« 国立市長選挙が告示されました。 | トップページ | 「戦勝国は日本だった」その二 »

2016年12月19日 (月)

「日本は戦勝国だった」その一

 「日本は戦争目的を達成した」などと、戦後のGHQに支配される中では語ることが許されなかったはずです。政治家・評論家・元軍人・マスコミ人、教育者等々は分っていても、GHQから監視される中では恐怖から、口が裂けても語ったり、論文発表など出来なかったことを理解はしますが、「日本は悪い国」、「国旗・国歌はとんで311v5neh9hl_4もない」などと、自虐史観を植え付け自信喪失の日本人を多く育てた罪は大きいと思います。
 「白人からの植民地解放」を訴えアメリカから憎まれ、民間人として唯一人A級戦犯として裁かれた大川周明もそうだったはずで、戦後は目立った動きもなく昭和32年静かに永眠しています。確かに、日本は植民地解放の道半ばで白旗を上げていますが、そんなことは形式的なことです。実際は、戦後のアジア諸国が徐々に独立する様子を眺めつつ、「考えた通りになった」と一人ほくそ笑んでいたと思います。
 佐藤優氏の「米英東亜侵略史 」は、大川周明が開戦直後の1941年(昭和16年)12月14日~24日までNHKラジオで、国民に対米英戦開始の正当性を解説した内容の著書です。山形県酒田市出身の大川周明は、戦後は国民からきちがい扱いされImage1_3_3たりしていますが、実際は、当時の日本を代表する思想家であり、緻密な分析力から国政や軍事などにまで強い影響を与えています。今に例えるなら、テレビなどに頻繁に出演して、国際情勢などを解説する役割を与えられていたスター評論家だったはずです。
 だからこそ開戦すると同時に、国営のラジオで「アジアの解放が目的だ」と、当時の日本政府を代弁して、戦争目的とそれに至った経緯を国民に対して冷静かつ論理的に説明しているのです。プロイセン王国の軍事学者、クラウゼヴィッツは「戦争論」で、「戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる」と語っています。現在では、アジア・アフリカの国々は、白人から奴隷として搾取されていたのに独立しています。多くの有色人種は、日本が一国で白人社会に立ち向かう勇気を見て、自分達も出来ると決意したとされます。
 とにかく「ロシア帝国の崩壊」、「大英帝国の崩壊」 「人種差別の撤廃」、「白人による植民地支配の崩壊」、「核兵器の事実上の無力化」等々は日本の実績であり、アジア共栄圏結成とされる「ASEANの誕生」もそれであり、逆に植民地を失って大幅減収から経済が没落したから「EUを結成」したと言われています。
 これでは、いつまでも敗戦国ですと言っても、諸外国は認めてくれないでしょう。
 なお、「アジアの解放が目的」だったは、決して後付けでないことは、朝日新聞夕刊紙(昭和16年12月9日付)が証明しています。
■【帝国政府声明文】開戦当日の朝日新聞夕刊紙(昭和16年12月9日付)に00image3
 「而して、今次帝国が南方諸地域に対し、新たに行動を起すのをやむを得ざるに至る、なんらその住民に対し敵意を有するものにあらず、只米英の暴政を排除して、東亜を明朗本然の姿に復し、相携えて共栄の楽を分かたんと祈念するに外ならず。帝国は之ら住民が我が真意を諒解し、帝国と共に、東亜の新天地に新たなる発足を期すべきを信じて疑わざるものなり
アジア植民地解放の父 大川周明(明治19年12月6日~昭和32年12月24日)
  山形県酒田市出身、旧西荒瀬村藤塚の医師・大川周賢の長男。荘内中学(現・鶴岡南高校)から旧制五高、東京帝大と進み、卒業後、宗教雑誌「道」の編集、参謀本部の依頼で翻訳に従事した。大正7年南満州鉄道に入社、昭和4年財団法人東亜経済調査局理事長、同14年法政大学教授大陸部長に就任。同32年12月24日71歳で死去。
日本がアジアに残した功績
FLASH https://youtu.be/fTCAHoGN1I4

|

« 国立市長選挙が告示されました。 | トップページ | 「戦勝国は日本だった」その二 »

12、日本は戦勝国だった」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68901433

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本は戦勝国だった」その一:

« 国立市長選挙が告示されました。 | トップページ | 「戦勝国は日本だった」その二 »