« 日本は国連と九条信仰が強すぎる | トップページ | 停電で迷惑を被った知らざれる人達 »

2016年10月13日 (木)

自民完勝か「東京10区・福岡6区」

  次期衆院選を占うとされる、「東京10区」と「福岡6区」が10月11日告示、10月23日投開票。また、柏崎刈刃原発の再稼働に影響するとされる「新潟知事選」は、10月16日投開票の予定です。
 「東京10区」は、池百合子東京都知事の議員失職に伴う衆院補欠選挙。
 「福岡6区」は、鳩山邦夫元法相の死去に伴う衆院補欠選挙。
 「新潟県知事選」は、泉田知事の任期満了に伴う選挙ですが、自公推薦の森氏と共産・自由・社民推薦の米山氏が競り合う展開です。民進は、連合新潟が森候補支援に回り自主投票のようですが、民進の国会議員は米村氏を応援しています。
 しかし、「東京10区・福岡6区」は、自民が完勝すると目され「新潟県知事選」を含め、その勝ち方次第で安倍首相は早期に衆院解散を決断すると見られています。
 「福岡6区」は、自民本部が推す鳩山邦夫氏の次男で前福岡県大川市長の鳩山二郎候補と、福岡県連が推す県連会長・蔵内勇夫氏の長男の蔵内謙候補による分裂選挙です。まず蔵内候補には、県連のドンの顔を立ててか自民元幹事長古賀誠氏と副総理の麻生太郎氏が、同じ選挙カーの上から応援演説を行なう様子が映し出されていたほか、岸田文雄外務大臣も応援に駆けつけていました。
 また、鳩山二郎候補の応援で小池都知事は、「(福岡6区は)都知事選と図式が似たようなもの。二郎さんと私の立場は、まったく同じ」と鳩山邦夫氏の弔い合戦を強調した演説からも鳩山候補の優勢が固まった模様です。
 「東京10区」では、小池知事誕生に尽力した若狭候補が紆余曲折ありながらも、シッカリと自民公認です。先般の都知事選挙後には、都連のホームページから若狭氏の情報が削除された経緯がありましたが復活したのでしょうか。それに、若狭候補は葛飾生まれ、小学校からは足立で育った人で正に落下傘候補ですが、「飛ぶ鳥を落とす勢い」の小池都知事の応援を得てハンディを乗り越えています。
  この補選応援では、小池都知事と蓮舫代表の女の戦いも注目されています。
 安倍首相は、その結果と功績をジッと分析しているはずであり、その視線の先にあるものは何か・・・・・なお、蓮舫氏は意図的な二重国籍の疑いが強く、日本人にならずに中国人のまま立候補したと解釈され、国籍法14条違反となり当選無効になる可能性もあり、民進の支持には限界が見えます。

|

« 日本は国連と九条信仰が強すぎる | トップページ | 停電で迷惑を被った知らざれる人達 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今回の衆院補選・新潟県知事選は与野党対決もさることながら、野党側は「4党ガー」「原発ガー」と言ってる限りもはや有権者の眼中にはなく、むしろ県連や都連といった古いしがらみに囚われた「古い自民党」と、小泉改革から小池都知事への流れをくむ「新しい自民党」との戦いでもあり、今後の衆院選のみならず、来年の都議選を占う上でも重要なのに、ドン率いる都連からは次々とこのようなボロが出てきていて、
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6657
これで来年「小池新党」から「刺客」でも放たれた暁には都議会は「小池チルドレン」で埋め尽くされるのではないかと言ったところで、そろそろ昨日新座市野火止の変電施設火災により都区内の一部が大停電に陥ったが、2006年に河川を航行中のクレーン船が上空の送電線を切断した時の首都圏大停電よりは早く復旧したというものの、やはり即座に迂回網に切り替えて停電の発生自体を抑止する方策は検討せねばならず、特に今回火災が生じたのが地下にある古い送電線だったということから、これから電線地中化を推し進めてゆく上でこうしたもののメンテナンスをどうやってゆくのか?ただ単にライフライン寸断の問題ではなく、テロリストによる攻撃も想定しなければならないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年10月13日 (木) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67930633

この記事へのトラックバック一覧です: 自民完勝か「東京10区・福岡6区」:

« 日本は国連と九条信仰が強すぎる | トップページ | 停電で迷惑を被った知らざれる人達 »