« 12月4日NHKで「戦艦武蔵の最期」 | トップページ | 「軍隊モドキ」では戦えません »

2016年12月 5日 (月)

領土は戦争以外で奪還不可能?

 先日、北方領土返還に甘い期待を寄せる意見に、「戦争で失っ2016125image1た領土は戦争で取り戻す以外にない」、よって「戦争を放棄した日本は領土奪還は出来ない」と悲観的意見を記述したところ、「そんなことはない。アメリカは沖縄や小笠原を返還したではないか」と、何人かから反論を受けました。
 確かに、アメリカは形では返還しましたが、それは、日米安保条約を結ぶ同盟国として、且つ、日本の地理的条件や敗戦後の従順な日本人を観察して、在日米軍基地の存在価値、米軍基地で受ける日本人技術者からの高い技術支援や整備能力、思いやり予算などを含め、日本人の利用価値が高いと判断したからでしょう。そして、今の現状は、結局は返還とは名ばかりで、日本は政治・経済・軍事など全てにアメリカの強い影響下にあって、口の悪い方からは、「属国」、「衛星国」、「51番目の州」、「ポチ」などと言われ続け、日本全土がアメリカの占領下のようなものです。
 返還後の沖縄の実情はご存じのとおりで、米軍基地は変わらず、基地の自由使用と緊急時の核貯蔵、通過の要求、施設の買取、核兵器の撤去などの費用として膨大な財政支出の密約など、アメリカの言いなりの条件を受け入れざるを得なかったはずで、米軍駐留経費の75%負担なども、返還時の条件なら仕方ないことです。
 最近、北方領土も沖縄方式でなどと噂がありましたが、このような裏事情をロシアが知らないはずがありません。ロシアの経済支援の食い逃げに警戒が必要などのご意見は当然ですが、沖縄のように形だけでも領土を取り戻すには、莫大な財政支出、経済支援が必要なことは、既に、沖縄返還時の密約が物語っています。評論家の宮崎哲弥氏は、「外交には資源がいる。外交の資源は「」か「軍事力」しかない。」と語っていましImage1たが、日本は「軍事力」を背景に出来ないなら「援助」しかないことになります。中国の脅威が高まる現実からも、過去の恩讐を乗り越えて高度の政治判断により、ロシアとも何らかの前進が必要なときなのでしょう。
映像の世紀 07 勝者の世界分割
 極東地域に関する密談は24分あたりから
 https://youtu.be/mNwEeYWqdXQ

■北方領土交渉 ロシア側からの"秘密提案"の全容
https://youtu.be/qJVLavM7qWo

■北海道5ch 【日ロ】 北方領土の真実 2016/08/15夕
https://youtu.be/cMD5pw-uAOQ

<日露・共同経済活動>北方領土に特区案 15年秋から協議
ロシアが北方領土を手放さない理由: 大日建設の社長日記

|

« 12月4日NHKで「戦艦武蔵の最期」 | トップページ | 「軍隊モドキ」では戦えません »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

何度もこの場で指摘した通り、北方領土のロシア領有はヤルタ協定でアメリカも了承済みであり、かつて放映されたNHKスペシャル「映像の世紀」の「勝者の世界分割」に要領良くまとめられているが(国立のTSUTAYAでもレンタルできると思われる)、不治の病で自らの死期を悟り、かつまだマンハッタン計画もトリニティ実験が行われていなかった中で、ルーズベルト大統領は自分の存命中に終戦させるべくスターリンに早期の対日参戦を依頼、対するスターリンはといえば、「貰えるものは何でも貰う」ということで、北方領土はおろか、ドイツの生産財まで徹底的に収奪し、チャーチルが「ドイツという馬に馬車を引かせようとしたら馬草ぐらいは残してやらなきゃ」と言っても、スターリンは「いや、その馬がこちらを向いて、蹴飛ばしてくると困るんでね」との旨応じ、それが戦後、東西両ドイツの格差として残っているところで、そろそろ実は旧ソ連も戦争で占領した他国の「領土」を「返還」した例があり、一つは「満州」を「中共」へ、もう一つは「朝鮮半島の38度戦より北」を「北朝鮮」へそれぞれ「返還」しているから、要するに返還するかどうかは自分達の国益に適っているかどうかなのであり、仮に冷戦下、アメリカが戦略上どうしても北方領土が必要ということであれば日本以上に返還の声を上げたはずなのにそれがなかったということは、アメリカにとってはその程度の領土なのであり、ましてトランプ政権になれば東アジア情勢などますます無関心になり北方領土などアメリカには何の国益にもならず「日本が勝手にやってれば」と放置されることは目に見えていることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年12月 5日 (月) 11時25分

今朝方こういう記事も出てきたのでよろしければ言及頂きたいかと…。
http://www.sankei.com/world/news/161205/wor1612050013-n1.html

投稿: | 2016年12月 5日 (月) 14時08分

中野で新左翼の方から佐藤政権の時の沖縄奪還反対チラシを貰ったことあるがそれよりも今はアメリカみたいになるTPPの方が危ないかと思うが。

投稿: きりっ | 2016年12月 5日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68713895

この記事へのトラックバック一覧です: 領土は戦争以外で奪還不可能?:

« 12月4日NHKで「戦艦武蔵の最期」 | トップページ | 「軍隊モドキ」では戦えません »