« 世論の追い風を味方に小池知事 | トップページ | 日本も自国の難民問題解決が先 »

2016年10月 2日 (日)

自動車の後退灯は1個でいい

  最近、お客様の車をバック誘導していますと、バックランプが一個しか点灯しImage1ていないことに気付き、「バックランプが一個しか点いていませが・・・・」と伝えますと、「バックランプは自分では確認出来ないので・・・」と感謝されました。しかし、お客様がお帰り後に調べますと、長さが6m以下の普通の自動車にあっては「後退灯は1個又は2個でいい」と知り、慌てて訂正のご連絡を入れたことがありました。
 調べますと、スバルのレボーグやフォレスター、寒冷地仕様のプリウスあたりは左側1個だけで、右側はリアフォグランプが内蔵されているのだそうです。
 殆どのドライバーは、ご自分一人でライト周りなどの士業点検を行っていると思いますが、駐車場所の後方に壁や鏡などがあって、その反射からバックランプやウィンカーの状態を運転席から確認できる方は少ないと思います。
 「後退灯は1個」でいいという根拠は、「道路運送車両法の保安00backlamp2基準」に規定してありますが、一個が原因で事故が多発するようなら、自動車メーカーも見直すのでしょうが、その車のバックランプはLEDなのか、かなり明るく感じました。それに、お客様がメーカーにクレームを入れてからでは、お互いに恥をかくところでした。
[PDF](後退灯) 後退灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準 http://www.mlit.go.jp/common/000187662.pdf
長さが6mを超える自動車(専ら乗用の用に供する自動車であって乗員定員 10人以上の自動車及び貨物の運送の用に供する自動車に限る。)にあっては 2個、3個又は4個
ロ 
それ以外の自動車にあっては、1個又は2個

|

« 世論の追い風を味方に小池知事 | トップページ | 日本も自国の難民問題解決が先 »

10、初めて知ったこと。」カテゴリの記事

コメント

確かに法律上は1灯でいいかもしれないが、やはり「2灯あれば防げたのに」という事故が起きないかどうか、特に大人より判断能力の乏しいお子さんがライトのついていない真っ黒なものが近づいてきた時に直ぐに避けきれるかどうかといったことは我々大人が常に気をつけてゆかねばならないところで、そろそろ都政ばかりに世間の注目が集まる中、国政の方では何やら安倍首相演説時の「スタオベ」がどうのでもめているが、そんなこと言ってたらスタオベなんて米議会じゃ当たり前だし、そんなくだらないことでもめてるんなら、今年中(特に米大統領選後)にも暴発が懸念される北朝鮮について、大量の難民がシリア難民のごとくボートピープルになって日本海に押し寄せてきた時に日本はどう対処するのか?についての検討を急ぐべきことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月 2日 (日) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67758676

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車の後退灯は1個でいい:

« 世論の追い風を味方に小池知事 | トップページ | 日本も自国の難民問題解決が先 »