« ロシアが北方領土を手放さない理由 | トップページ | 北方領土にミサイル配備で返答とは »

2016年11月23日 (水)

TPP離脱は誤りか、正解か

 TPP協定からの離脱は、本当に正解なのか、誤りなのかの判断は今は難しい。20161123_0_image5
 数年前の、「TPP」に対する多数の日本国民やマスコミの反応は、TPPは米国が中心となって策定されたルールを強要されるから、最終的に日本は大きなマイナスを被ることになる。特に、日本の農業は海外に農産物のシェアが奪われ、根本から破壊され、危険な食物を輸入されるうえ、日本の田園風景は消え去り、荒涼たる荒れ野が広がる虞があると反対意見が主流でした。
 選挙でも、自民は「ウソつかない! TPP断固反対!ウソつかない! 日本を耕す!!自民党」と大書きしたポスターが目立ったものです。よって、静岡県富士宮の農家出身の小生も、郷里の田園風景が破壊されては大変と思い、TPP反対に傾いていたのも当然のことでした。ところが、自民党が政権に復帰すると、その舌の根も乾かないうちに、自民党主導であろうが、農協関係者もTPP推進派に変節するという離れ業?を見せて、オバマ政権と積極的に交渉していたことは記憶に新しいことです。
 それなのに、日米が苦労してまとめようとしたTPPを、今度はトランプ次期大統領は、来年1月20日の就任初日にもTPP離脱と表明したと言うから大変です。
 そもそも、この流れは英国のEU離脱と米国のトランプ候補勝利は、ともに「反グローバル」という共通項があると分析され、20161122oyt1i50038nその答えが米国の
TPP離脱」、
不法移民対策の強化」、
貿易の不均衡是正や規制緩和
エネルギー生産の規制廃止
など内向き政策の6項目とされます。
 いずれにしても、安全保障問題を含め、アメリカの方針や変節に、面白可笑しく踊らされる、ピエロのような日本は、いつまで続くのか・・・・・
 やはりトランプ大統領誕生をキッカケに、日本の完全独立以外にないのでしょうか。

TPP漂流、中国が攻勢=習主席、南米歴訪で布石
TPP、日本手詰まり=安倍首相訪米も翻意かなわず
TPP絶望的、通商戦略修正=中国含む広域FTA加速も-日本政府

|

« ロシアが北方領土を手放さない理由 | トップページ | 北方領土にミサイル配備で返答とは »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

TPPなんて自由貿易とは名ばかりの、所詮は米国製品を如何に有利に買わせるかが本音であって、そのために支障になるのが遺伝子組み換えだのなんだのの表示をやめるということであるが、そもそも日本が米国はじめ輸入品を忌避する傾向があるのは飽くなき品質志向故であって、それが故に通常何ヶ月もかかるような博多駅前陥没の復旧をわずか1週間で終わらせるような高い技術力を生み、東京が世界で一番ミシュランの星の数の多い都市にしているところで、そろそろこうした飽くなき品質志向が一方で長時間労働や過剰サービスを生んでいるのもまた事実であるが、しかしこの志向がなければ日本の技術力は退化し、国際競走に勝てないのであり、日本が生み出した決して緩まないネジがなければNASAの宇宙船も飛ばないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年11月23日 (水) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68547454

この記事へのトラックバック一覧です: TPP離脱は誤りか、正解か:

« ロシアが北方領土を手放さない理由 | トップページ | 北方領土にミサイル配備で返答とは »