« 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 | トップページ | 国立市長選に小川宏美前市議出馬 »

2016年12月10日 (土)

日本国の理念「しらす(しろしめす)」

 「支配者の権力行使の在り方」、つまり民の支配の方法には二種000_05_2類あるとされて、天皇による統治は「うしはく」ではなく「しらす」であるとされ、大日本帝国憲法の第一条は、「大日本帝国は万世一系の天皇これを統治す」とあります。この「統治す」は、訓読みで「シラス」となり、簡単には「天皇は統治(シラス)すれども支配(ウシハク)せず」であり、もっと簡単には「お手本を示す」と言う意味でしょうか。
 中国や欧米諸国では、一党や1人の英雄・豪傑が力で広大な土地を占領・征服して、民から搾取し続けることで国家としていることと大違いです。昨今、憲法改正論議や天皇陛下の生前退位に関する記事や意見に触れるにつけ、この「しらす」という根本理念を偉い方々は大切にしているのかと心配しています。
 奥深い意味を知るヒントにがあります。E9dbff553c38d8cf5ef20bea22f16374
 鏡は人々の心を照らし、映ったものを見るため。それが「知る」ということ、そこから「しらす」という言葉が誕生しており、従って、三種の神器の中で一番大切なものが八咫鏡(やたのかがみ)だそうです。この「しらす」を簡潔にまとめているサイトを見付けましたので、ここに貼り付けておきたいと思います。
■『しらす(しろしめす)』http://www.ncn-t.net/kunistok/4-2-shirasu-.htm
 教育勅語を作成するにあたりこの言葉を重要視した。『しらす」とは、Image1
古事記の中に出てくる大国主神の国護りの一節に、高天が原の支配者である天照大神の命を受けたヤケミカヅチノカミ(建御雷神・鹿児島神宮の御祭神)が、出雲を治めていた大国主神に「この葦原(あしはら)の中国(なかつく)には本来、アマテラスオオミカミの御子が『しらす』ところの国であると、国譲りの交渉をする。その中の一節、「大国主神が『うしはける』この地」と、「天照大神の御子が本来ならば『しらす』国である」という2つの謎の言葉が出てくる。「治める」という意味で「しらす」という言葉が使われ、大国主神をはじめとする一般の豪族たちのところでは「うしはく」という言葉が同様な意味で厳密に使い分けられている。
 「うしはく」とは西洋で「支配する」という意味で使われている言葉
 すなわち、日本では豪族が私物化した土地を権力をもって支配するような場合に使われている。それに対し「しらす」の意味は、同じ治めるという意味でもまったく違う。「しらす」は「知る」を語源としており、天皇はまず民の心、すなわち国民の喜びや悲しみ、願い、あるいは神々の心を知り、それを鏡に映すように、わが心に写し取って、それを自己を同一化しようとされる意味である。
 「しらす」の理念こそが日本国の根本
 中国やヨーロッパでは1人の豪傑が多くの土地を占領すると1つの政府で支配し、その征服の結果をもって国家の意味となす。日本は「しらす」という意義で成り立っている。鏡は人々の心を照らし、映ったものを見るため。それが「知る」ということ、そこから「しらす」という言葉が誕生。にごりのない心で常に神の心、民の心を知るということが天皇にとって最も大切なこと。従って三種の神器の中で一番大切なものとして鏡がある。神道の御祭神と同じ。外国では国家成立、憲法成立は、君民の約束といった形、国家契約といった形で成立。日本では何よりも神々の心、民の心を知ろうとされ、それに自らを合わせようとされる天皇の『徳』により国家は始まった。これは非常に重要、日本国家は日本固有のもの、決して外国模範の国ではない。この国の成り立ちから教育勅語は、押し付けではなく、「徳」がベースに作られた。
 教育勅語を作成するにあたり『しらす(しろしめす)』という言葉を重要視した
 『しらす」とは、古事記の中に出てくる大国主神の国護りの一節に、高天(たかま)が原の支配者であるアマテラスオオミカミ(天照大神)の命を受けたヤケミカヅチノカミ(建御雷神・鹿児島神宮の御祭神)が、出雲を治めていたオオクニヌシノカミ(大国主神)に「この葦原中国(あしはらなかくに)は本来、アマテラスオオミカミの御子が『しらす』ところの国であるから、この国を護るように」と国譲りの交渉する話。その中の一節に、「大国主神が『うしはける』この地」と、「天照大神の御子が本来ならば『しらす』国である」という2つの謎の言葉が出てくる。「治める」という意味で「しらす」という言葉が使われ、大国主神をはじめとする一般の豪族たちのところでは「うしはく」という言葉が同様な意味で厳密に使い分けられている。「うしはく」とは西洋で「支配する」という意味で使われている言葉と同じで、すなわち、日本では豪族が私物化した土地を権力をもって支配するような場合に使われている。それに対し「しらす」の意味は、同じ治めるという意味でもまったく違う。「しらす」は「知る」を語源としており、天皇はまず民の心、すなわち国民の喜びや悲しみ、願い、あるいは神々の心を知り、それを鏡に映すように、わが心に写し取って、それを自己を同一化しようとされる意味である。
 「しらす」の理念こそが日本国の根本である
 中国やヨーロッパでは1人の豪傑が多くの土地を占領す、1つの政府で支配し、その征服の結果をもって国の意味となす。日本は「しらす」という意義で成り立っている。鏡という物は、それで人々の心を照らし、そこに映ったものを見るためである。それが「知る」ということであり、そこから「しらす」という言葉が誕生している。にごりのない心で常に神の心、民の心を知るということが天皇にとって最も大切なことであるそうです。従って三種の神器の中で一番大切なものとして鏡が位置づけられておる。すなわち、外国では国家Img_000193成立はあるいは憲法成立は、君民の約束といった形、あるいは国家契約といった形で成り立っているかもしれないが、日本では何よりも神々の心、民の心を知ろうとされ、それに自らを合わせようとされる天皇の『徳』によって国家は始まっている。これは非常に重要なことであり、日本国家学は日本固有のものであり、決して外国模範の国ではないということである。そのような国の成り立ちから教育勅語は、押し付けではなく、「徳」がベースに作られた。天皇が国民に語る感じに作成されておる。

|

« 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 | トップページ | 国立市長選に小川宏美前市議出馬 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

平成時代もかれこれ30年になろうとしており、御社の隣り町の国分寺市光町にある鉄道総研も今日・12月10日で設立30周年を迎えられたようであり、光町通りから総研正門に至る道路がやたら幅が広いのは国鉄時代に今の陛下が皇太子でいらした頃、研究所ご見学にご訪問されるために急拵えで拡幅して作られたものと語られている(故に一部で「皇太子道路」と呼ばれている)が、そもそも今回の生前退位の話が出てきたのは一部で「ブラックご公務」「ご公務のワンオペ」などと揶揄されているご公務のあり方であり、昭和時代に比して何故「激務化」したのかを考えてみるに、(1)冷戦終結で独立国数が増え、外国大使にお会いになる回数が増えたこと、(2)二度の「大震災」を含む災害多発で被災地にお見舞いに行かれる機会が増えたこともさることながら、(3)平成に入ってから猫の目のように政権が変わり、内閣認証式の回数が増えたこともあるのではと言われており、一度ご公務の内容を棚卸ししてみて、どうしても陛下でなければならないもの以外は思い切って皇太子殿下に譲られるなど、ご公務の構造的見直しも必要ではないかといったところで、そろそろ翻って我らが国立市を見るに、昨日・9日の市長選立候補予定者説明会には6陣営が出席したとのことであり
http://blog.goo.ne.jp/ishiinobuyuki/e/8de350388ce409b8ff576355c66d8951
既に市長選立候補を表明している永見副市長の対立候補が気になるところであるが、ここへきて情報が入り、社民、共産、自由、緑の各党が推薦する候補として小川宏美氏の名が挙がり、今日15時から出馬表明記者会見が行われているとのことであるが、
https://twitter.com/iwakami_staff/status/807209156021096448
もしこの候補者が前国立市議の小川ひろみ氏と同一人物だとすると、
https://twitter.com/0gawa1183
「くにたち大学通り景観市民の会共同代表、住基ネットも共通番号もいらないネット」となっていることから「マンション訴訟取り下げ」「住基ネット離脱」が懸念され、そうなると佐藤市政とは「真逆」の政策になることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年12月10日 (土) 16時05分

(追記・続報)やはり元国立市議の小川ひろみ氏と判明
https://twitter.com/i/web/status/807501627636625408
ちなみに市議会で「民進党」は与党側会派「新しい議会」を構成しているため同候補の支援に回るかは疑問であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年12月10日 (土) 17時35分

今日IWJさんの方で動画があがっており見ましたら「出てくれる方が居て」色んな意味で選挙民としては本当に良かったと思う。
尚共産党の方は、オスプレイ要らない日比谷デモには行かなかった模様で。
どうせやるなら先日決まった「TPP粉砕デモ」して欲しいかと。

投稿: きりっ | 2016年12月10日 (土) 21時27分

(追記・続報)今朝(12/11)方より新聞報道されているようです。
http://mainichi.jp/articles/20161211/ddl/k13/010/107000c

投稿: | 2016年12月11日 (日) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68785656

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国の理念「しらす(しろしめす)」:

« 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 | トップページ | 国立市長選に小川宏美前市議出馬 »