« 自動車の後退灯は1個でいい | トップページ | 至言?「便所の中で寿司食えるか」 »

2016年10月 3日 (月)

日本も自国の難民問題解決が先

 英国は、押し寄せる難民・移民を制限するため、EU離脱を選択してEUのルールから解放され、且つ、ギリシャ、ポルトガル、スペインなどの寄生虫国家と手を切ることを選びました。 勿論、EU諸国との貿易に関税がかかることやポンドの価値が下がり経済悪化も覚悟の上です。しかしこのことは、将来の日本を暗示しているとも言われており、外国からの難民・移民受け入れは、国内の難民問題を解決してからにして欲しいも7348のです。難民受け入れは、「人道的配慮から重要」と言われたら、誰もが反対し難いことですが、実際は自分の「頭の上の蝿も追われぬのに・・・」と言うことです。
 最近、路上生活のホームレスだけでなく、住み家がなく寝泊まりをインターネットカフェを利用するネットカフェ難民や成人しても親に寄生するニート、或いは、東北や熊本の震災被災者の皆さんも「国内避難民」の一つの形態と知りました。昨年の数字ですが、全国のホームレスは8,265人で、大阪府や東京都など大都市に集中しているようです。また、ニートやネカフェ難民の数字は不明なものの、震災難民は2016年1月時点で約18万人という数字があります。他国の難民・移民を心配するなら、まず、これら国内の深刻な問題に優先して取り組むべきと思います。そして、近く避けることが出来ないとみられる朝鮮半島有事には、大量の難民が漁船などで南北から押し寄せると予測されています。これに、国や日本国民は何か特別の対策や覚悟は持ち合わせているのでしょうか。
 66年前の朝鮮戦争の直前やさ中には、半島から日本への密航者は20万~40万とも推定され、その密航者や子孫の多くは、現在では特別永住資格を付与され、旧日本国籍保持者として特殊な地位にあり、元々日本に愛着を持たない人達が治安問題などに暗い影を落としているのです。そして当時より、更に強力な反日教育を受けた人々が大挙して押し寄せたら一体どうなるのか・・・・・まずは、日本国内の「国内避難民」と呼ばれる人たちの対策を強化することで、国民を安心させて欲しいものです。

|

« 自動車の後退灯は1個でいい | トップページ | 至言?「便所の中で寿司食えるか」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

難民問題で考えなければならないのは「生活保障」と「治安」であり、幸い日本の現状では後者について顕著な問題にはなっていないが、問題は朝鮮有事で大量の難民が発生した場合であり、大半は陸続きの中国へ流れると思われるものの、中国とて無制限に受け入れるわけにはゆかず国境の出入国管理を厳しくしてこようと思われるから、そうなるとボロ船で海へ脱出する他なく、しかも厄介なのはそれらが途中で沈んだりすると日本の海保などは救助義務が発生するから、それを悪用して日本に入国し、助けた恩も忘れて工作を図らんとする難民を装ったテロリストが上陸してくる可能性があるところで、そろそろこの人も選挙期間中はこの人を当選させようとするスタッフ、支持者、この人のために涙を飲んで立候補を辞退した人等、さんざん大恩を得ながら、それをことごとく踏み躙るような言を発しており、
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00008224-jprime-peo
http://www.jprime.jp/articles/-/8224
それでも懲りずに某党などはまだ4党共闘にこだわっており(特にこれに味をしめた某党)、これで年内解散にでもなったらどうなるのか?と言った点にも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月 3日 (月) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67763259

この記事へのトラックバック一覧です: 日本も自国の難民問題解決が先:

« 自動車の後退灯は1個でいい | トップページ | 至言?「便所の中で寿司食えるか」 »