« 経済協力は北方領土返還後に! | トップページ | TPP離脱は誤りか、正解か »

2016年11月22日 (火)

ロシアが北方領土を手放さない理由

 最近、北方領土返還に期待を寄せる甘い甘い意見を良く聞くことJapanがありますが、「戦争で失った領土は戦争で取り戻す以外にない」という鉄則を思い起こすべきでしょう。
 ところで、将棋の加藤一二三 九段が、対局中に相手の背後に立って盤面を見る癖があることが有名ですが、相手の立場になって形勢を判断しているのだそうです。同様に世界地図や地球儀を逆さにして、ロシア・中国・北朝鮮・韓国方向から日本の方角を眺めますと、戦略上、日本列島がいかに邪魔な位置か分かります。更にアメリカ側から見れば、カムチャツカ半島・千島列島・日本列島・南西諸島・台湾・フィリピンと続く天然の「消波ブロック(テトラポッド)」 は如何に重要な地形であるかを理解出来ま000pnjす。勿論、日本にとっても細長い列島は防衛上いかに守りにくい形をしているかもわかります。
 ロシア国家防衛の「最後の切り札」は、オホーツク海に潜む戦略原潜(SSBN)と言われ、その価値は冷戦時代も今も変わらないそうです。西村繁樹元防衛大教授は、「SSBNの安全が確保されるかぎり、第二次大戦のドイツや日本のように無条件降伏を押し付けられることもない。そのような要求には相互自殺』の脅しをもって応えることができるからである」と説きます。
 よって、ロシアのアメリカに対する核戦略上の「最後の切り札」が、オホーツク海や北方領土周辺に潜む戦略原潜なのですから、ロシアが簡単に手放すはずがありません。つまり、「領土は戦争で取り戻す以外にない」なら、戦争を放棄した日本は、奪われた領土も永久に放棄したとなるわけです。勿論、悔しい話しです。
-----------------------------------------------------
 西村元防衛大教授の著書『防衛戦略とは何か』(PHP新書)から引用したい。4569803946
 「SSBNは、潜水艦の特性から海面下に潜むことができ、核戦争の最後まで生き残りを図ることができる。このゆえ、米ソ戦の決をつけるべく最終的な核攻撃を行うか、この残存を梃子に戦争終結交渉に持ち込むか、最後の切り札の役割を担うのである。ソ連の海軍戦略は、このSSBNの安全確保を最重要の柱として組み立てられた。この作戦構想は、その区域には何ものも入れない、いわゆる『聖域化(たとえばオホーツク海の聖域化)』であり、専門用語では『海洋要塞戦略』と呼ばれた。(略)極東においても『海洋要塞戦略』の登場により、オホーツク海およびその周辺海域が、核戦略上の中核地域となるに至った」(38~39頁)「地上戦に敗れるようなことがあっても、SSBNの安全が確保されるかぎり、第二次大戦のドイツや日本のように無条件降伏を押し付けられることもない。そのような要求には『相互自殺』の脅しをもって応えることができるからである」(44~45頁)ソ連のアメリカに対する核戦略上の「最後の切り札」が、オホーツク海に潜む戦略原潜(SSBN)だった。そして、ソ連が崩壊してロシアになった今でも、この構図は基本的に変わらない
日本人はやはりロシア人が嫌いだ
米国務省 「北方四島は北海道の一部」との報告書提出の過去
ロシアの海洋戦略と北方領土問題  日本は「上から目線」で向き合え
大前研一氏 北方4島は米国がソ連に“戦利品”として与えた

樺太はこうして掠め盗られた!日本が受けた列強の領土侵奪

|

« 経済協力は北方領土返還後に! | トップページ | TPP離脱は誤りか、正解か »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

ロシアが北方領土を返さない理由は明白であり、「返す理由がないから」であり、その点、沖縄、小笠原を占領した米国が返還に応じたのは日本が同盟国になるからであって、ロシアにとってみれば何故「敵国」に返還する必要があるのかということであり、そもそも北方領土を含む千島列島の領有は「ヤルタ協定」により対日参戦の見返りとして米国も了承済みであり、そうとも知らず事もあろうにその旧ソ連に和平交渉の仲介を期待していた日本側の諜報力、情報収集力の無さを嘆くべきであり、旧ソ連などはポツダム宣言の時点でマンハッタン計画を既に把握していたところで、そろそろ日本の情報収集力の無さは先の大統領選でトランプ勝利を予測できず安倍首相が外務省に「話が違うじゃないか」と激昂したことからも明らかであり、
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/11/11/kiji/K20161111013699590.html
こんなことでいくら日韓で軍事情報協定を結んだとしても果たして北朝鮮の状況を把握できるのか甚だ疑問であり、またTPPについてもトランプ氏は既に離脱を表明しており、いくらAPECで表明したところでお笑いにしかならないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年11月22日 (火) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68533096

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアが北方領土を手放さない理由:

« 経済協力は北方領土返還後に! | トップページ | TPP離脱は誤りか、正解か »