« 安濃豊氏の「戦勝国は日本だった」 | トップページ | 南京大虐殺は便衣兵VS督戦隊 »

2016年12月13日 (火)

2018年は「明治維新から150年」

 「幕末」は一般的には1853年ペリーの黒船来航から徳川幕府が終焉した1868年(明治元年)までの15年間を意味し、20161211image4歴史が大きく動いた時期として、この頃の歴史ファンが多いようです。2018年(平成30年)は「明治維新から150年」ということで、山口県(長州)や鹿児島県(薩摩)辺りで「明治維新150年カウントダウン事業」を企画しているそうです。このたび、安倍首相の地元長門市にプーチン大統領を招くのも、これを盛り上げる一環と見ることも出来ます。
 11日の読売に、北岡伸一氏の論文「明治維新150年途上国の発展モデルに」と題して、「途上国に未来のリーダーを留学生として招き途上国の貢献する」ことを提案していましたが、これから「長州五傑」のことを思い出しました。
 長州五傑或いは「長州ファイブ」は、新しい国づくりのために選ばれた五人の若者が、幕末1863年に長州藩からヨーロッパに密航という国禁を犯して留学して、主にロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジなどで学び、帰国後は、
・井上聞多(馨)は「外交の父」、Image4
・遠藤謹助は「造幣の父」、
・山尾庸三は「工学の父」、
・伊藤俊輔(博文)は「内閣の父
・野村弥吉(井上勝)は「鉄道の父」として讃えられています。
  この5人が英国に横浜から密航した1863年と言えば、「阿片戦争(1840〜42)」、「第二次阿片戦争(1856~60)」が英国勝利で終わった頃です。このアヘンの密売で巨万の富を得ていたのは麻薬貿易商社「ジャーディン・マセソン商会」と知られ、長崎のトーマス・グラバーはマセソン商会の日本支店長であり、坂本龍馬たちに莫大の軍資金を与えて手足に使い武器密輸や「長州五傑」らの密航斡旋もしていたことが明らかになっています。
 つまり明治維新は、七つの海を支配していた超大国のイギリスから阿片や武器の密売を資金源として、「志士」という名のテロリスト集団を育てて、「孝明天皇毒殺」、「偽の錦の御旗」、「末代まで恨みを買うような戊申戦争」など、「勝てば官軍」として、無理やり納得させて樹立した政府となります。また、当時世界最強の英国は、日本を植民地化するため1863年「薩英戦争」で喧嘩を売ったものの、一筋縄に行かないと知り内乱を惹起させて懐柔する作戦に切り替えた結果だったのでしょうか・・・・・
 なお、徳川幕府の最後の功績は、安政五カ国条約とされる「日米修好通商条約」「日英修好通商条約」「日仏修好通商条約」「日露修好通商条約」「日蘭修好通商条約」の全ての条約に阿片貿易の禁止条項を入れたことが評価されています。
 短期間に成長した国家や企業には、必ず「負の遺産」を内包するとされますが、「明治維新150年」では、このような闇の部分も明らかにするのでしょうか。そして、途上国から留学生を招いても汚い資金や違法な手段を使うべきではありません。
明治維新はロスチャイルド、ロックフェラーの陰謀!子分の日本の若者たちが維新をつくった!戦争の歴史…001407043872112

日本映画 - 最高の映画「長州ファイブ」- 映画2016
https://youtu.be/nht9fODQk3o

東条英機と関東軍と満州統治とアヘン売買の密接な関係
https://youtu.be/lt7Hih8vpwU  

|

« 安濃豊氏の「戦勝国は日本だった」 | トップページ | 南京大虐殺は便衣兵VS督戦隊 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

このブログ記事には重要な点が抜け落ちており、当時幕府方についていたのは他ならぬイギリスの宿敵・フランスであり、いわば幕末の歴史は英仏の「代理戦争」なのであって、そのフランスがイギリスの格好な商材である阿片の取引禁止条項を条約に入れるよう幕末に入れ知恵したことなど容易に想像できる上に、対するイギリスもフランス勢力をアジアから駆逐すべく(既にもう一つの代理戦争である「アメリカ独立戦争」では英国は敗れ、フランスはインドシナ半島に勢力を伸ばしていたことから)倒幕派に肩入れしたことも容易に想像できるところで、そろそろ翻って我らが国立市長選挙も衆院解散が噂される中で下手すると国政の「代理戦争」と化す可能性があるが、現時点で「民進党」は共産党等とのいわゆる四党の枠組みで小川候補側につく動きが見られず、そもそもマイナンバー制度はもともと野田内閣が閣議決定した経緯もあり、それを否定するような候補者側につくとも思えず、このままの状況では与党側会派「新しい議会」の枠組みで永見候補側につくと思われるが、万が一、共産党への義理立てで民進党が小川候補側につくとなると、会派「新しい議会」はどうなるのか?民進党議員の稗田市議の動きが注目される点にも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年12月13日 (火) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68801415

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年は「明治維新から150年」:

« 安濃豊氏の「戦勝国は日本だった」 | トップページ | 南京大虐殺は便衣兵VS督戦隊 »