« 今年は「開戦の日」も話題です | トップページ | 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 »

2016年12月 8日 (木)

慣れ合いはダメでも根回しは大切!

 「根回し」は事前に味方を作ることであり、物事を円滑に運ぶたImage1めの準備と教わりも教えてもきました。これはビジネスだけでなく、政治の世界でも極めて大切なはずであり、根回しや交渉ごとが不得手な人物は政治やビジネスには不向きと見られます。
 さて、都議会で12月7日、各会派の代表質問が行われ、自民党と小池知事との間では質問と答弁の調整が行われず、小池知事が慌ている場面が多く見られました。この発端は約2カ月前の本会議で小池知事が事前の答弁内容の調整を批判していたことを受け、質問内容の事前の詳細な通告をとどめた結果、小池都知事にすれば、ぶっつけ本番の「生質疑」で答弁に臨む事態となったのでした。この質疑で、崎山都議が28問を約1時間に渡って一気に質問して、小池都知事は懸命に質問内容をメモしていましたが、自分で書いたメモも読めなかったり、メモできなかったりと円滑な議会運営が行われていませんでした。
 この様子を、マスコミは恰も「自民は都知事をイジメている」、「次の都議選は当選無理」などの論調ですが、この見方は正しいのでしょうか。崎山知尚都議は慣例に従い事前の答弁調整を求めたのに、小池都知事側が「なれ合い」や「根回し」はしないと、断ったことを明かしているそうです。ガチンコの真剣勝負も時には必要でしょうが、第一こんな議会運営を続けることが出来るのかと心配しています。
 これまで、小池知事には有力なブレーンがいないと言われつつも、マスコミという巨大な応援がバックにいたことで何とかやっている印象でしたが、「大山鳴動してネズミ一匹も出ず」の質問に、「大きな黒い頭のネズミが出たでしょう」と発言した辺りから、どうも風向きの変化が感じられます。それに、マスコミが同じ方向で金太郎アメのように報道しているときは、何かがあると見ることも大切と思っています。先般の、米国メディアの一斉支持を受けて、初の女性大統領誕生として期待されながらも落選したヒラリー氏の二の舞にならないように、軌道修正も大切なはずです。
 果たして、自民都議を敵視した強気の議会対応は吉と出るか凶と出るか・・・
小池知事VS都議会自民 答弁で戸惑う場面も(16/12/08)    https://youtu.be/jNogsM6KeM8  

|

« 今年は「開戦の日」も話題です | トップページ | 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

果たして根回しの結果、「学芸会」と化した議会が正常なものと言えるのかどうかは疑問であるが、「部分育休」中のおときた都議が指摘する通り、
http://otokitashun.com/blog/togikai/13522/
ガチンコ答弁にするなら一括質問・一括答弁ではなく、国政と同じ「一問一答」とすべきであって、また件の「大山鳴動云々」の件については橋下氏が「大成功」と大絶賛しており、
https://twitter.com/t_ishin/status/806646539883941888
これがもし舛添知事だったらとゾッとするが、一方で、御社のような民間企業で根回しを賞賛し、株主総会もシャンシャンで済ませ、監査機能も事実上形骸化するとなると、このような不正は一向に見抜けない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00010002-bfj-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000500-fsi-bus_all
ところで、そろそろ果たしてこちらは根回しがあったのかどうかは存じませんが、我らが国立市長選において与党側は一本化したというものの、対する野党側は未だ誰が出るのだか公表されておらず、ただ、今回の市長選で野党側が下手に佐藤市政を批判すると「死者冒涜」と取られ、佐藤市長が「ガマさん」として市民に慕われてきただけに非常に戦いにくい選挙になるだろうことは容易に想像できるが、果たして明日・9日の立候補予定者説明会に永見副市長以外に現れる人物が誰なのか?非常に注目される点にも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年12月 8日 (木) 19時11分

大日建設(株)杉山
国立市長選に与党から誰を立候補させるのか、野党からは誰にするかなどは、必ず有力支持者や関係者に打診や細かい根回しを行って、選挙費用の捻出を含めて勝算はあるかなどを検討するはずです。9日の立候補予定者説明会には、果して、どなたか現れるのか楽しみなことです。
また当社でも、建築資材の仕入れや職人さんの手配、お客様への連絡などは、毎日が根回し気配りの連続と思って仕事をしております。確かに、「総会」や監督官庁による立ち入りなどでは不向きと思われることもあるでしょうが、余程のことがない限り、関係書類の準備や立ち入り日程、立ち合いを求める連絡などは事前通知があるものです。お客様に対しても、何ら根回しも連絡もしないで建築工事を勝手に進めては失礼なことです。もちろん、慣れ合いはあってはあってはならないことです。
  いつもご指導有難う御座います。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2016年12月 8日 (木) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68760705

この記事へのトラックバック一覧です: 慣れ合いはダメでも根回しは大切!:

« 今年は「開戦の日」も話題です | トップページ | 「撃たれてから撃ち返せ」の矛盾 »