« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

信念を貫く態度が大切と思いますが

 一つの方法・態度などを貫き通すことを四文字熟語で、「終始一貫」、「初志貫徹」、「一意専心」など、或いは「初心忘れるべからず」「継続は力なり」などの教えがあります。ところが、蓮舫氏の二転三転する二重国籍発言、ボブディランのノー000000135315ベル賞授賞の態度、コンパクト五輪の方針、小池都知事を応援した区議7人の自民都連の処分見送り等々では、ブレっばなしで、人や組織として大切なこれらの言葉が該当しません。
 「蓮舫の二重国籍発言」では、日本国籍選択の期日に蓮舫氏の説明が極めて曖昧で不誠実な態度が批判されています。かつてTBSのキャスター当時には、台湾総統選挙に関連して「私も選挙権があるので、台湾に行ってくる」旨を自慢げに発言をしていたそうですから、いずれ議員失職のおそれもある大変な問題に発展しそうです。
 また、「反戦・反体制を貫くディランにノーベル賞」決定の連絡が取れなかったことに、「カッコいい」「ボブらしい」などの評価の声がありましたが、発表から2週間後に一転して、「この名誉に大変感謝している」とボブディランが変節した態度を見せたことに、「失望した」「カッコ悪い」などの声が上がっています。
 そして、「コンパクト五輪が謳い文句」で誘致した東京五輪は、蓋を開ければ、税金が青天井で使われる懸念が強い、「世界一の豪華五輪」になる可能性が高いというから、一都民としては当然ながら心配しています。
 更に、「豊島、練馬区議7人に対する最終処分問題002016_1102では、自民都連は、都知事選で党の方針に反して小池候補を応援した区議7人に対する最終処分の決定を先送りすることを決めたそうです。きっと党都連が7人を除名した場合、新党結成も取り沙汰される小池氏との対立が決定的になると踏んだのでしょう。
 昨日30日は、帝京平成大学「池袋キャンパス冲永記念ホール(豊島区東池袋2丁目)」に、「小池新党」の布石と見られる小池塾「希望の熟 」が開かれ、全国から4827が参加し、2902人が入塾という大変な勢いを見せましたが、これも皆さんが何処まで初志貫徹して、本気で都政や国政を変える力になるかと心配しています。
  いずれにしても最近、特に一貫した行動基準を持たない、或いは基準を貫こうとする意志が薄弱で、己の信念・節義に対する意識の低さを感じさせます。それでは「お前は頭が堅い」「自分を雁字搦めにしている」と批判されそうです・・・・やはり、自分に都合のよい方へ、形勢を伺う態度をとる風見鶏・日和見主義者・ご都合主義者も大切なのか・・・・

橋下徹vs蓮舫 2016年10月24日[平沢勝栄 石原良純 東国原英夫 ] https://youtu.be/GeqFsLbI_1s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

蓮舫さん「これが表に出たら大変だ」

 こんなスキャンダルが表沙汰になったら、政治家として完全にアウトでしょImage1う。
 きっと、自由民主党の参議院議員、西田昌司氏あたりが、手ぐすね引いて民進党の蓮舫代表を追い込むその日を待っているはずです。
 その内容は極めて重大です
 蓮舫さんは2003年1月~2004年3月の間の水・木のTBSの深夜ラジオ「アクセス」でキャスターをしていたことがあったが、台湾総統選挙についてコメントし、「私も選挙権があるので、台湾に行ってくる」旨を発言していたそうです。また、二重国籍者が、台湾に入国する場合、日本パスポートではなく、台湾パスポートを使用しなくてはいけないそうです。
 さて、蓮舫さんは、どうする。?
 そして、二重国籍解散はあるのか。
【西田昌司】蓮舫氏の二重国籍問題 、昔から嘘を度重なりつく人間性に問題あり!!   https://youtu.be/X4RzLUao7D0  
pic.twitter.com/Rxijm35VHE
                
  • Ⴋ ੭ੇ ◡̈♥︎⭐️ @Miu2015Uyo 2016-09-21 15:10:32
    蓮舫さんの台湾渡航は、わかる範囲で次の通りです。 台湾総統選挙がある度に、台湾へ行ってました。 2000年 台湾総統選挙取材 2004年 台湾総統選挙取材 2008年 台湾総統選挙視察 2013年 観光? 日本旅券と台湾旅券… どっちで入国したんでしょうか?
  • Ⴋ ੭ੇ ◡̈♥︎⭐️ @Miu2015Uyo 2016-09-20 20:29:04
    二重国籍者が、台湾に入国する場合、日本パスポートではなく、台湾パスポートを使用しなくてはいけません。 蓮舫さんは、2013年に台湾へ行ってます。 つまりその時点で、台湾パスポートが有効であったはずです。 pic.twitter.com/bzKxaG4GyY
                    
  • Ⴋ ੭ੇ ◡̈♥︎⭐️ @Miu2015Uyo 2016-09-20 20:33:45
    台湾政府は、二重国籍者が台湾に入国する際、台湾パスポートのみ使用を認めています。 2013年に蓮舫さんは、台湾に訪れていますが、 もし日本のパスポートで台湾に入国しようとすれば、必ず指摘され、その時点で二重国籍なのを認識するはずです。
  • Ⴋ ੭ੇ ◡̈♥︎⭐️ @Miu2015Uyo 2016-09-21 05:24:54
    蓮舫さん、公用旅券(議員パスポート)を使用した可能性はありますが、 お父さんの故郷(台南)で観光してますね⁉︎ 公用旅券で観光はできませんし、観光目的でない公用旅券は、ビザが必要になるから、めんどくさいですし… それなら、台湾パスポート使っちゃおうかな…って @Oyama10 pic.twitter.com/wmqxw5SaXv
                    
                    
  • Ⴋ ੭ੇ ◡̈♥︎⭐️ @Miu2015Uyo 2016-09-19 18:08:07
    二重国籍議員を容認する法律… 「レン法」法案を提出するかなぁ?
  • | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月27日 (木)

    「フィリピン建国の父」と日本の交流

     「フィリピン建国の父」と慕われるホセ・リサール (1861~1896)氏の銅像Imageが日比谷公園に日比谷通りを背に建立されています。目標は丸の内警察署・日比谷公園前交番の裏手方向です。
     来日中のドゥテルテ大統領(71)は、「日本はフィリピンへの最大の貢献者であり、日本の人々に感謝する」と述べていますが、フィリピンの独立に貢献したホセ・リサール を知らないはずはありません。ホセ・リサールはスペ0001pesobインの植民地の下でフィリピン独立に立ち上がった英雄ですが、宗主国スペイン軍に反逆罪に問われ志半ばの1896 (明治29)年12月30日36歳で銃殺されました。今では、マニラ市内の同氏が処刑された場所は「リサール公園」として整備され、処刑日の12月30日は「リサール記念日」として祝日に指定され、フィリピンの国父 として追悼儀式が行われるそう00006_img6です。更に、フィリピン各地にはリサールの像が建立されているほか、切手や紙幣、コインの肖像に同氏が採用されています。日比谷公園に同氏の銅像があるのは、ホセ・リサールの曽祖父が日本からの移民で現地女性との末裔にあたるということや、1888(明治21)の2月に日本に40日以上も日比谷公園近くに滞在しており、この時におせいさん(臼井勢似子)と恋仲になったことなどがあるそうです。
     太平洋戦争で日本は、1942年に米軍をフィリピンから追い出すと翌年にフィ00002zlリピンを独立させています。しかし1945年の日本敗戦に伴い、再び米国の植民地に戻っていますが、1946年7月にようやく米国からも独立が認められました。ただ、フィリピン人も有色人種として、欧米諸国から悲惨な植民地支配を受けた思いが強く、太平洋戦争は欧米の植民地支配に対して、日本が国の存亡をかけた植民地解放の戦いだったという見方が形成されています。その証に神風特攻隊が最初に飛んだフィリピンのパンパンガ州マバラカットなど3カ所の飛行場跡地は、特攻隊を英雄として讃える公園が造られ、それぞれで「神風特別攻撃隊慰霊祭」が開かれるなど親20161027image1日度を増しています。
     来日中のドゥテルテ大統領は、日比谷公園にほど近い「パレスホテル東京」に宿泊していますが、ホセ・リサール氏のことや、日本が比国独立に貢献したことを評価しているはずです。また、22年間もダバオ市長だったことから、戦前のダバオ市は紙幣の原料に使用した「マニラ麻」の栽培などで2万人以上の日本人が居住し、今も二世・三世が多く生活していることもご存じのはずです。同大統領は“Good-bye my friend”と、かつての宗主国・米国離れを見せつつも、日本に対しては友好的に振る舞っています。昨日26日夕には、 安倍晋三首相はドゥテルテ大統領と会談が行われ、大統領は「南シナ海で紛争があれば、平和裏に解決するという価値観を基に緊密に協力する」、「私は日本側に立つつもりだ」と語ったそうです。この柔軟或いはしたたかに、近隣諸国を「両天秤」にかけた巧みな外交に日本は翻弄されないことですが・・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年10月26日 (水)

    日本人の過労死・過労自殺に想う

     「電通」の新人女性社員が、月100時間超の時間外労働を強いられ自殺した事件を労災認定されたことが話題ですが、電通では過去にも過労自殺がありました。何も電通だけでなく、「システム・コンサルタント事件」、「南大阪マイホーム・サービス事件」、「みくまの農協事件」、「川崎水道局事件」、「富士保安警備事件」、「大庄日本海庄や過労死事件」など、過労死・過労自殺は枚挙に暇がありません。思うに、大多数の日本人は働くことが大好きなのに、どんなに働いても人手不足と長時間労働の問題が解決されません。世の中には、「今やるべき仕事」、「やったほうがいい仕事」、「やらなくてもいい仕事」に分類出来るとされ、「やった方がいい仕事」、「やらなくてもいい仕事」は、実際はやる必要が無いのに、周りに遠慮してか何となくやっているのも現実でしょう。
     この働く意義を考えるとき、「母に捧げるバラード」を思い浮かべる年代です0000000cached
     「鉄矢ひとつだけ言うとくがなあ、人様の世の中でたら、働け働け働け鉄矢、働いて働いて働きぬいて、休みたいとか遊びたいとか、そんな事おまえいっぺんでも思うてみろ、そん時はそん時は死ね」と叱咤激励するセリフに共感を覚えた一人です。この「バラード」は、昭和40年代の高度経済成長を支えた製造業に息子を送り出す場面をイメージさせますが、近年は、介護・小売・飲食・警備・運送・理容・広告・宣伝などのサービス業と呼ばれる職種が多く占めるようになり、国民の利便性を高めた反面、ブラック企業も増加したとの見方があります。顧客相手の職種は、どうしても残業や長時間労働になりがちです。
     先日、二号警備(交通誘導等)の警備員を多く雇用する警備会社の役員と会話する機会がありましたが、東京五輪関連の公共事業の増加から深刻な人手不足だそうです。需要が多いことは喜ぶべきなのに、長時間拘束や休日を取り難い環境、且つ低賃金から離職率が高いそうです。なにも警備業だけでなく、牛丼屋やラーメン屋、コンビニや介護関連でも慢性的人手不足とされ、似た背景なのでしょう。この警備業は、50年前の東京五輪当時に誕生した職種で、それまで必要なかったのに、安全・安心に執着する日本人にマッチして発展し、特に道路工事や建設現場に交通誘導の警備員が必要なのは日本だけと聞きます。また、24時間365日営業のコンビニや牛丼屋なども日本人の生活スタイルにマッチしたのか、津々浦々で開業され便利なのですが、これも歴史の浅い業種です。
      そう言えば、天皇陛下の退位のご意向は、増えすぎたご公務で天皇としての務めを十分に果たせないおそれがあり、ご公務の縮小を期待しておられると読み取れましたし、小池都知事は都庁を20時で退庁を促し、電通は24日から22時で全社消灯、ヤフーは週3日休日を検討するなど、長時間労働の是正が方々で図られています。そして25日には、財務省が全国の企業を対象に、人手不足に関する聞き取り調査の結果を発表していましたが「6割超が人手不足」と回答したそうです。
     年々、働く人口が減少する中で「今やるべき仕事」と「やらなくてもいい仕事」を職場単位で整理したり、国家的にも職種を整理して「今やるべき仕事」に多くシフトする必要がありそうです。尤も、ロボットや人工知能の発展から、必然的に消え去る職種も出て来るはずで、今はその過渡期なのでしょう・・・・今や、電話交換手や切符切りの駅員、チンドン屋、バスの車掌などは見かけませんが、次に消え去る職種は何か。そして、日本人の過労死・過労自殺が過去のものになる時代が到来するのか。
    0000023cached

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月25日 (火)

    天皇陛下とどんな会話をするのかな

     先日の習近平主席との会談中にはガムを噛んでいたなど、何かと話題がImage2多いフィリピンのドゥテルテ大統領は、「ビッグマウス」だけでなく「有言実行」を評価されてか、国民の支持率は90%超との数字もあります。その「有言実行」の例として、就任以降、麻薬犯罪の取締りを徹底的に強化し、これまで容疑者約1100人が警察に殺害され、密売人同士の殺し合いなどから約2千人が殺害されたというから、恐怖政治の再来かとの批判など賛否両論あることも仕方ないことでしょう。
     そんな大統領が、国賓に次ぐ「公式実務訪問賓客」として25~27日の日程で来日し、今日25日夕方到着し早々に岸田文雄外相との夕食会、明日26日には安倍首相と会談、27日の帰国直前には天皇陛下と会見が予定されています。Image
      同大統領と言えば、「オバマを売春婦の息子」、「ローマ法王も売春婦の息子」、「トランプ米大統領候補は差別主義者」、「駐比米大使にはホモ野郎」、「国連の潘基文事務総長をバカ野郎」、「EUには中指立ててFuck 」などと、ポイントを突いて批判する言葉は、良し悪しは別にして国民を納得させる力を持っているのでしょう。ただ、日本として心配なのは、「アメリカ軍は出て行け」発言や、中国訪問中に「(同盟関係にある)米国とは別れた」と発言し、中国寄りの姿勢を鮮明にしたことです。
      フィリピンの歴史は、約333年間はスペインの植民地、続いて48年間は米国の植民地、更に3年間は日本の植民地だった歴史があります。米国の植民地当時、フィリピン派遣米軍司令官であったマッカーサーが、1942年(昭和17年)2月末、日本軍の攻撃に耐えかねて豪州に撤退する際の「必ず私は戻るだろう(I shall return)」という有名な言葉があります。このような経緯もあり、フィリピン国内では「親米派」が大半を占め、安全保障面でも実際は米国に頼るしかないと見られていますが、果して、ドゥテルテ政権を自由主義圏の一員としてシッカリ留め置くことが出来るのか、今回は日本の役割も大きいはずです。
     個人的には、天皇陛下との会見や安倍首相との会談では、ガムを噛みながら対談するのかなど、関心は対談内容より別の方に向いているところもありますが・・・・・

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年10月24日 (月)

    機動隊は「忍」の一字を貫いて欲しい

     所用で数日ぶりの更新ですが、まずは、このことに触れておきたいと思いま00000mkal_2す。
     日米安保や成田空港建設、沖縄の基地建設など、国の大方針を推し進める場面では、必ず過激な反対運動や妨害が伴うもので、国にとって一番の頼りは警察の機動隊なのですが、反対派からは「権力の犬」「機動隊は死ね」などの誹りを受けながらの警備は、仕事とは言え相当のストレスと推察します。
     しかし、機動隊には「」の一字を貫いて欲しいのです。
     昭和45年前後、安保条約延長や成田空港建設に反対する過激派学生や労働組合、左翼政党支持者たちは、ゲバ棒、竹やり、投石、火炎瓶などで武装し激しい反対運動を展開していました。それを鎮圧する機動隊はヘルメットや大盾で身を護って耐えつつ、デモ隊の違法行為がピークに達した時点で催涙ガス弾や放水車で鎮圧しつつ、一斉に検挙するような場面がよくありました。
     その当時、東映の任侠映画では、高倉健が敵役の悪行に耐えて耐えて、最後に爆発してドスを片手に切り込みに行く姿は、機動隊の耐え忍んで一斉に検挙する場面と重ねて見ていたものです。 当時でも世論・知識人は元より、殆どのマスコミも過激派や労組寄りの報道だったのですが、警察側に多くの怪我人や殉職者を出しながらの耐え忍ぶ警備方針を賛美する報道や論評に徐々に変化したものでした。0000wf9r
     さて、沖縄の基地反対運動警備に派遣中の大阪府警・機動隊員が反対派の沖縄市民を装ったプロ市民に「土人」や「シナ人」と暴言を吐いたことを、マスコミが殊更に問題にしています。沖縄県警の警察官は地元出身者が多く、知人や同級生などから反対派に通報されて、自宅や家族関係が知られ、反対派のプロ市民から「お前の家族を知ってるぞ」「家族に何かあっても知らないぞ」「死ね若造」などとヤクザまがいの脅迫を受けているそうです。実際に、警察官の自宅や家族が通う学校や勤務先に押し掛けて0000matui_2嫌がらせをするプロ市民がいるというから恐ろしい所です。また、沖縄のマスコミは警察官の顔を殊更にアップしてテレビで放送し、過激派に警察官の名前などが知られることに協力しているというから悪質です。
     そこで、最前線の警備は顔が知られていない大阪府警や警視庁など県外の警察官が交代で派遣されていると聞きます。それに、基地反対の過激活動家たちが、警察官に対して口汚く罵る様子や警察官の自宅や家族に対する嫌がらせ行為を、マスコミは知っていても国民に知らせることは絶対にありません。
     警察官にも、その家族にも基本的人権があるのです
     「土人」発言でも機動隊が一方的に暴言を吐いたように報道していますが、それはないでしょう。勿論、常に冷静な言動が要求される警察官が挑発されて暴言を吐いて、これがマスコミに騒がれた時点で勝負ありと見られ、それを機動隊に言わせた反対派は「やったぜ」としたり顔のはずです。
     つまり、過激派に更なる攻撃材料を与えてしまったことを反省すべきです。
     ただ、現実には米国大統領選の下半身攻撃合戦や国会の汚いヤジ攻撃などと同様の、「売り言葉に買い言葉」程度のことで、これをマスコミが一斉に警察官の顔まで晒して全国報道することは行き過ぎでしょう。これを報道するなら自称「平和活動家」たちの聞くに見るに堪えられない悪質な暴力・暴言の実態も同様に報せることが大切と思います。
    ■「この世を花にするために(機動隊応援歌)」橋幸夫
    https://youtu.be/zWxZdCmEPPY
    「この世を花にするために(機動隊応援歌)」
     作詞:川内康範
     作曲:猪俣公章
     歌唱:橋 幸夫
    1.若いいのちは 誰でもおなじ
      空と海とが 好きなのさ 
      けれども 街が暗いから 
       この世を花にするために
      いのちを歌う 機動隊 
    2.恋もなさけも 人間らしく
      してもみたいさ かけたいが 
      それすら 自由になりはせぬ
      この世を花にするために
      鬼にもなろうさ 機動隊
    3.何を好んで そしりをうける 
      損はやめろと 言われても 
      信じているんだ 太陽を
       この世を花にするために
      明日に生きる 機動隊

    フィフィ 基地反対派への「土人」発言問題に「機動隊員への暴言も報道するべき」



    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年10月20日 (木)

    会長は復興五輪を忘れていなかった

     IOCのバッハ会長が、野球やソフトボールの予選を念頭に20161020image1_2東京五輪の一部を大震災被災地で開催を提案したそうです。
     五輪誘致当時、あれほど「復興」を叫んで、それに国際社会やIOCも共感を得て日本に呼び込んだ五輪のはずが、最近では殆どの日本人やメディアからは、復興の「」の字も聞こえず、それを言うと「なんで今更?」と迷惑がるような空気が流れていました。今日発売の新潮でも「なぜ小池都知事は彼方の宮城県がラブなのか?」、「長沼ボート場はどれだけ東京から不便な場所か?」、「仮設住宅を選手村にして日本は恥をかかないか?」などと全く被災地復興を理解していない見出しです。
     それが同会長から、「東京が勝ったのは説得力がある持続可能な案だったから。選ばれた後に提案を変えないことが双方の利益にかなう」、更に、「IOCとして、大会のイベントの幾つかを東日本大震災の被災地で開催する考えを持っている。震災からの復興に貢献したい考えており、大会を通じて世界に復興の進捗を示すことができる。」と釘を刺され、安倍首相も「歓迎する」と答えており、メディアも慌てて方向転換の様相です。これで、東北の被災地にも多少は国民の目が向くことでしょう。
     被災地開催のことは、IOC会長から言われるまでもなく、日本人の口から000poster率先して提案されるべきことと常々思っていました。当初予算の約7300億円から3兆円に膨らむ現状を、小池都知事は「1兆、2兆、3兆」と豆腐屋ではあるまいしと皮肉っていましたが、どうせ大金を投じるなら、被災地で使うなら国民も納得するはずです。確かに被災地の現状は、交通の利便性や競技施設、宿泊施設などは、首都圏と比較すれば格段に劣るのでしょうが、被災地のレガシィとなるような整備も大切なはずです。
     それにしても、Iバッハ会長の鶴の一声で不穏な空気が一変すると感じています。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月19日 (水)

    選ばれた後に変えない事がルール

      世界の主要都市を格付けする「世界の都市総合力ランキング」で、東京がパリをImage2抜いたと喜んでいますが、パリは昨年11月の「パリ同時多発テロ事件」で印象を悪くしたからでしょう。今回は間違いなく、東京の治安の良さ、食事の美味しさ、街の清潔度、何よりもてなしの心が評価されたはずです。
     さて、昨日18日は小池都知事とIOC・バッハ会長の会談が行われ、同会長が「東京が勝ったのは説得力がある持続可能な案だったから。選ばれた後に提案を変えないことが双方の利益にかなう」と述べた言葉が耳に残っています。3年前のIOC総会で、東京が選ばれたのは、安定した経済力と治安の良さ、国際大会の開催経験による的確な大会運営能力の加え、東日本大震災からの復興をアピールしたからだったはずです。
     そして具体的には、聖火リレーは東北の被災地を縦断計画や、サッカーは宮城県でも行うことなどの提案もありました。それが蓋を上げると、復興やコンパクトは全く外されていたのでは、「当選後は、ゴミ箱入りのマニュフェスト」と同じではありませんか。もし、本当に被災地復興をアピールするなら、ボート・カヌー会場の宮城県長沼の提案だけでなく、福島県や岩手県にも何か一つは競技を開催してアピールして欲しいものです。そうなれば東日本大震災の被害者2万人以上の皆さんの鎮魂と、今も避難している10数万人からの被災者の方々への本当の応援になるはずです。
      よく「被災者の皆さんに元気を与えたい」などと、利いた風なコメントをするアスリートがいますが、その言葉が本気なら、「ぜひ、私たちの競技は被災地で競技をやらせて欲しい」とバッハ会長や小池都知事に直訴するほどの気迫ある選手がいて欲しいものです。アジェンダ2020でも、開催地をその都市に限定しなくてもいい余裕ある姿勢を見せています。そのような思いやりある東京五輪を開催したなら、4年後には「世界の都市総合力ランキング」でトップに躍り出ることでしょう。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月17日 (月)

    二重国籍は公職選挙法違反だ!

     蓮舫代表の台湾籍をめぐる説明に、野田佳彦幹事長も「一貫性に欠ける2004image2印象を与え、(蓮舫氏)自身を含めて反省している」と述べたそうですが、世界的に信用度が高い日本国籍を利用し汚しているという現実に対する認識が甘すぎと思います。
     外国人が国籍を偽って日本国民に成り澄まして、日本の政治家になり年間1億円からの月給や歳費をもらうとは何事でしょうか。蓮舫氏は2004年の選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と嘘の記載をしていますが、これは明らかに公職選挙法違反であり、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金で公民権停止5年間のはずです。
     届出ればいい、修正すればいいの限界を超えています
     マスコミや評論家は、「二重国籍を禁止している日本の国籍法はおかしい」と他国と比較した立法論で擁護して、論点をすり替えようとしています。まず蓮舫代表は、自民の小野田紀美議員と同様に戸籍謄本を公開して理解を求めるべきです。これも出来ないなら、これまで貰った月給や歳費は全額返還してもらうと思うのが、普通の国民感情であり、国会は問題の急所(ポイント)を突いてとどめを刺すべきです
     これは、早く苦しみから解放してあげるという意味もあるはずです。
     それとも、半殺し状態で衆議院を解散し選挙を有利にしたい作戦でしょうか。
     この辺りを、SBI大学院大 客員教授 青山学院大学 非常勤講師の池田信夫氏が分かり易く解説しています。
    -----引用----
    ■「蓮舫問題の超簡単な論点整理http://agora-web.jp/archives/2021454.html
      アゴラで八幡和郎さんが火をつけ、その後も私と2人で追及してきた蓮舫問題が、きょうの民進党大会で最大の争点になりそうだ。先週われわれの話した番組でポイントは尽きており、その後の展開も予想どおりだが、話が複雑なので超簡単に整理しよう。
    国籍選択:国籍法14条では、22歳までに国籍を選択しなければならない。しない場合には法務省が催告し、その後1ヶ月以内に国籍を選択しなければ日本国籍を失う。蓮舫氏の場合は、1985年に日本国籍を選択したが、台湾国籍をまだ離脱していない。
    国籍離脱:国籍法16条では「選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」と定めている。「努力義務」にしているのはブラジルなど国籍離脱できない外国を想定しているので、台湾のように離脱できる国については義務と解すべき。したがって彼女は、今も違法状態である。
    経歴詐称:公職選挙法235条では、職業もしくは経歴などに関し虚偽の事項を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金。蓮舫氏は少なくとも2013年まで公式ホームページに「台湾籍から帰化」と書く一方、「私は台湾籍」と発言しており、故意の経歴詐称の疑いがある。
    不正選挙:彼女は9月6日の記者会見で「台湾政府の確認が取れない」と発言したが、その後、手元にパスポートがあったことを認めた。これは台湾国籍が残っていたことを意味するので、党員・サポーターの郵便投票の終わった13日になって「台湾国籍が残っている」と認めたのは、党員を欺くものだ。
    政治責任:以上は一般人の問題だが、首相になる可能性のある民進党代表には、これより高い基準が求められる。外交官の採用は外国籍を離脱することが条件なので、外交を指揮する首相にも同じ条件が求められると解するのが自然だろう。いまだに台湾政府が国籍離脱を許可するかどうかもわからない蓮舫氏が、自衛隊の最高指揮官である首相になることは危険だ。なお「二重国籍を禁止している日本の国籍法はおかしい」といった立法論は、今回の問題とは無関係だ。現行法では、国籍取得後も外国籍を31年も持っているのは違法行為である。彼女が「日本国籍だったのだから国会議員になったことは適法だ」といった話もナンセンスだ。外国籍を隠して当選した今年の参院選も、当選無効になる可能性がある。---引用終わり----
    国会 三原じゅん子が蓮舫の二重国籍を追求!戸籍を出せ
     真の保守質疑!生前譲位にいて 安倍総理 最新の面白い国会中継   https://youtu.be/lpGreNAOX7k  

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月16日 (日)

    ボブ・ディラン、なぜ雲隠れする?

     ボブ・ディランにノーベル文学賞と聞いて直ぐに連想したのは、GAROの「学0000299475生街の喫茶店」”♪片隅で聴いていたボブ.ディラン♪”の歌詞と、野坂昭如が、「♪ソ・ソ・ソクラテスかプラトンかニ・ニ・ニーチェかサルトルか・・・・♪」と歌った歌詞でした。
     歌詞に反戦や人種差別への抵抗など社会批判のメッセージを乗せて、自分で作曲も演奏もして歌うスタイルを確立したボブ・ディランはロックの神様と称されています。しかし、13日の授賞発表から3日経つのに本人と連絡がとれないことから、「授賞を辞退するつもり?」と話題です。果たして、ボブ・ディランは5人目のノーベル賞辞退者になるのでしょうか。
     きっと、「権力に逆らう生き方から、権力側から認められることは屈辱」、或いは、「ダイナマイトなる非平和的発明をした人の作った賞などはいらない」とノーベル文学賞を拒否したマルクス=レーニン主義者の哲学者サルトル(1905-1980)と似た心境にあるのではと推察しています。
      また、ビートルズの4人全員は違法薬物の常習者で、 LSD マリファナの薬物中毒による幻覚体験の中から数々の名曲が生まれたことが知られていますが、この薬物を教えたのも既に薬物中毒だったボブ・ディランであることは有名な話です。最近でも、日本のロック歌手ら音楽関係者が度々違法薬物で逮捕されることが話題ですが、元をたどれば、ボブ・ディランやビートルズにつながるということで、決して、模範的生き方をしていないことを自覚しているからでしょう。
      そして、ノーベル賞の誕生はダイナマイトの開発・生産から巨万の富を築いたノーベルですが、そのノーベルの兄が死去した際、フランスの新聞がノーベル死去と間違い「死の商人、死す」との見出しで報道され、衝撃的な自分の死亡記事を読む羽目になったことがキッカケだったことからも、ソ連側の哲学者サルトルや反戦のボブ・ディランの生き方と反することになるはずです。よって、体制側の賞を拒否することが一貫性ある生き方になるはずですし、賞選考の裏では、ノーベル賞を牛耳るアシュケーナジー系ユダヤ人同士の複雑な事情も見え隠れてしています。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月15日 (土)

    六本木の鉄パイプ落下事故に想う

     不幸な事故に遭遇して亡くなられた飯村さんとご家族には哀悼の意を表しつつ、当社も、これを「他山の石」にしたいと思います。Image4
     さて、10月14日(金)午前9時50分頃、港区六本木3丁目9番11号「メインステージ六本木」の外壁タイル張替え工事を終えて足場解体作業中、10階部分から作業員が誤って長さ1m87cm、直径3cmの鉄パイプ(筋交い)が落下し、折から六本木通り歩道を妻と歩行中の新宿区東五軒町2の2Image1無職飯村一彦(77)さんの右頭部を貫通し、病院に搬送されましたが脳挫傷で死亡されました。
     この事故を偶然、高速道路上から目撃した方は、作業員が「パイプを4~5本持っていて。ちょっと左の方へ動こうとした時に先が引っかかったかなんかで、一番上のパイプだけが落ちたんです」とテレビで語っていまImage3した。http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161015-00000067-fnn-soci
     また、施行業者の担当者は、「誘導員は2名、『アサガオ』の切れているところを含め、先側と手前側に1人ずつ立たせていたようです」と話していますが、高所作業員と声を掛け合って連携するなど、適切な歩行者誘導をしていたのか。また、この事故当時、現場監督は何処で何をしていたのか。きっと、施行業者は下請けの足場業者に、鳶職の派遣や警備員を一括要請したはずでImage1_2す。
     いずれにしても、
     「作業前の点呼を実施したか」、
     「現場責任者の存在と指示は」、
     「高所作業員は誰から指示を受けたか」
     「警備員はどんな指示を受けていたか」
     「アサガオ(落下防止の庇)の一部を外すように指示したのは誰か」 
     「路使用許可は取っていたのか。いたなら、その条件は」、
     「迂回歩道は設けていたか、設けていたなら適正な迂回路だったのか」
     などが調査のポイントになりそうですが、被害者への賠償は施工会社・足場会社・警備会社が責任度合に応じて補償するのでしょうか。
     そして想うことは、「上の物は落下する、立てた物は倒れる、丸い物は転がる」ことは自然の摂理であり、多くの労災の原因は「落下」「転倒」「巻き込まれ」であることです。また「足場」設置の目的は、作業員の転落防止、資材の運搬通路確保、端材・ゴミ・工具などの落下防止等の役割があります。年々、安全意識が高まり、事故は減少傾向と聞きますが、せっかく決めた安全対策や安全規則を無視するのも人間です。
      つまり、ヒューマンエラー(人間の不注意)と言われ、具体的には、
     ○疲労、高齢化   →「気力がなかった。疲れていた」
     ○錯覚・錯誤      →「うっかり・ぼんやりしていた」
     ○思い込み       →「こんなことをするはずがない」
     ○確認不足       →「何度もやったことがある作業だ」
     ○慣れ           →「慣れた得意な作業だ」
     ○危険軽視       →「この程度のことは、何時もやっていることだ」
     ○うぬぼれ      →「ベテランの自分だけは大丈夫だ」 
     ○近道行為      →「急がなくては、こっちが早い」
     ○省略行為      →「こんなことをしていては面倒なだけだ」
     などの不注意や軽視する傾向から、「人は誰でも間違える」ことを前提にして、KY(危険予知)活動や責任者の安全指示、作業員同士の相互チェックによって、危険予知と危険回避要領を思い起こさせ、無事故を貫きたいものです。Image4

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月14日 (金)

    停電で迷惑を被った知らざれる人達

     12日は午後3時前後、ディサービスの送迎時間帯と停電によるエレベーター停止が重なり、マンションなどに住む要介護者の自宅送り00579に困ったそうです。日常生活に必須の電気・ガス・水道・交通・通信などが遮断されますと、先進技術の恩恵を受けて生活している現代人、特に都会人は、各方面で困り果ててしまいます。介護関係者もその一人でしょうが、ご苦労はあまり知られていません。
      さて、10月12日午後3時30分頃から午後4時25分頃までの約1時間、東京電力の新座市野火止洞道内のケーブルからの発火で、板橋・北・新宿・杉並・豊島・中野・練馬辺りで最大約37万軒(延58万軒)の停電が発生し、交通信号や電車信号の停電、医療機関も大混乱、一般家庭でもテレビ、炊飯器、電子レンジ、パソコン、電話などが使用不可で困った様子がテレビで映されていました。000250002
      翌日、老人介護のヘルパーを家族に持つ方と話す機会がありました。
     23区という土地柄、一戸建てより鉄筋マンションや公団に住むお年寄りも多くなり、いつもならエレベーターを利用しているのが、停止されてはお手上げだったそうです。体重50キロ前後の方ならオンブで5階辺りまでなら何とかなるのですが、80キロ前後ある方だと2階がやっとだったと言います。それでもいつ復旧するか分からないので、男性職員総動員でオンブして送り届けたそうですが、ようやく「全000m_pic01員を送り届けた頃にエレベーターが復旧した。」と悔しがったそうです。最近では階段昇降機を準備した介護施設も多いそうですが、今回のような場面では役立たずで、結局は人海戦術となり、平素から足腰を鍛えておく必要を感じたとのこと。早く要護者をオンブやダッコもできて、介護保険も適用される「介護ロボット」が利用出来る日が早く来るといいですねと告げておきましたが、いずれ自分もお世話になるであろうことを忘れていました。
     

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    2016年10月13日 (木)

    自民完勝か「東京10区・福岡6区」

      次期衆院選を占うとされる、「東京10区」と「福岡6区」が10月11日告示、10月23日投開票。また、柏崎刈刃原発の再稼働に影響するとされる「新潟知事選」は、10月16日投開票の予定です。
     「東京10区」は、池百合子東京都知事の議員失職に伴う衆院補欠選挙。
     「福岡6区」は、鳩山邦夫元法相の死去に伴う衆院補欠選挙。
     「新潟県知事選」は、泉田知事の任期満了に伴う選挙ですが、自公推薦の森氏と共産・自由・社民推薦の米山氏が競り合う展開です。民進は、連合新潟が森候補支援に回り自主投票のようですが、民進の国会議員は米村氏を応援しています。
     しかし、「東京10区・福岡6区」は、自民が完勝すると目され「新潟県知事選」を含め、その勝ち方次第で安倍首相は早期に衆院解散を決断すると見られています。
     「福岡6区」は、自民本部が推す鳩山邦夫氏の次男で前福岡県大川市長の鳩山二郎候補と、福岡県連が推す県連会長・蔵内勇夫氏の長男の蔵内謙候補による分裂選挙です。まず蔵内候補には、県連のドンの顔を立ててか自民元幹事長古賀誠氏と副総理の麻生太郎氏が、同じ選挙カーの上から応援演説を行なう様子が映し出されていたほか、岸田文雄外務大臣も応援に駆けつけていました。
     また、鳩山二郎候補の応援で小池都知事は、「(福岡6区は)都知事選と図式が似たようなもの。二郎さんと私の立場は、まったく同じ」と鳩山邦夫氏の弔い合戦を強調した演説からも鳩山候補の優勢が固まった模様です。
     「東京10区」では、小池知事誕生に尽力した若狭候補が紆余曲折ありながらも、シッカリと自民公認です。先般の都知事選挙後には、都連のホームページから若狭氏の情報が削除された経緯がありましたが復活したのでしょうか。それに、若狭候補は葛飾生まれ、小学校からは足立で育った人で正に落下傘候補ですが、「飛ぶ鳥を落とす勢い」の小池都知事の応援を得てハンディを乗り越えています。
      この補選応援では、小池都知事と蓮舫代表の女の戦いも注目されています。
     安倍首相は、その結果と功績をジッと分析しているはずであり、その視線の先にあるものは何か・・・・・なお、蓮舫氏は意図的な二重国籍の疑いが強く、日本人にならずに中国人のまま立候補したと解釈され、国籍法14条違反となり当選無効になる可能性もあり、民進の支持には限界が見えます。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月12日 (水)

    日本は国連と九条信仰が強すぎる

     先日、フィリピンのドゥテルテ大統領が、国際連合(国連)の潘事務総長を「お前もバカの一人だ」、「世界の戦争を無くせ」、20161012image2「国連脱退も検討する」などと批判していました。きっと、今の国連は何の問題解決能力がない役立たずの上に、P5(常任理事国)と韓国以外の弱い国にケチを付けるだけの差別と偏見に満ちた存在に我慢出来なかったのでしょう。
     これも「戦後レジーム(戦後体制)」の一つでしょうが、日本は国連や憲法九条の崇拝者が多く鰯の頭の如く奉っていれば日本は安泰かのような印象を与えています。第一、「国連」は第2次大戦中に「連合国」の軍事同盟から発展した組織であり、今だに国連の敵国(枢軸国「車の軸」)は、日・独・伊、フィンランド、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、タイと定めているのです。
     なのに、日本は国連分担金は米国に次いだ支払いですから噴飯ものです。
     困っている敵に塩を送る形になっておらず、どこの国からも感謝されていません。
     とにかく、国連は第二次世界大戦の戦勝国の集まりであり、特に「パーマネント・ファイブ(P 5)」と呼ばれる、米国・英国・仏国・露国・中国(今の中国は戦勝国では000219974fdない)が半永久的に世界を独占する組織と見られています。その証に「P5」は、重要な場面ではバランス感覚は皆無で、自国の国益を優先させて拒否権を連発して、何も決まらないのが実態であり、更に、この「P5」は「武器輸出大国ベスト5」であることも忘れてはなりません。
     この無力な国連の事務総長が、韓国の潘基文氏から元ポルトガル首相のアントニオ・グテーレス氏に来年1月交代するそうです。なお、日本とポルトガルの関係は古く、 1543年に種子島に漂着したポルトガル人が鉄砲伝来とされていますが、世界地図には「1541年、ポルトガルが日本を発見」と記述されているというから面白いものです。とは言え、再び「ポルトガルが日本を推挙」などと期待してはなりません。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月11日 (火)

    余計な出費で敵国を疲弊させる策?

     孫子の兵法では「戦わないで敵を屈服させることこそ最善の策」とされ、信長や秀吉が得意とした兵糧攻めや水攻め、徳川幕府による参勤交代や城普請などの土木0003200_工事の強要で主に外様大名の経済を疲弊させたことが知られています。しかし、「兵法読みの兵法しらず」と言いますが、近年の日本人は「孫子の兵法」や「三國志演義」が好きなようで、応用されていないどころか、逆に、近隣諸国から見え見えの「孫子の兵法」でヤラレっぱなしとお見受けしています。
     まず、中国による尖閣諸島への挑発が益々エスカレートし、連日、遠隔地の尖閣に海上保安庁の巡視船派遣が余儀なくされることで、日本の経済的疲弊と根負けを狙っています。
      また、中国は日本の憲法改正に反対し、もっぱら守るだけでは莫大なカネのかかる「専守防衛」に拘わらせる対日工作を裏で行っています。さらに、中国は東京五輪開催の最終決戦では、自国が影響力を持つアフリカ諸国にも協力させて、最大12票を獲得させて東京に投票を仕向けて、今や五輪予算は3兆円に膨らみ日本経済を疲弊させようとしています。
     近年、五輪開催地は軒並み経済破綻や減速に追い込まれる現実があります。
      「アテネ五輪の数年後にギリシャ経済は破綻」、「北京五輪の直後から中国経済は減速し軍事的膨張が始まる」、「ロンドン五輪の直後からイギリス経済は停滞し、EU離脱を決定」、リオ五輪では開催前からブラジル経済の危機が叫ばれていました。
     そして、安易に引き受けた東京五輪も、建設費高騰などですったもんだです。
     この現状を心配しているのであろうIOCのバッハ会長が、18日に来日し小池百合子知事と会談するそうですが、当初目指した震災復興を堂々とアピールしつつ、「既存施設を活用したコンパクトで世界一カネのかからない五輪」の基本原則に立ち返ることは出来るのでしょうか。そして、余計な出費をさせて敵国を疲弊させる策から脱することは出来るのでしょうか。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月10日 (月)

    築地市場の汚染は心配しないのか

     昭和29年11月公開された映画ゴジラは、水爆実験の衝撃で1959_3img_9長い眠りから覚めビキニ環礁の海底から出現した太古の怪獣という設定でしたが、構想は第五福竜丸の被爆が社会問題化していたことがヒントだそうです。
     さて、昭和29年3月1日、米国はマーシャル諸島ビキニ環礁で、広島原爆の約千倍の威力の水爆実験を実施したところ、公海上のマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員23人が被爆。二週間後に母港の静岡県焼津港に乗組員が頭髪が抜け落ちながら帰港し、協立焼津病院(現・市立焼津病院)で受診したことを読売新聞焼津通信部の安部光恭記者が、下宿先の娘から「第五福竜丸がピカドンに遭ったらしい」と聞いたことと、3月10日発生の幼女誘拐殺人「三島事件」の取材中偶然に察知し、3月16日、読売新聞がスクープで報じ日本中を震撼させました。
     当時、4歳の小生は郷里・富士宮で生活していたのですが、その騒動は長く尾を引き幼稚園や小・中学校当時でも、頭が雨に濡れると髪が抜ける、マグロ類は放射能に汚染されているなどの風評に脅えて育ったものでした。Image3
     また、第五福竜丸から水揚げされたマグロなどを、同年3月15日築地市場へ卸したところ、強い放射性物質が検出され築地市場は大混乱したそうです。そのマグロなどは築地市場内の地中に埋められ、その地点に「原爆マグロ」の塚を建立し、放射能汚染の恐ろしさを今に伝えているそうです。なお、現在は大江戸線・築地市場駅の出入口付近の外壁に記念プレートが掲げられ、そのプレートには、
     「1954年3月1日、米国が南太平洋のビキニ環2016_image008礁で行った水爆実験で被ばくした第五福竜丸から水揚げされた魚の一部(約2トン)が同月16日築地市場に入荷しました。国と東京都の検査が行われ、放射能汚染が判明した魚(サメ、マグロ)などは消費者の手にわたる前に市場ないのこの一角に埋められ廃棄されました。・・・・・」
     マグロ塚を作る会1999年3月1日とあります。
     また、この事件を機に、杉並区の主婦や杉並区公民館館長らが「汚染マグロが日本人の食卓を脅かす」と呼びかけた署名活動が社会問題に発展して原水禁運動が誕生したのですが、同時期に「第五福竜丸」の母港近くの島田市や焼津市でも署名活動が行われ、約2千人の署名を集めていたことは余り知られていないことです。あんなに大騒ぎして築地に埋めた「原爆マグロ」のことは無視して、豊洲の環境基準以下の汚染を大問題にしていますが、築地市場の不衛生な環境も同時に知るべきです。
    Image1_2

    築地市場が想像を絶するほど不衛生な件  
     花田紀凱「月刊HANADA」編集長|「週刊誌欠席裁判」
     https://youtu.be/-S6VnBDdIPM 

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 9日 (日)

    豊洲の地下空間は技術者の英知か

     都の内部で情報が十分に共有されていなかったことは別問題にしてImage2、豊洲の「地下空間は、非常に正しい選択だった」と擁護されたことは、あたかも「何か巨悪があるのでは・・」「手抜きがあったのでは・・」と騒がれ、発言し難い中にあって、技術者らを擁護する意見は一定の評価をすべきと思います。
     先日、豊洲移転をめぐる問題を協議する「市場問題プロジェクトチーム会議」で、佐藤尚巳建築研究所の佐藤尚巳氏は、盛り土をして地下ピットを作るやり方は無駄だと言われるとし、「どっちが得なのか、都の技術担当者は考えていたと思う」、「地下空間はコストのかかった空間ではない」、「これを作ったのは英知であり、決して責められることではない。」と都の技術担当者を擁護しています(動画47分頃から)。また、溜り水についても、「地下ピットならなかなか気づかないが、地下空間を残したことですぐに発見して調査できた。」と評価し、今後、都の地下水管00000img_6_m理システムが作動し、監視カメラで24時間モニタリングすれば、完全性確保は十分に可能だと語っています。
     なお、地下空間のことは、2008年当時からの技術会議の資料に地下施設があることの記載や、「切り土はいいが盛り土の上には建物を建てるな!、地震に弱い」などのことは会議で何度も論じられていることも判明。それなのに、当時の新聞記者や都議会は何をしていたのか・・・・今になっての騒ぎ出すのはなぜ・・・・マスコミや関係者が怒っている理由は、「こんなに良い方法を我々に知らせず勝手に採用した」ということでしょうか。また、築地の老朽化は勿論、地中に第五福竜丸等が積んできた被ばくマグロが埋められた噂や、野ざらしで全く温度管理は出来ない上、ネズミやゴキブリ、ハエ、土鳩、猫などが自由・勝手に出入りし、豊洲どころではない不潔な現状も知るべきと思います。
    追記】今日9日の「ビートたけしのTVタックル」で、たけしが良いこと語っていました。「どうせ早かれ遅かれ豊洲に行くんだろ、それなら外国辺りから権威ある学者か専門家を呼んできて、お墨付きをもらって早く移転すべきだ。」と言う主旨でした。
    【豊洲盛り土問題】第1回 市場問題プロジェクトチーム会議 2016年9月29日   https://youtu.be/HoRQqtcK0d0  
     佐藤尚巳氏の発言は動画47分頃からです。
     佐藤です。
     私は建築の設計を主にやってるもので、大規模建築をいくつか手掛けた経験からこれほど大きくはないんですが、いくつか意見を申し上げたいと思っています。
     先ほど地下空間の問題は、この委員会では扱わないということを仰いましたけれども構造の問題の地下空間の点にも関わりますので、また、それから、非常に大きな誤解を招いている部分がありますので、それについてちょっと申し上げたいと思います。地下空間と呼んでる部分は建築で言うと一般的には地下ピットと言うものを作ってですね、それは構造の1階の床を支えるための基礎梁があって、その基礎梁の下にコンクリートのスラブを作ることによって地下のピットが構成されます。そのピットには排水管であったり、ガス管であったり、電気管であったり、また、たまにダクトが通ったりするわけですけれども、そういう設備に使われる空間になります。それが今回はかなり深いところまで空間として利用しているということで地下空間という呼ばれ方をしました。
     ここには2つの問題があるんですが、1つは誤解された一番大きな問題は、地下に大きな空間を作ったことによって、
    物凄い出費をしてるんじゃないかという、そういう一つの誤解があると。もう一つはこの地下空間、いったい何のためにあるの?という構造については、上手く説明しきれてないという問題だろうと思います。
     ---中略ーーーー
     技術担当のトップの方も当然それは報告されていたし、技術者であればそのぐらいのそろばん勘定はすぐやります。恐らく皆さんが自分の住宅を作るときに1メートルの土盛りをして75センチ削って工事をするというような提案があった場合にバカじゃないかと、なんでそんな無駄なことをするんだと、言うに決まってますよね。
     で、実際それをやらなかったというのは、都庁の
    技術担当の方の私は正しい判断であったと思うし、あのそれが報告されていない、シェアされていないというのは大きな問題ですよ、ですけども技術的な判断としては、盛らないで下から建物を作ったというのは非常に正しかった。というのは、今回のケースは上から掘っていくんじゃなくて下から掘れていたところから作り始めた建築だったわけです。そこが大きな違いです!ですからこの地下空間というのは決して高い、コストのかかった空間ではありません。それが一つです。それからもう一つの、何故この空間が必要だったかという話なんですが先ほどご説明したように地下には非常に多くの配管類あるいはダクト類が走ってます。
    皆さんも写真撮られて十分認識されていると思いますが、設備というのは大体20年から25年で更新をする時期が来ます。必ずやり替えたり悪いものを取りかえるということが必要になります。
     それで、これをもし地下ピットとして作ってた場合、建物の下には恐らく250から300くらいの小部屋がザ~ッと並んでるわけですよ。そこに60センチの直径の人通口、先日現地を見た時に、皆さん通ったと思うんですが、それを通りながら真っ暗な空間を進みながらですね、その地下に配管された設備類を保守点検するということが現実的なことかどうか、実際それは非常に不可能に近いくらい大変なことですよね。酸欠になるかもしれない、真っ暗な空間だし、通り抜けらんないから、なかなか行けるとこもいけない。で、それを考えたらですよ、あと1メートル余分にして土盛りをせずに下から大きな空間を作り必要な基礎梁っていうのは、床から2メートルくらいですからその下に2メートル空いてるわけです、実際。皆さんご覧になったように、「なんだこの空間は」という非常に大きな空間が開いている。
     ところが実際はその空間は設備にとっては非常に重要な空間であって簡単に問題があるところが見つけられますし、問題があった時には簡単にそこにアクセスして、そこを取り換えたりすることが出来る。或いは20年後でなくても40年後にですね、こういった配管を絶対やり変える時期が来るわけですよ。そういう時に地下ピットだったらどうにもならないんです。
     ですけどもこの地下空間があることによって、
    この建物の保守メンテ性というものは格段に上がる。それによってですねこの豊洲の市場の、要は長寿命化と言いますか50年先70年先でも十分使えるって言いますか、更新をしながら使っていくというそういう非常に重要な空間が出来たわけです。でこれを作ったということも私は都の技術系の方の僕は英知だと思いますし、決してこれはですね、責められることではないと思います。あの、単純に技術の話をしているんですよ。
     ---中略ーーーー
     、安全性については十分評価できるし、そう言う特殊な構造ではあるんですけれども、私は安全は担保されてる。で、もう一つ申し上げたいのは、この地下の空間があったことによって地下水が染み出してきたときに、すぐ発見できて、またその地下水を採取してそれを調査することが出来た。もしこれが地下ピットだったらですね、入っていけないんですよ、そもそも。
     で、地下ピットに水が溜まってること自身、恐らく誰も気づかない。そういう状況で20年30年放っておかれて、ホントに良かったんですか?って言う話。だからここで水が入ってきたことによって、それが分かったということとそれからそれを適切にモニタリングをすれば安全性が確認できるという意味においても、この地下空間というのは非常に有用な空間であったというふうに思います。で、地下水が上がってきた最大の原因は本当はA.P.1.8という、砂利の下よりも20センチ下のレベルで地下水をコントロールするはずの「地下水管理システム」というのがまだ作動していないという状態ですから、当然雨が降って地下の水量が上がってくると建物の中に水が入って来る。これはもう当然の結果です。
     ですから今後は早く水を抜いてですね、適正なA.P.1.8というレベルに地下水を管理することと、万一、地下水が別ルートで入ってきたとしてもですね、例えばそこに監視カメラを設置するとかすればですね、で、監視カメラの映像を24時間それこそ市場の誰の目にも留まるようなところに置いとけばいいわけですよ。で、そういうようなことをすることによって、非常に監視もできるし、それに対する衆目で監視できることもできるし、そういった意味で安全性の確保は今後十分可能であろうと言うことで、私はこの安全性、地下空間については非常に正しい選択であったし東京都の技術系の役人の方の名誉にかけてですね、これは私は
    正しい選択であったというふうに思います。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年10月 7日 (金)

    「平兵衛まつり2016」は10/8開催

     国分寺市光町二丁目の「鉄道総合技術研究所」は、鉄道ファンにとっては聖地のような場所と聞いています。Image1_2この研究所で、10月8日(土)午前10時00分から午後3時30分まで「平兵衛まつり2016」の開催ですが、同研究所の年1回の一般公開日でもあります。毎年の日にちは決まってなく、「鉄道の日(10/14)直前の土曜日に一日だけ開催されているそうです。
     「鉄道総合技術研究所」は、昭和30年代、新幹線「ひかり」が開発されたところであり、数年前はNHKの「ブラタモリ」で、先日は「ぶらり途中下車の旅田山涼成が中央線でぶらり~」の番組でも紹介されています。
     場所は、国分寺市光町二丁目8番地38に所在し、JR国立駅北口から徒歩10分の距離で、我が社とは弁天通りを挟んで隣接しており、かつては、中央線からの引込み線を通過する電車や、人の動きも確認出来ましたが、現在では間に高い建物が建設され見ることは出来ません。この「光町」という地名は新幹線「ひかり」号にちなんで、「平兵衛新田」から昭和41年2月1日の「町名整理」で誕生しています。
     因みに、江戸時代の新田開発のことを調べてみますと、武蔵野台地に承応三年(1654)に玉川上水が開削し、翌、明暦元年(1655年)に野火止用水が開削されると人の住める最低限の条件が整ったのでした。そして、享保年間(1716~1735)には、「享保の改革」と呼ばれる8代将軍吉宗による幕府の財政再建の為、新田開発や倹約政策の一環から、原野であった武蔵野に「平兵衛新田」などの新田開発が行われました。この当時、国分寺辺りでは、中藤新田分水、平兵衛新田分水、戸倉新田分水、榎戸分水、野中分水などで、全ての農家で用水を利用できるようになったそうです。「平兵衛まつり」の名称は、旧地名と地元に敬意を払っているからでしょう。
     祭りには明日行って来ますので、写真はその後追加致します。
    追記
     10月8日の午前中は大雨でしたが、正午過ぎにはピタリと止みましたので、昼休み時間を利用して訪問してみました。社員食堂を利用して食事後に、午後1時丁度から線路の切断や接合の実演を見学して来ました。いろいろ勉強になりました。
    Img_6660Img_6610 Img_6623Img_6630Img_6641Img_6644

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    ロシアの夢か「シベリア鉄道日本延伸」

     「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とあるように、徳川幕府は江戸防衛のため大井川に橋を造らせなかった。また「日韓トンネル構Image想」は、国防・治安の悪化、経済性が無いなどの問題から頓挫しています。
     さて最近、北方領土返還交渉の目玉として、「シベリア鉄道の延伸計画」が、まことしやかに語られています。シベリア鉄道が走るユーラシア大陸から間宮海峡(約7キロ)と、宗谷海峡(約42キロ)に橋か海底トンネルでつなぐ構想で、実現すれば、日本からモスクワや欧州を陸路で結ばれます。現在でも、「シベリア鉄道の旅」はウラジオストックからはモスクワまで約9,300Kmを6泊7日、総額15万円程度で隠れた人気だそうですから、一見、壮大で魅力的な構想です。
     しかし、これが日本まで延伸となると問題も多すぎると見られています。000650bb9e
     確かに、延伸すれば天然ガスや石油の輸送も可能になり、物流・観光など経済・人的交流も活発化するでしょうが、この国から日本は、随分と辛酸を舐めさせられた歴史を忘れてはなりません。特に、不可侵条約破棄や領土略奪、70万人近くの日本兵らが、極寒の中でシベリア鉄道建設など過酷な強制労働を課せられたことなどです。そして今度は、日本の資金と技術で、シベリア鉄道延伸となれば自分で自分の首を絞めるようなものか・・・
     かつて(今も?)、ロシアは不凍港を求めて南下政策を始めたことは、世界中で大変な脅威でした。その結果が、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)間の露土戦争であり、クリミア戦争、日露戦争など数々の紛争でしょう。 このシベリア鉄道の建設も南下政策の一環とみられ、往来が簡単になることは「ロシアの夢」が叶うことでしょうが、日本にとっては、世界に暗躍するスパイやテロ組織の出入りも容易になることでリスクも伴うはずです。現段階で、この計画は最大脅威の中国を牽制する効果は高いと見るものの、長い目で見て、吉と出るか凶と出るか、「軒を貸して母屋を取られる」結果にならないことを祈っています。
    シベリア鉄道の北海道延伸を要望  
     ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める
      http://www.sankei.com/world/news/161003/wor1610030001-n1.html

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 6日 (木)

    北方領土「3.5島返還」実現に期待

      期待し過ぎると決裂したときの反動が強いのですが、今回はこれまでImage1と空気が違うと感じています。10月4日の夕方 FM93ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」で、軍事評論家の小川和久氏が国際情勢を理路整然と分かり易く解説していました。ロシアとの北方領土問題の解説(31分頃から)では、2013 年 12 月 4 日発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の初代局長・谷内正太郎氏の交渉術を高く評価しつつ、北方領土「3.5島返還」も有りうると期待Image3していました。  
     近年、浮上していた「2島先行返還はな」と安倍首相は国会で明確に答弁していましたので、あるとすれば「4島一括返還」か「面積等分返還論3.5島分)」と言われています。谷内局長は、北方四島の面積等分返還論(3.5島分)の提唱者だそうで、プーチン大統領の言う引き分けと同じ意味と見られています。つまり、これで決まれば歯舞・色丹二島は当然として、国後島、更に択捉島の南西部約5分の1が返還対象になるわけです。また、択捉島の北側は、ロシアの原子力潜水艦が潜ったまま通過する海域で、そこに自衛隊や米軍がいて欲しくないことや、シベリアの共同開発は当然として、「ボストチヌイ宇宙基地」での宇宙分野での協力も有りうるなどと解説していました。
     果たして、「4島一括返還」に固執する勢力も強い中でどうなるか・・・・・
     また、択捉島の陸地に国境ができることで、面倒なことは起こらないのか・・・・
     それとも、国境の町として観光化や緩衝地帯特区として開発されるのか・・・・・
     当面は、日露戦略対話を来週の中頃に、モスクワで3年ぶりに開催されるそうで、杉山晋輔外務次官が訪露し、ロシアのチトフ第1外務次官と会談し、北方領土問題や日本政府が打ち出した8項目の対露経済協力などを協議するするようです。また、対露経済協力の一つに、シベリア鉄道をサハリンから北海道まで延伸する大陸横断鉄道の建設案が浮上しているそうですが、価値観が違い過ぎる大陸国家と海洋国家の接続は議論を呼ぶことでしょう。
     なお、8項目の対露経済協力とは、
     (1) 健康寿命の伸長
     (2) 快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り
     (3) 中小企業交流・協力の抜本的拡大
     (4) エネルギー
     (5) ロシアの産業多様化・生産性向上
     (6) 極東の産業振興・輸出基地化
     (7) 先端技術協力
     (8) 人的交流の抜本的拡大
    日露外務次官、「戦略対話」をモスクワで開催へ
    2016/10/4 ザ・ボイス 小川和久   https://youtu.be/MDLuhiV88zQ

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 5日 (水)

    奈良は古代ペルシャと強い関係?

     今のイラク南部からクウェート辺りは、昔「メソポタミア」と呼2016105_image1_2ばれ、世界最古のメソポタミア文明が栄えた地ですが、東西交通の要衝として重要な地域であることからか、幾多の古代国家が入れ代わって支配し、紀元前6世紀頃には「ペルシア帝国」の一部となってしまいました。しかし、7世紀以降は急速にイスラム化し、大イスラム王朝の一部となり、ペルシア文明は一見断ち切られてしまいました。
     ところが、ペルシア文化は今でも宗教や芸術で世界に広がっており、日本にもシルクロードを通って、奈良の正倉院に古代ペルシア製の宝物 が納められているなど、ガラスや銀製品に強い影響を受けています。現代社会でも、ペルシア絨毯やペルシャ猫、工芸品などがエキゾチックな魅力を伝えています。また、昭和30年代、黒柳徹子主演の「魔法のじゅうたん」もペルシア文明を強く感じさせていました。
      さて、奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、ペルシャを意味する「破斯(はし)」という名字を持つ役人の名前が書かれていたことが、今日の読売新聞に掲載されました。平城宮跡の発掘調査で出土していた木簡は、文字が薄く肉眼では一部が判読不能でしたが、今年8月、赤外線撮影をした結果、役人を養成する「大学寮」でのペルシャ人役人の宿直に関する勤務記録で、「破斯」という名字を持つ「破斯清通」という人名と、「天平神護元年(765年)」という年号が判明したそうです。
     なお、ペルシアの語源は、騎馬者を意味する「ペルシス 」だそうですし、イラン辺りの文明は、メソポタミア文明やペルシャ文明を引き継いだもので、仏教も実際はインドではなく「仏教西アジア(メソポタミ ア)」起源説が有力とされますから、東大寺に大仏が745年着工(完成まで約40年)された当時、奈良の古都平城京にペルシャの役人が勤めていても何ら不思議ではないのか・・・・・
    http://mik2005.jp/shosoin/kids/shosoin.html000shosoin_photo03

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 4日 (火)

    今年もノーベル賞の季節です

     今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが選ばれました。おめでとう御座います。ここで、世界最高権威の賞にケチを付けるつもりはありませんが、ユダヤ人は世界人口の僅か0.25%なのに、ノーベル賞の3分の1以上を受賞しているというから凄いことです。そのユダヤ民族には2種類あって、「民族としてのユダヤ人」と、「ユダヤ教の信者だからユダヤ人」と0000158ult語る人々に分けることが出来るそうです。ただ、他民族からのユダヤ人への差別と迫害は古くて長いものがあります。
     本来のユダヤ人は、紀元前40世紀メソポタミア地方(今のイラク辺り)で栄えていました。しかし紀元前17世紀当時、カナン(パレスチナ)に飢饉が起こり、一部のユダヤ人は、当時、栄えていたエジプトに身を寄せるのですが、結果的には奴隷扱いにされています。奴隷の身となって400年後、ユダヤ民族に予言者モーセが現れ、約60万人のユダヤの民を率いてエジプトを00000b2308脱出してイスラエル目指すのですが、ユダヤ人の離散が始まり国を持たない流浪の民族となります。
     片や、黒海沿いに栄えた遊牧民族の「ハザール帝国」は、8世紀末~9世紀にかけて、全国民がユダヤ教に改宗する離れ業を見せます。「ハザール人」は白人で、旧約聖書に登場する本来の「契約の民・ユダヤ人」ではありません。ところが、この「ハザール」も10世紀には滅亡し、各地へ離散するのです。当時、8世紀から11世紀まで続いた第2次ゲルマン人大移動のさ中で、身軽な遊牧民族が豊かに土地を目指すことは何ら不思議なことで無かったのでしょう。
     時は流れて、現在のイスラエルでは白人のハザール人が主役で、本来のユダヤ人は脇役どころか二等市民扱いですから、まるで、他国人の身分・戸籍を乗っ取った「背乗り」のようなものか・・・・
     ところで、ユダヤ人を「戦争屋」「死の商人」などと悪口を言うこともありますが、その代表が「ロスチャイルド家」や「ロックフェラー家」などの大富豪で、日露戦争では巨額の戦費を日本に貸し付けたのが「ロスチャイルド家」として有名です。また、ダイナマイトの発明で大儲けしたノーベルもユダヤ人で、「ロスチャイルド家」とノーベルは仲間と言われています。しかし、ノーベルは戦争で大儲けしたことで「死の商人」と呼ばれることを嫌い、死後の評価を気にして財産を「人類のために最大たる貢献をした人々に分配」して欲しいと遺言したことがノーベル賞の始まりとされます。
     そして、ノーベル賞受賞のユダヤ人は全て「ハザール人」の末裔のはずです。
     いずれにしても、ノーベル賞は世界最高権威の賞と評価されるのですから、結果オーライと見るべきか・・・・それとも何か陰謀が隠されているのか・・・・米国大統領選挙にも影響力を与えるという。

    0020151026image_2

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 3日 (月)

    至言?「便所の中で寿司食えるか」

      10月2日のフジテレビ「新報道2001」の中で、豊洲の問題を問われた東0020161028_o京ガス元社員が「バカいっちゃいけないね、いくら掃除したって、便所のなかで寿司食えるかって!」と語っていました。
     また、東京ガスの豊洲跡地は土壌汚染ばかりでなく地盤沈下も激しく、ガスタンクが地盤沈下で、土の部分が、1メートル以上も下がり、当然、支柱部分が見えるようになり、その支柱の下を人が自由に通れる様になってしまったそうです。それが原因なのか、豊洲新市場の建物の柱が傾いている?という「疑惑」も報じられていました。
     それに番組の中で、片山善博氏は「地下空間を決めた責任者を特定できないこともある。役所はなんとなく、こうなりましたという説明が多い。開戦をどこで決めたか分からない第二次世界大戦と同じ・・・・」という主旨の発言も注目されていました。
     果たして、今後の展開にどのように影響するのか・・・・・

    ImageImage1Image5

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    日本も自国の難民問題解決が先

     英国は、押し寄せる難民・移民を制限するため、EU離脱を選択してEUのルールから解放され、且つ、ギリシャ、ポルトガル、スペインなどの寄生虫国家と手を切ることを選びました。 勿論、EU諸国との貿易に関税がかかることやポンドの価値が下がり経済悪化も覚悟の上です。しかしこのことは、将来の日本を暗示しているとも言われており、外国からの難民・移民受け入れは、国内の難民問題を解決してからにして欲しいも7348のです。難民受け入れは、「人道的配慮から重要」と言われたら、誰もが反対し難いことですが、実際は自分の「頭の上の蝿も追われぬのに・・・」と言うことです。
     最近、路上生活のホームレスだけでなく、住み家がなく寝泊まりをインターネットカフェを利用するネットカフェ難民や成人しても親に寄生するニート、或いは、東北や熊本の震災被災者の皆さんも「国内避難民」の一つの形態と知りました。昨年の数字ですが、全国のホームレスは8,265人で、大阪府や東京都など大都市に集中しているようです。また、ニートやネカフェ難民の数字は不明なものの、震災難民は2016年1月時点で約18万人という数字があります。他国の難民・移民を心配するなら、まず、これら国内の深刻な問題に優先して取り組むべきと思います。そして、近く避けることが出来ないとみられる朝鮮半島有事には、大量の難民が漁船などで南北から押し寄せると予測されています。これに、国や日本国民は何か特別の対策や覚悟は持ち合わせているのでしょうか。
     66年前の朝鮮戦争の直前やさ中には、半島から日本への密航者は20万~40万とも推定され、その密航者や子孫の多くは、現在では特別永住資格を付与され、旧日本国籍保持者として特殊な地位にあり、元々日本に愛着を持たない人達が治安問題などに暗い影を落としているのです。そして当時より、更に強力な反日教育を受けた人々が大挙して押し寄せたら一体どうなるのか・・・・・まずは、日本国内の「国内避難民」と呼ばれる人たちの対策を強化することで、国民を安心させて欲しいものです。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2016年10月 2日 (日)

    自動車の後退灯は1個でいい

      最近、お客様の車をバック誘導していますと、バックランプが一個しか点灯しImage1ていないことに気付き、「バックランプが一個しか点いていませが・・・・」と伝えますと、「バックランプは自分では確認出来ないので・・・」と感謝されました。しかし、お客様がお帰り後に調べますと、長さが6m以下の普通の自動車にあっては「後退灯は1個又は2個でいい」と知り、慌てて訂正のご連絡を入れたことがありました。
     調べますと、スバルのレボーグやフォレスター、寒冷地仕様のプリウスあたりは左側1個だけで、右側はリアフォグランプが内蔵されているのだそうです。
     殆どのドライバーは、ご自分一人でライト周りなどの士業点検を行っていると思いますが、駐車場所の後方に壁や鏡などがあって、その反射からバックランプやウィンカーの状態を運転席から確認できる方は少ないと思います。
     「後退灯は1個」でいいという根拠は、「道路運送車両法の保安00backlamp2基準」に規定してありますが、一個が原因で事故が多発するようなら、自動車メーカーも見直すのでしょうが、その車のバックランプはLEDなのか、かなり明るく感じました。それに、お客様がメーカーにクレームを入れてからでは、お互いに恥をかくところでした。
    [PDF](後退灯) 後退灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準 http://www.mlit.go.jp/common/000187662.pdf
    長さが6mを超える自動車(専ら乗用の用に供する自動車であって乗員定員 10人以上の自動車及び貨物の運送の用に供する自動車に限る。)にあっては 2個、3個又は4個
    ロ 
    それ以外の自動車にあっては、1個又は2個

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    « 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »