« 大山鳴動して鼠一匹出ずでは? | トップページ | やはり「自民公認」が魅力なのか »

2016年9月21日 (水)

間違えて覚えた常識を修正出来るか

 間違って覚えてしまった規則や常識は多いもので、一度、世間や記憶に定着す2016921image0123_3ると中々修正することは難しいものです。「毛を剃ると濃くなる」、「エスカレーター右側は歩行用」、「日本一の砂丘は鳥取砂丘(実際は青森県の猿が森砂丘)」等々いろいろあります。
  今日の読売新聞に、「ハイビーム使用を…横断死亡96%が下向き」との記事が掲載されました。歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったそうで、今日から始まる秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビーム使用を呼びかけるとのことです。
 道路交通法第52条に「灯火」に関する条文の第2項に、行き違い、直前直後に車両がいる際など、他車の交通を妨げる恐れがある時は、灯火を消すまたは光度を減ずることとあり、交通量が多い都内を走行する車の殆どはロービームで走行しています。個人的にも、よほど田舎道で他の車が全くない場合以外はハイビームで走行することがありませんでした。尤も、ロービームの照射距離は前方40m、ハイビームは前方100m先を照らすことが出来ますので、都内でも安全運転のためには小まめに切り替える必要があるのに、これを励行していなかったのです。
 最近では、このハイビームとロービームを対向車などを感知して、自動で切り替え、最適な夜間視界を確保する車も発売されていますので、いずれは、シートベルトがほぼ定着したように、自動切り替え車両が主流になることでしょう。今回の記事は、私のように間違って覚えてしまった規則を覆す機会になることでしょうか・・・・・

0000736a4fade

|

« 大山鳴動して鼠一匹出ずでは? | トップページ | やはり「自民公認」が魅力なのか »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

小学校の交通安全教室などで再三「自転車は歩道を走りましょう」との指導を受けながら、大人になるといつの間にやら「自転車は軽車両なのだから車道を走って当たり前」と変わったのが当時は理不尽に思えたが、しかしそれでもあたかもサーカスの曲芸自転車の如く子供を運転者の前後に乗せ、トラックやダンプカーに後方から煽られながらそれでも車道をヨロヨロと走らせることが果たして安全と言えるのかといったところで、そろそろ先の都知事選で小池候補を応援した若狭衆院議員は「厳重注意」で済んだ上に衆院東京10区補選で「党公認」になるというのに、同じく応援した「七人の区議」がそれより重い「離党勧告」とは、あまりにも処遇が違い過ぎるのではないか?と言われているが、国会議員の処分は「党本部」が課すのに対し、地方議員の処分は「都道府県連」、つまり東京都の場合はあの悪名高き「都連」が課すが故であり、特に都連としてはこの区議らを本来ならば振り上げた拳の落とし所にするところなれども、まともに離党させると彼らが「小池新党」を作る可能性があり(既に「都民ファーストの会」なる政治団体ができている)、
http://mainichi.jp/articles/20160921/k00/00m/010/090000c
それだけは何とか阻止したいと考えていることから、若狭議員の補選当選の暁には、彼らに「恩赦」があるのではないかというのがおときた都議の見解であることにも言及頂きたいかと…。
http://otokitashun.com/blog/daily/12752/

投稿: | 2016年9月21日 (水) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67593853

この記事へのトラックバック一覧です: 間違えて覚えた常識を修正出来るか:

« 大山鳴動して鼠一匹出ずでは? | トップページ | やはり「自民公認」が魅力なのか »