« 会長は復興五輪を忘れていなかった | トップページ | 天皇陛下とどんな会話をするのかな »

2016年10月24日 (月)

機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい

 所用で数日ぶりの更新ですが、まずは、このことに触れておきたいと思いま00000mkal_2す。
 日米安保や成田空港建設、沖縄の基地建設など、国の大方針を推し進める場面では、必ず過激な反対運動や妨害が伴うもので、国にとって一番の頼りは警察の機動隊なのですが、反対派からは「権力の犬」「機動隊は死ね」などの誹りを受けながらの警備は、仕事とは言え相当のストレスと推察します。
 しかし、機動隊には「」の一字を貫いて欲しいのです。
 昭和45年前後、安保条約延長や成田空港建設に反対する過激派学生や労働組合、左翼政党支持者たちは、ゲバ棒、竹やり、投石、火炎瓶などで武装し激しい反対運動を展開していました。それを鎮圧する機動隊はヘルメットや大盾で身を護って耐えつつ、デモ隊の違法行為がピークに達した時点で催涙ガス弾や放水車で鎮圧しつつ、一斉に検挙するような場面がよくありました。
 その当時、東映の任侠映画では、高倉健が敵役の悪行に耐えて耐えて、最後に爆発してドスを片手に切り込みに行く姿は、機動隊の耐え忍んで一斉に検挙する場面と重ねて見ていたものです。 当時でも世論・知識人は元より、殆どのマスコミも過激派や労組寄りの報道だったのですが、警察側に多くの怪我人や殉職者を出しながらの耐え忍ぶ警備方針を賛美する報道や論評に徐々に変化したものでした。0000wf9r
 さて、沖縄の基地反対運動警備に派遣中の大阪府警・機動隊員が反対派の沖縄市民を装ったプロ市民に「土人」や「シナ人」と暴言を吐いたことを、マスコミが殊更に問題にしています。沖縄県警の警察官は地元出身者が多く、知人や同級生などから反対派に通報されて、自宅や家族関係が知られ、反対派のプロ市民から「お前の家族を知ってるぞ」「家族に何かあっても知らないぞ」「死ね若造」などとヤクザまがいの脅迫を受けているそうです。実際に、警察官の自宅や家族が通う学校や勤務先に押し掛けて0000matui_2嫌がらせをするプロ市民がいるというから恐ろしい所です。また、沖縄のマスコミは警察官の顔を殊更にアップしてテレビで放送し、過激派に警察官の名前などが知られることに協力しているというから悪質です。
 そこで、最前線の警備は顔が知られていない大阪府警や警視庁など県外の警察官が交代で派遣されていると聞きます。それに、基地反対の過激活動家たちが、警察官に対して口汚く罵る様子や警察官の自宅や家族に対する嫌がらせ行為を、マスコミは知っていても国民に知らせることは絶対にありません。
 警察官にも、その家族にも基本的人権があるのです
 「土人」発言でも機動隊が一方的に暴言を吐いたように報道していますが、それはないでしょう。勿論、常に冷静な言動が要求される警察官が挑発されて暴言を吐いて、これがマスコミに騒がれた時点で勝負ありと見られ、それを機動隊に言わせた反対派は「やったぜ」としたり顔のはずです。
 つまり、過激派に更なる攻撃材料を与えてしまったことを反省すべきです。
 ただ、現実には米国大統領選の下半身攻撃合戦や国会の汚いヤジ攻撃などと同様の、「売り言葉に買い言葉」程度のことで、これをマスコミが一斉に警察官の顔まで晒して全国報道することは行き過ぎでしょう。これを報道するなら自称「平和活動家」たちの聞くに見るに堪えられない悪質な暴力・暴言の実態も同様に報せることが大切と思います。
■「この世を花にするために(機動隊応援歌)」橋幸夫
https://youtu.be/zWxZdCmEPPY
「この世を花にするために(機動隊応援歌)」
 作詞:川内康範
 作曲:猪俣公章
 歌唱:橋 幸夫
1.若いいのちは 誰でもおなじ
  空と海とが 好きなのさ 
  けれども 街が暗いから 
   この世を花にするために
  いのちを歌う 機動隊 
2.恋もなさけも 人間らしく
  してもみたいさ かけたいが 
  それすら 自由になりはせぬ
  この世を花にするために
  鬼にもなろうさ 機動隊
3.何を好んで そしりをうける 
  損はやめろと 言われても 
  信じているんだ 太陽を
   この世を花にするために
  明日に生きる 機動隊

フィフィ 基地反対派への「土人」発言問題に「機動隊員への暴言も報道するべき」



|

« 会長は復興五輪を忘れていなかった | トップページ | 天皇陛下とどんな会話をするのかな »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

そもそも機動隊が動員されるほどの実力行使をすれば自分達の主張がまかり通るというのであれば選挙も法律も何ら意味がなく、法治国家として許し難き行為であることは言うに及ばず、またこのような暴挙を許せば国立も他人事ではなく、さくら通りの桜伐採やマンション訴訟にも影響が出てくるため、やはり自分達の主張を押し通したければ選挙に勝たないとといったところで、そろそろその選挙で昨日の衆院補選では大方の予想通り自民が圧勝し、これで解散風がますます強まったと言われるものの、音喜多都議によれば本来若狭候補は事前調査で2位候補にトリプルスコアで勝つとの予想に反し、実際にはそこまで差がなかったことから、「自民党公認」を嫌気した無党派層に逃げられたのではと分析している一方で、小池都知事の政治塾入塾希望者が4,000人に達したことからも、世間が待望しているのは「小池新党」ではと思われ、特に「七人の侍」の去就次第では(開塾式と離党勧告の期限が同じ日)、自民党は小池都知事を敵に回しかねないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月24日 (月) 09時52分

こんにちわ。同じ国立市北に住んでるものです。
この沖縄の様子は、ツイキャスという動画で、IWJ沖縄が延々と放送してますが酷いものです。どちらが正しいか見て頂いた方が早いかと。
右も左もそうですがお互いに地元住民特に子供さんの教育には良くないかと思います。

投稿: きりっ | 2016年10月28日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68083208

この記事へのトラックバック一覧です: 機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい:

« 会長は復興五輪を忘れていなかった | トップページ | 天皇陛下とどんな会話をするのかな »