« ゴルフで強固な同盟を内外に示す | トップページ | 日本は平和に浸っていますが »

2017年2月 3日 (金)

「スカイプ」導入し記者会見の意味

 トランプ政権は、初めてインターネット電話「スカイプ(Skype)」を利用し、地方テレビ局の記者や司会者らの質問に応じたそうです。この背景には、トランプ政権を徹底批判するだけやデマ報道を繰り返す201723image2_2NBC、CBS、ABCの3大ネットワークなど主要メディアを牽制する狙いがあるはずです。
 事実、アメリカの主要メディアはトランプ政権と対立する「ユダヤ資本」に牛耳られ、選挙戦でも現在でも不利な情報を垂れ流して国民を煽っています。逆に、既存メディアの影響を受けない地方テレビ局の 「スカイプ」は、平均的アメリカ国民の意見を反映させて、中立・平等・かつ正確な情報を配信していると、評価され支持された結果からトランプ大統領が誕生したと見られています。
 日本でも、日テレ、テレ朝、TBS、テレ東、フジ、NHK辺りが懸命に国民を扇動していますが、米国の「3大ネット」或いはFOX を加えた「4大ネット」同様にユダヤ資本の影響下にあるから、アメリカに「右へならえ」の番組になるのでしょう。間もなく、狂犬の異名を持つマティス国防長官が訪日してTHAAD導入や普天間の辺野古早期移設などを要求されたり、安倍総理は訪米してトランプ大統領と会談し安保問題や金融政策などの情報交換、更に、ゴルフでプレーもするようですが、これら重要なことも無視したり軽くあしらうはずです。よって、日本も無料のインターネット「スカイプ」が早期に普及し、広告主の顔色を伺う偏向したメディアを凌ぐ影響力を発揮する時代の到来を期待しています。
 それにしても主要メディアが束になって批判しても、49%の高い支持率を得ているトランプ政権は、かつて日本では、全てのメディアの応援を得ていた民主党政権と逆に見ています。まず、メディアが一斉に同じ方向で報道しているときは、偽の世論を形成するのに懸命になっていると疑う視点も大切と思います。
 まぁ結果的には、アメリカも日本も「主要メディアは敗北」したのでしょう。

|

« ゴルフで強固な同盟を内外に示す | トップページ | 日本は平和に浸っていますが »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今やインターネットで個人が全世界に向けて情報発信できる時代に、既存のマスメディアが落ち目になるのはある意味当然であって、某党首の二重国籍疑惑もネットの方が先行し既存メディアは1周遅れでそれらを追いかける有様であり、いわゆるテレビ離れが進んだのも、ビデオ予約機器が進化し大容量化、操作も楽になり、必ずしも放送時間に視聴する必要がなくなったからであり、そうしたビデオ予約分は視聴率に算入されず、従ってそれらを基にした広告収入も落ちるわけで、こうしたビジネスモデルはもはやオワコンになりつつあるため、これから既存メディアにより一層求められるものはしっかりとした裏付けの取れた責任ある報道なのに、慰安婦のような大誤報を垂れ流すようでは既存メディアの信頼性も地に堕ちたところで、そろそろ今日は節分ということで、成田山では新横綱に昇進した稀勢の里が豆を撒いたそうだが、いわゆる恵方巻については大阪が発祥と言われ、それを全国に広めたのがセブンイレブンらしく、今や大量に売れ残った恵方巻の廃棄が問題化していることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年2月 3日 (金) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69465388

この記事へのトラックバック一覧です: 「スカイプ」導入し記者会見の意味:

« ゴルフで強固な同盟を内外に示す | トップページ | 日本は平和に浸っていますが »