« 韓国への10億円は手切れ金か | トップページ | 核は戦争を終わらせる為に使う? »

2017年1月 9日 (月)

賭け麻雀の斉藤守史市長のこと

 平日の開庁時間などに賭けマージャンの常習だった福岡県飯塚市・斉藤守史市長が挨拶を予000saitou定していた成人式に欠席したことが話題になっています。過去10回の成人式では全てお祝いの言葉を述べていたので、今度は何を語るかと期待されていたことから、関係者は残念に思っているそうです。
 豊前小倉藩領の巌流島 (現在は山口県)は、武蔵と小次郎の決闘の地、また武蔵は小倉藩主細川家の兵法指南役、そして熊本は武蔵終焉の地とされます。すぐ近くの飯塚市に武蔵の縁があるかは知りませんが、そこの斉藤守史市長は、吉川英治の『宮本武蔵』の中で、武蔵に言わせた「我以外皆我師」が信条だそうです。武蔵は「兵法は、誰に学ばれたか」と問われ、「師はあり0000992ませぬ。幼少から父無二斎について十手術を、後には、諸国の先輩をみな師として訪ね、天下の山川もみな師と存じて遍歴しておりまする」と答えたことから、「我以外皆我師(我以外みな我が師なり)」、或いは「森羅万象皆我師」と言うこともあります。その意味は「 自分以外は人であれ出来事であれ、全てが何かを教えてくれる」 という実に立派な教えです。市長はこの言葉を胸に刻んでいた一方で、賭け麻雀に集中し何かを学ぼうとしていたのでしょうか
 斉藤守史市長は、のがみプレジデントホテル3Fで、飯塚倫理法人会経営者モーニングセミナーにおいて、「我以外皆我師也」〜わたし以外 人物、自然すべてが師である〜と題して講演を行っているようです。
 斉藤市長を次のように紹介しています。「斉藤守史市長は長く企業経000026551営に携われる傍ら、小中高のPTA会長を務められ、今の教育の問題点を話られたほか、温故知新、日本の古いものにも良いものがあり、なくしてはならないものがある旨を語られたそうです。そして「地位は人をつくる」といわれるとおり、飯塚市民の模範たる存在として市民の意識向上の面から貢献されている
 付け加えますが、宮本武蔵の言葉で「我ことにおいて後悔せず」も知られていますから、今度は、この言葉も信条に加えたらと思います。

|

« 韓国への10億円は手切れ金か | トップページ | 核は戦争を終わらせる為に使う? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

巌流島は福岡県の隣の山口県に所在するが、飯塚市といえば、数年前にNHKの朝ドラで放映された『花子とアン』において、ヒロイン・村岡花子(『赤毛のアン』の翻訳者)の「腹心の友」である歌人・柳原白蓮(大正天皇の従妹)が石炭王の伊藤伝右衛門に嫁ぎ、後に出奔することになる「旧伊藤伝右衛門邸」があり、またその後の朝ドラの『あさが来た』において、ヒロインのモデル・広岡浅子(大同生命創業者・日本女子大学創立者)の経営した「潤野炭鉱」もあり、何かと朝ドラと縁のある土地で、それだけに今回の件は注目度も高いが、進退を政倫審に委ねたとはいえ、「賭けなければ面白くない」との発言もあったようであり、果たして今後どの面下げて各種行事に出て行くのかといったところで、そろそろこちら国立市では、昨年末就任したばかりの永見市長が恐らく総合体育館の成人式と谷保第三公園のどんど焼きをハシゴしたと思われるが、どんど(歳徳)焼は左義長、塞の神といった呼び名もあり、国立市のそれは市内の三地区(国立駅周辺地区、富士見台地区、谷保地区)の交流行事として始まった旨、第三公園で場内アナウンスされていたことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年1月 9日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69177688

この記事へのトラックバック一覧です: 賭け麻雀の斉藤守史市長のこと:

« 韓国への10億円は手切れ金か | トップページ | 核は戦争を終わらせる為に使う? »