« 機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい | トップページ | 日本人の過労死・過労自殺に想う »

2016年10月25日 (火)

天皇陛下とどんな会話をするのかな

 先日の習近平主席との会談中にはガムを噛んでいたなど、何かと話題がImage2多いフィリピンのドゥテルテ大統領は、「ビッグマウス」だけでなく「有言実行」を評価されてか、国民の支持率は90%超との数字もあります。その「有言実行」の例として、就任以降、麻薬犯罪の取締りを徹底的に強化し、これまで容疑者約1100人が警察に殺害され、密売人同士の殺し合いなどから約2千人が殺害されたというから、恐怖政治の再来かとの批判など賛否両論あることも仕方ないことでしょう。
 そんな大統領が、国賓に次ぐ「公式実務訪問賓客」として25~27日の日程で来日し、今日25日夕方到着し早々に岸田文雄外相との夕食会、明日26日には安倍首相と会談、27日の帰国直前には天皇陛下と会見が予定されています。Image
  同大統領と言えば、「オバマを売春婦の息子」、「ローマ法王も売春婦の息子」、「トランプ米大統領候補は差別主義者」、「駐比米大使にはホモ野郎」、「国連の潘基文事務総長をバカ野郎」、「EUには中指立ててFuck 」などと、ポイントを突いて批判する言葉は、良し悪しは別にして国民を納得させる力を持っているのでしょう。ただ、日本として心配なのは、「アメリカ軍は出て行け」発言や、中国訪問中に「(同盟関係にある)米国とは別れた」と発言し、中国寄りの姿勢を鮮明にしたことです。
  フィリピンの歴史は、約333年間はスペインの植民地、続いて48年間は米国の植民地、更に3年間は日本の植民地だった歴史があります。米国の植民地当時、フィリピン派遣米軍司令官であったマッカーサーが、1942年(昭和17年)2月末、日本軍の攻撃に耐えかねて豪州に撤退する際の「必ず私は戻るだろう(I shall return)」という有名な言葉があります。このような経緯もあり、フィリピン国内では「親米派」が大半を占め、安全保障面でも実際は米国に頼るしかないと見られていますが、果して、ドゥテルテ政権を自由主義圏の一員としてシッカリ留め置くことが出来るのか、今回は日本の役割も大きいはずです。
 個人的には、天皇陛下との会見や安倍首相との会談では、ガムを噛みながら対談するのかなど、関心は対談内容より別の方に向いているところもありますが・・・・・

|

« 機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい | トップページ | 日本人の過労死・過労自殺に想う »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

比大統領とは既に今年の9月、安倍首相との間で首脳会談が行われており、日本側から比沿岸警備隊強化のための円借款や南北通勤鉄道建設への協力が行われるなどで合意し、何ら天皇陛下が非礼を受けるいわれはないところで、そろそろその陛下が生前退位を表明されたのはひとえにご公務の激務故であり、最近は小池都知事の施策で都庁も20時で退庁を促し、過労自殺者を出した電通に至っては22時で全社消灯するなど、長時間労働の是正が方々で課題となっているが、だいたいそういう役所、企業に限って会議資料が何故わざわざこんなに難しくしたのかというくらい難解で、それを「解読」するだけで会議が終わってしまったなど、非生産的な状況となっており、これはもう、トヨタ自動車のように全ての資料を紙1枚に収めるような文化を築き、効率化を図る必要があることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月25日 (火) 12時41分

三笠宮さまご逝去に伴い両陛下が喪に服されるため、大統領との会見は中止になった模様です。

投稿: | 2016年10月27日 (木) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/68104165

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下とどんな会話をするのかな:

« 機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい | トップページ | 日本人の過労死・過労自殺に想う »