« 効果薄い制裁と異常な社会的制裁 | トップページ | 比のドゥテルテ大統領は凄いねぇ »

2016年9月11日 (日)

豊洲市場の工事「聞いてないよォ」

 豊洲市場の土壌対策に、過去の説明と違うという大変な問題が暴露Image1されましたが、「」というのは、一つでも見つかると、他の全てが信用できなくなるものです。
この騒ぎから、ダチョウ倶楽部の「聞いてないよォ」というギャグを連想していますが、果たして豊洲に無事に移転できるのでしょうか。関係者や都民は、豊洲市場の敷地は東京ガス工場跡地で、地下水や土壌から環境基準を大幅に上回る発ガン物質のベンゼンなどの有害物質が検出されたため、敷地全体を4・5mの盛り土をしたから安全と聞かされていたのです。
  ところが、4・5mの盛り土は、食品を取り扱う一番大切な建物の床下部分ではしていないそうです。素人ながら想像するに、有害物質は目に見えずに空気中に飛散したり、水に溶けたりするおそれや、或いは大震災による液状Image2化現象で水道管、ガス管、排水管、空調設備などが破損して、有害物質が逆流することも想定されますから、これは大変な問題のはずです。
 都は、敷地全体の盛り土のことは関係者に幾度も説明してきたはずであり、かつ都のホームページでも事実と違う記載をしているようでは、誰の目からも「嘘をついていた」と見られ、移転慎重派だけでなく、「それは聞いてないよォ」、或いは「それ見たことか」と思っているはずです。豊洲の問題は、小池都知事が誕生するまで我々都民も無知でしたので、今回の暴露は築地関係者も都民も喜んでいい話しと思っています。ただ、小池都知事は延期を表明しているものの、都民や関係者の不安を取り除いて移転するのか、それとも移転を中止するのか、移転騒動をどのように収束させるのか手腕が見ものです。
  なお、「聞いてないよォ」のギャグは、ビートたけしが「聞いていただろ、ばかやろう」とツッコまれたことが、周りに受けて出来たそうですが、こんなツッコミを入れて都民や関係者を納得させることが出来る大物のドンはいるのでしょうか。Image3

|

« 効果薄い制裁と異常な社会的制裁 | トップページ | 比のドゥテルテ大統領は凄いねぇ »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

本件については新たな問題も浮上しているが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000052-san-soci
むしろ本件で評価すべきは、土曜日の閉庁日にもかかわらず、間違いを認めて本件だけのために緊急記者会見を開いた小池都知事の対応であり、これで自ら役員を務める会社の関与が疑われているドンの悪者扱いにますます拍車がかかるところで、そろそろこれとは対照的に、間違いを素直に認めず支離滅裂の弁解を弄し泥沼にはまっているのが某党首選立候補者であり、もはや2ch住民に国籍離脱者を記した台湾政府官報の過去ログまでサルベージされて、そこに名が無いことが明らかになっており、そもそも一般的な有権者心理として、二重国籍であるという候補者に票を入れたいとは思わず、それが某党首選立候補者を経歴詐称に走らせたと思われ、本来はそこで終わる問題であるはずなのに、某党がやれ多様性だ、要するにダイバーシティがどうのと応じたものだから、折からの嫌韓、嫌中の空気も手伝って、かえって二重国籍の是非にまで議論が発展してしまい、与党側に「国会議員の二重国籍禁止」という法規制を出させる口実を与えてしまったということだが、これで総連から将軍様礼讃の教育をたっぷりと受けた北朝鮮との二重国籍国会議員が出現しなくて済むことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年9月11日 (日) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67440201

この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲市場の工事「聞いてないよォ」:

« 効果薄い制裁と異常な社会的制裁 | トップページ | 比のドゥテルテ大統領は凄いねぇ »