« 自民完勝か「東京10区・福岡6区」 | トップページ | 六本木の鉄パイプ落下事故に想う »

2016年10月14日 (金)

停電で迷惑を被った知らざれる人達

 12日は午後3時前後、ディサービスの送迎時間帯と停電によるエレベーター停止が重なり、マンションなどに住む要介護者の自宅送り00579に困ったそうです。日常生活に必須の電気・ガス・水道・交通・通信などが遮断されますと、先進技術の恩恵を受けて生活している現代人、特に都会人は、各方面で困り果ててしまいます。介護関係者もその一人でしょうが、ご苦労はあまり知られていません。
  さて、10月12日午後3時30分頃から午後4時25分頃までの約1時間、東京電力の新座市野火止洞道内のケーブルからの発火で、板橋・北・新宿・杉並・豊島・中野・練馬辺りで最大約37万軒(延58万軒)の停電が発生し、交通信号や電車信号の停電、医療機関も大混乱、一般家庭でもテレビ、炊飯器、電子レンジ、パソコン、電話などが使用不可で困った様子がテレビで映されていました。000250002
  翌日、老人介護のヘルパーを家族に持つ方と話す機会がありました。
 23区という土地柄、一戸建てより鉄筋マンションや公団に住むお年寄りも多くなり、いつもならエレベーターを利用しているのが、停止されてはお手上げだったそうです。体重50キロ前後の方ならオンブで5階辺りまでなら何とかなるのですが、80キロ前後ある方だと2階がやっとだったと言います。それでもいつ復旧するか分からないので、男性職員総動員でオンブして送り届けたそうですが、ようやく「全000m_pic01員を送り届けた頃にエレベーターが復旧した。」と悔しがったそうです。最近では階段昇降機を準備した介護施設も多いそうですが、今回のような場面では役立たずで、結局は人海戦術となり、平素から足腰を鍛えておく必要を感じたとのこと。早く要護者をオンブやダッコもできて、介護保険も適用される「介護ロボット」が利用出来る日が早く来るといいですねと告げておきましたが、いずれ自分もお世話になるであろうことを忘れていました。
 

|

« 自民完勝か「東京10区・福岡6区」 | トップページ | 六本木の鉄パイプ落下事故に想う »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今回の大規模停電で山東参院議員などはテロリストにエサをやることになるから情報開示はしない方がいいとの趣旨の事を語っていたが筋違いもいいところであり、どこをどう切っても停電にならないような送電網を構築するべきではないかと主張するべきで、特にこれから五輪を開こうかという都市にそのような脆弱性が露呈するようでは世界に示しがつかないところで、そろそろ今年のノーベル文学賞がボブ・ディラン氏に決まったが、確かに「歌詞」も音楽を付けずに文字に起こせば単なる「詩(ポエム)」であり文学作品となり得る上に、ノーベル文学賞も過去に何度も詩人が受賞し、小説でなければならない決まりはないが、それにしても毎年下馬評に挙がりながら村上春樹氏は未だに受賞できない状態が続いており、欧米人のアジア人蔑視によるものかと言えば中国人が受賞しているからそうとは言えず、どうも村上氏が脱原発を主張するから原発再稼働を推進したい現政権としては彼が受賞して反原発派に勢い付かれると都合が悪いため実は選考委に圧力をかけているのではないかと邪推されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月14日 (金) 10時05分

「メインステージ六本木」と「青山メイン企画」についても言及頂きたいかと。御社も建設会社として他人事ではないはずです。

投稿: | 2016年10月14日 (金) 18時42分

あと、「アール・エヌ・ゴトー」についても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月15日 (土) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67936038

この記事へのトラックバック一覧です: 停電で迷惑を被った知らざれる人達:

« 自民完勝か「東京10区・福岡6区」 | トップページ | 六本木の鉄パイプ落下事故に想う »