« 日本人は名誉白人と認められるか | トップページ | 韓国に大統領適任者はいるの? »

2017年2月 1日 (水)

沖縄知事は基地の台湾移転要請か

 沖縄と韓国は大国に隣接し地政学的に似ていると言われ、どちらも中国に朝貢使節を送り0000map属国であった長い歴史があります。日本は、経済復興させるために莫大な国家予算をつぎ込んだのに、恨み辛みを消せないでいることも共通しています。特に、「琉球王国」は1609年から薩摩藩の支配下にありながらも、「明」、「清」とも親交があったとされることから、現在の中国からも沖縄領有権の主張や、沖縄県内で堂々と「沖縄奪還工作」をする根拠のようです。
  事実、最近の沖縄では帰化人の子孫と言われる知事をはじめとして、琉球王国だった時代に中国から渡来した子孫が多く住んでいて、今でも中国に親近感を抱く県民が多いそうです。それに、翁長知事は中国福建省福州市の名誉市民のようですが、前の仲井真知事の本名は「蔡」さん、その前の稲嶺知事は「毛」さんのようで、中国帰化人の子孫であることを誇りとし、選挙リーフレットにそれぞれ中国人先祖の姓を記載して誇示しているそうです。0002103592aa
 その、翁長雄志知事は1月31日から訪米して、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対やオスプレイ配備反対などを、トランプ新政権に訴えるそうです。翁長知事が基地問題を訴えるため訪米するのは3度目ですが、かつては、沖縄自民党員として辺野古移転推進派の旗振り役でもありましたから、その豹変ぶりは理解不能です。いっそのこと、沖縄の米軍基地を台湾に移転する要請をしたなら、トランプ新政権から建設的意見として採用されるかも知れません。しかし、沖縄への4000億円とも言われる補助金は廃止か減額の可能性や、米軍基地で働く県民の雇用問題などが発生するリスクは覚悟すべきです。
妙案!沖縄の米軍基地を台湾移転: 大日建設の社長日記

|

« 日本人は名誉白人と認められるか | トップページ | 韓国に大統領適任者はいるの? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

過去にも書いたことだが、在日米軍基地は何も沖縄だけでなく、座間、横須賀、厚木、佐世保、横田、三沢、岩国などにもあり、航空機の騒音で言ったら横田、厚木においても問題視されているにもかかわらず、何故沖縄だけワガママを許さねばならないのか?特に横田基地を擁する瑞穂町などは騒音や航空事故不安に悩まされながらも「基地は世界平和と日本の安全のための施設である」として耐え忍んでいる姿は立派という他なく、むしろ基地の「軍民共用化」に反対しているところで、そろそろその横田基地に米軍が移る前は「立川基地」(立川飛行場。なお、モノレール駅やららぽーとの名称に使われている「立飛」は企業の「立川飛行機」に由来)に駐屯しており、立川駅周辺は米軍相手の店で賑わいを見せ、大正時代の旧陸軍立川飛行場時代からあった映画館「キネマ立川」(現存せず)が「シネマ通り」の名称として残っている他、いわゆる「赤線」地帯も作られ、「錦町楽天地」「羽衣新天地」などがあったものの、そうした状況を嫌気した隣町の住民が「文教地区」にしてしまったのが他ならぬ我らが国立市であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年2月 2日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69448784

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄知事は基地の台湾移転要請か:

« 日本人は名誉白人と認められるか | トップページ | 韓国に大統領適任者はいるの? »