« 車検切れ推定20万台もあるとは! | トップページ | 覚醒剤やめますか?人間やめますか? »

2016年11月28日 (月)

カストロへの評価は大きく分かれる

 現在、アメリカにはキューバ系移民が約200万人いるとされますが、オバマ大統領の対キューバ政策転換後は、キューバから米国に逃れる移民者が急増しているそうです。過去は年間7,000人前後だったのに、去年は51,000人、今年は更に増えているそうですが、共産党支配の理想郷から何故そんなに逃げ出すのか・・・・・
0000photo
 さて、1959年にキューバ革命を成功させた後も最高指導者として同国を率いてきたカストロ前国家評議会議20161128_image2長が25日、死去しました。これに、オバマ大統領は「この非凡な人物がまわりの人々と世界に及ぼした多大な影響は歴史が記録し判断するだろう」とコメント、片やトランプ次期大統領は、カストロ氏は「自国民を60年近くにわたって苦しめた残忍な独裁者」と指摘し、カストロ氏が残したものは「盗み、想像を絶する苦しみ、貧困、基本的人権の否定だ」と相反するコメントをしています。
  1959年の「キューバ革命」では、カストロとゲバラが中心となって、キューバの親米政権を倒して社会主義国家を建設しソ連の弟分になりますが、隣国のアメリカは危機を感じてキューバを経済封鎖で孤立化を謀った結果、1962年の「キューバ危機」では米ソ間で核戦争直前になり、世界終末時計がギリギリになったことを記憶しています。当時、共産主義国の盟主・ソ連は、アメリカにはキューバ、日本には北朝鮮に、それぞれ共産化の革命拠点を築くため、数々の謀略活動を行っていたことはソ連崩壊後、機密文書の開示から明らかにされています。また、カストロは二度も訪日しているほか、「自宅は日本庭園」、「息子が日本で和服姿で結婚式を挙げた」など親日家と知られ、2003(平成15)年に00000021060は広島を訪問しています。
 この広島訪問には前段があって、1959年にキューバ革命が成功した直後に、ゲバラは広島に訪問し『君たち日本人はアメリカに、これほど残虐な目にあわされて腹がたたないのか』と問いかけたと言い、ゲバラは帰国後、カストロに「是非、広島は訪れた方がいい」と勧めていたことを忘れず実行したのだそうです。一点、共鳴できることは、ゲバラもカストロも共産主義者ですが、自国を救うために立ち上がった猛烈な愛国者だったことです。
 世界中の多くの共産主義者は強い愛国心の持ち主と知られていますが、日本国内の共産党員やその賛同者、或いは左翼と呼ばれる人達は、反日、且つ自国の文化や制度が嫌いで見下す発言や活動をする人が多いのと大違いです。また、1970年3月31日の赤軍派による「よど号ハイジャック事件」のメンバーは、北朝鮮ではなく当初はキューバに行きを計画していたことからも、革命ごっこの人達には魅力ある国なのでしょう。そして、キューバや北朝鮮をユートピア(理想郷)と期待して移住や亡命した人々は、今、どんな生活をしているのか・・・・ Img_2778_3_2

|

« 車検切れ推定20万台もあるとは! | トップページ | 覚醒剤やめますか?人間やめますか? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

アメリカの目と鼻の先にあるキューバとはオバマ政権で復交したというものの、次期大統領のトランプ氏は記載の通りフィデル・カストロ氏を「残忍な独裁者」と評しているが、日本の目と鼻の先にあり今まさに残忍、残酷な圧政をしいている独裁者である北朝鮮の金正恩については「ハンバーガーでも食いながら話し合おうや」などと能天気なことを言っているところで、そろそろ残酷といえば、北九州市のスペースワールドのスケート場で五千匹の魚を氷漬けにしたリンクを作ったところ、残酷、悪趣味、生命を娯楽に使い冒涜している、倫理感の欠如等々といった批判を浴び、とうとう中止に追い込まれたが、これなどはちょっと客の立場に立って考えて見ればわかることなのに、往々にして発案者は自分のアイディアに酔ってしまい気づかないものであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年11月28日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68618856

この記事へのトラックバック一覧です: カストロへの評価は大きく分かれる:

« 車検切れ推定20万台もあるとは! | トップページ | 覚醒剤やめますか?人間やめますか? »