« 国立地区に神社が欲しいですね | トップページ | 米国人も日本のアジア解放を評価 »

2017年1月 3日 (火)

国立市西の後藤さんが二重遭難

 国立市西2丁目に住む公務員の後藤主昇(かずのり)さん(51)が、秩父市大滝の雁坂峠付近で発生した遭難者の救助に向かわれたのに、ご自分も二重遭難されて亡くなられました。後藤さんは、我が社から比較的近くの方ですので、Image2ご紹介とともに謹んでお悔やみ申し上げます。、
 1月1日朝、埼玉県秩父市大滝の雁坂峠(標高2082メートル)付近の登山道で、世田谷区北沢4丁目のパート臼井貞文さん(37)が滑落する事故があり、一緒にいた男性が近くの山小屋に救助要請の連絡をされました。このとき、山小屋に宿泊していた山小屋管理人の知人でもある後藤さんは、宿泊仲間3人で捜索に出かけたのでした。ところが、遭難者を発見した後なのかは不明ですが、一旦、山小屋に戻る途中に、先に遭難した方と同じ場所で滑落し登山道から約200メートル下で発見されたと報じられています。登山道は凍結しており、秩父警察署ではお二人は凍結した沢で足を滑らせて滑落した可能性が高いと見ているようです。遭難事故の発生には、まず「二重遭難を防ぐ」ことと頭で分っていても、多くの日本人は似たような行動をとるものです。
 残念なことですが、謹んでお悔やみ申し上げます。

|

« 国立地区に神社が欲しいですね | トップページ | 米国人も日本のアジア解放を評価 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

この年末年始は山岳遭難が相次ぎ、たとえ国立市民でなかったとしても何とも悲しい限りであるが、大晦日の日に横須賀で立体駐車場から車が転落し、乗っていた2人の子供は重症ながら命は助かったものの、両親と祖母が亡くなられたことも、子供たちのことを思うと悲しみに耐えられないことにも言及頂ければと…。

投稿: | 2017年1月 3日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69097435

この記事へのトラックバック一覧です: 国立市西の後藤さんが二重遭難:

« 国立地区に神社が欲しいですね | トップページ | 米国人も日本のアジア解放を評価 »