診療所に担架で運ばれた後、空港近郊の病院に救急車で搬送途中に死亡状態に陥り、病院で死亡が確認されました。北朝鮮の金正恩氏は兄の暗殺をどのように思っているのか・・・・

Image5
「捜査に全く協力せず」 北朝鮮を批判=マレーシア警察 - 聯合ニュース
金正男殺害:犯行前日に下見、リハーサルまでやっていた暗殺団 - 朝鮮

|

« 「竹島の日」に「脱亜論」を想う。 | トップページ | 「もう遅いかも・・」トランプ大統領 »

コメント

今回の事件に仮に北朝鮮政権が関与しているとすれば(というより、大使館書記官の関与や帰国した容疑者の身柄引き渡しを拒んでいるところからすれば、政権の関与はほぼ疑いがないが)、マレーシアをかような犯罪の舞台に選ぼうとは、マレーシアに対する侮辱以外の何物でもなく、かような屈辱を受けたからにはラングーン事件同様、たとえ断交してでも真相を究明するのは当然のことであり(というより、普通こういった事件では二国間の関係に配慮してマレーシア側でも穏便に済まそうという圧力がかかるものだが、今のところそれが見られず、強気に出ているということは、マレーシア側も実は本音では北朝鮮との国交を切りたがっていると思われるが)、特にマレーシアは経済発展がめざましく、ペナン島等観光資源もあることから治安の維持は至上命題であり、国家の威信にかけてでも今回の件は断固たる措置を取るべきであるところで、そろそろ明日は2月最終金曜日ということで、世間では15時で退社を促す「プレミアフライデー」なるもので騒がれており、御社でも実施されるかどうかは存じませぬが、それで個人消費が意図通り伸びるかどうかは甚だ疑問であり、まして15時以降を「無給」扱いにしたらこれは体の良い賃下げではないかといったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年2月23日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69693365

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアの毅然たる対応を評価:

« 「竹島の日」に「脱亜論」を想う。 | トップページ | 「もう遅いかも・・」トランプ大統領 »