« 2月11日は「建国記念の日」です | トップページ | 世界の舵取りを期待「安倍&トランプ」 »

2017年2月11日 (土)

トランプ大統領の満面の笑み。

 ドナルド・ジョン・トランプ米大統領の、めったに他人に見せたことがないような、満面の00000hd6yg6f笑みが話題になっています。
 昨年11月17日の安倍晋三首相とトランプ次期米大統領の会談は、就任前から10数カ国以上の首脳が会談を申し入れがあったのに、日米会談だけが実現したことは異例だったという。そして今回も、安倍首相がホワイトハウス入りすると、両首脳は互いに熱いハグをして会談に臨み、何度も何度も笑顔で握手を交わす様子が報じられ、トランプ大統領は記者会見で「我々は、日本および日本の施政下にある全ての地域の安全保障にコミットしている」とのコメントでした。
  前回の会談では、安倍首相はトランプ次期大統領に「孫娘さんのPPAP可00002_comm愛らしいですね」と告げて会談がスムーズに運んだことが話題でしたが、今回は、金色のボールペンと書類入れをプレゼントするという。きっと金色のボールペンは、孫娘のアラベラちゃんが、「ペンパイナッポーアッポーペン」とペンを突き刺すしぐさをするときに使われるのでしょうか。
 『大金持ちの大統領』といわれ、「名誉、地位、自由」等々、何でも手に入れてきたのでしょうが、家族こそは掛けがえのない存在と思っているはずです。このトランプ大統領の人に見せたことがないような満面の笑みのうらには、さり気なく気遣う安倍首相の思いやりの気持ちが通じているからでしょう。
 トランプ大統領は「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」の心境か・・・・Image5

|

« 2月11日は「建国記念の日」です | トップページ | 世界の舵取りを期待「安倍&トランプ」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

そりゃあトランプ大統領にとってみれば度重なる大統領令で国内にさんざん「敵」を作った中で、遥々遠方から「遊び友達」がやって来てくれるわけだから嬉しくないわけはなく、助けに船というか、週末まで面白くない思いをせずに済んだということだろうが、現時点で唯一日本に利害がある大統領令といえば「TPP離脱」があるものの、安倍首相も本音を言えばTPPなんかやりたくなかったろうし、恐らく両者とももはや会談のことよりも翌日の遊びのことしか考えていないのではないかといったところで、そろそろこうした「別荘外交」は何も珍しいことはなく、小泉総理はブッシュ大統領にキャンプデービッド山荘に招かれ、中曽根総理に至っては自らの日の出山荘にレーガン大統領を招いており、ゴルバチョフは自らの別荘に招いた西独コール首相と会談し、この会談で事実上、ドイツ再統一が決したといってもいいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年2月11日 (土) 16時25分

大日建設(株)杉山
 朝鮮半島の南北分裂は、ドイツの分裂と同様に冷戦下の東西両陣営の縄張り争いの結果からでした。ドイツの再統一は、西独のコール首相がソ連のゴルバチョフとの別荘会談で提示した巨額の対ソ経済支援を受け入れる事で再統一に承認を与えたようです。
 この例に倣えば、安倍首相は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権に巨額の経済支援を提示し、それを「米朝首脳会談」の実現から、トランプ大統領の橋渡しによって朝鮮半島の統一も想定されます。そして北朝鮮の核ミサイル開発や拉致問題などが一気に解決することも期待されます。この他にも、北方領土問題、竹島問題、尖閣問題などもまとめて頼んでもトランプ大統領ならやってくれそうです。

投稿: 大日建設(株) | 2017年2月11日 (土) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69563852

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領の満面の笑み。:

« 2月11日は「建国記念の日」です | トップページ | 世界の舵取りを期待「安倍&トランプ」 »