« 今の築地市場の汚染を無視するな! | トップページ | ロシアが北方領土を手放さない理由 »

2016年11月21日 (月)

経済協力は北方領土返還後に!

 吉田茂は「領土を奪還するには三つの心得を守れ」と言い続けていたそうです。
00jop24第一は、対ロ経済協力を決してしないこと/お土産は決してもっていかないこと/ロシア高官を決して歓待しないこと。
第二は、
日本自身が軍事的奪還の態勢をつくることなしに領土奪還交渉をしないこと/米国の軍事力を背後にしっかとちらつかせるべく日米同盟を最高レベルに強化すること。
第三は、ロシアは、南や西への拡大も考えるので、
東側での妥協・退却を決断せざるを得ないことが周期的に発生する。 
 このチャンスをじっと待って、機が来たら迅速果敢に一気に勝負に出ること
 
このような的確な遺訓があるのに、現政権はこれを無視して8項目の経済分野の協力を先行した「盗人に追い銭作戦?」で接近していました。これに、プーチン大統領は「経済関係を前進させるため8項目の協力案は良い計画だ」と持ち上げる反応を見せましたが、返還の「」の字どころか領有権も認めない現状のようです。
 しかも、今回の領土交渉の答えは、先般の「交渉担当・ウリュカエフ経済発展相の身柄拘束」で回答は見えていました。同相は、日本の世耕弘成経済産業相と対ロシア経済協力計画に関する露側の統括役を務めていた人物なのに、ロシア当局は石油会社買収のおとり捜査を仕掛けて、同氏が現金を受け取った収賄の容疑で拘束した言うから、その捜査手法からもプーチン大統領の回答は見えていました。
 佐藤優・前国際情報局主任分析官は、これは「北方領土交渉を妨害したい者の暗躍だ」「プーチン大統領も当然知っている」と分析しています。
 まぁ、「ロシアの食い逃げの懸念」、「火事場泥棒の常習犯」、「盗人猛々しい」、「二枚舌の露は信用できない」、「露相手に馬鹿正直はダメ」、「前のめりになりすぎだ」などの警戒の声が相当と思うべきで、甘すぎる期待は禁物と見るべきです。
 今は、吉田茂が言う「チャンスをじっと待って」のチャンスではないのでしょう。
 そして、ロシアへの経済協力と平和条約締結は、北方領土をシッカリ返還してもらってからにすべきことは、極めて常識・妥当な手順のはずです。
北方領土で「共同経済活動」 プーチン氏、会談で言及(朝日新聞) - goo

北方領土の共同経済活動に意欲 プーチン大統領、四島の主権強調
■「北方領土の主権渡さない」来日中のロシア上院議長
     http://this.kiji.is/166148050850037767

|

« 今の築地市場の汚染を無視するな! | トップページ | ロシアが北方領土を手放さない理由 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

仮に日本から手厚い経済支援を行わないとなると、ロシア側の出方として考えられるのは中国への接近であり、特にクリミア問題で西側欧米諸国が距離を置いているとなるとなおさら考えられるシナリオであるが、それが日本を取り巻く東アジアの安全保証上何を意味するかは自明のものであり、その点でトランプ新政権で在日米軍撤退、ないし米国が東アジアに無関心になる恐れのある日本にとってはロシアにまさに足元を見られているところで、そろそろ昨日の佐藤市長の告別式も友人・嵐山光三郎氏の弔辞と共にしめやかに行われ、今日から市役所に献花台、記帳台が設けられているので、亡き市長のお人柄を偲び、次期市長にはこの市民からの佐藤市長への思いを託したいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年11月21日 (月) 12時36分

楽器屋さんで、聞いたがあのチャイコスフキ―コンクールも米資金が流れるの事。初めて聞いた時ショックを覚えたが、露西亜大使館のついた―でも日本のマヨネーズが露西亜では人気があるらしいと言われてるらしいのでタンマリマヨネーズを送って4島を返していただきたいと思う。

投稿: きりっ | 2016年11月21日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68520294

この記事へのトラックバック一覧です: 経済協力は北方領土返還後に!:

« 今の築地市場の汚染を無視するな! | トップページ | ロシアが北方領土を手放さない理由 »