« マレーシアの毅然たる対応を評価 | トップページ | 安倍総理の「足を引っ張らないで」 »

2017年2月24日 (金)

「もう遅いかも・・」トランプ大統領

 トランプ大統領は記者会見で、北朝鮮のミサイル発射や暗殺事件なImage2どの一連の行動に関して、「非常に怒っている」、「もう遅いかも知れない」と答えたと報道されました。
 今日24日には、マレーシア警察は北朝鮮の金正男氏殺害事件で使われたのは「VXガス」だったと発表しました。遺体の目や鼻辺りから微量の毒物「VXガス」の成分が検出されたそうですが、「VXガス」は、人類が作り出した化学物質の中でも最強の呼び名が高い猛毒神経ガスで、国際的にも製造が禁止されています。また、トランプ米大統領は、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に「非常に怒っている」と述べ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談はあるのかと問われ、「もう遅いかも知れない」と答えたそうです。北朝鮮の核ミサイル開発を巡っては、トランプ大統領は安倍首相にも、アメリカ本土を射程に収めるミサイル開発を阻止するため、あらゆる手段をとるとの姿勢を示したことが明らかになっています。かつて、米国の核専門家・ヘッカー博士も「北朝鮮に核兵器を放棄させるにはもう遅い」との見解を示していました。
 こうなったからには、既に後戻りできない環境が出来上がったように見えます。
 例年3月~4月には朝鮮半島近海で、定例の「米韓合同軍事演習」が行われますが、日米韓は水面下で、どのような具体的な準備しているのか・・・・一気に高まった近隣の情勢に、平和ボケした日本の政治家やマスコミ、日本人は付いて行くことが出来るのか。いずれにしても、何らかの答えが出されそうですが、それに日本人は耐えることが出来るのか・・・

|

« マレーシアの毅然たる対応を評価 | トップページ | 安倍総理の「足を引っ張らないで」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

VXガスは化学兵器しか用途がなく、かつてオウム真理教が自家合成し犯罪に用いたことはよく知られるところであり、当然ながら組織的かつそれなりの知識がなければマレーシア国内での調達は困難であり、ますます北朝鮮の国家ぐるみでの関与が濃厚であるものの、当の北朝鮮は外交特権を盾に捜査協力を拒んでおり、事もあろうに容疑者の釈放まで要求してくる始末で、マレーシア当局もこうしたことは百も承知でありながら北朝鮮側に要請し、それを北朝鮮が拒めば拒むほど今回の殺人を北朝鮮が「正当化」しようとしているという印象を国際社会に与えることになっているが、しかしここで大事なのは、北朝鮮からのICBMによる核攻撃ばかり注目されるものの、化学兵器による攻撃もあり得るということであり、しかもそれらはミサイルで撃ち込まれるのではなく、例えばビル保守員を装った工作員がトランプタワーの空調に仕掛けることもあり得れば、26日の東京マラソンで観客を装った工作員がコースに仕掛けることもあり得るため、それらの警備がどうなっているのか?今一度点検する必要があり、とてもプレミアムフライデーなどと現を抜かしているどころではないところで、そろそろそうは言っても明日から我らが国立の谷保天満宮で梅まつりが始まり、大所高所から天下国家を論じてテロを危惧する必要もあるが、足元の地元を見て梅の香を愛でる余裕もほしいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年2月24日 (金) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69711170

この記事へのトラックバック一覧です: 「もう遅いかも・・」トランプ大統領:

« マレーシアの毅然たる対応を評価 | トップページ | 安倍総理の「足を引っ張らないで」 »