« 参議院選「合区」は問題が多すぎ | トップページ | 編集手帳はイチローの讃え方も上手 »

2016年8月 9日 (火)

「天皇陛下のお気持ち」を拝聴して

 天皇陛下をこんな方と比較しては畏れ多いことですが、某宗教団体の201688s_2徴的存在の某会長は、ここ何年も公式行事を欠席しており、寝たきりの重病説や死亡説まであるのに、著作物を発刊するなど今も強い影響力を示しているそうです。しかしながら、陛下のお言葉を拝聴致しますと、
天皇の機能~象徴としての責務を全う出来なければその地位にあるべきではない。
リスク管理~崩御や健康悪化に伴う国事行為や社会への影響は最小限にすべきである。
 と二点を示して、将来の日本社会を御心配されていると受け取りました。また陛下は、「天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。」と具体例を上げられて、摂政を置くことに反対されていました。この「機能を果たし得なくなった場合」との御言葉には、二度の外科手術の体験や高齢による体力の低下から全身全霊で象徴の務めを果たすことが難しいという、余人が体験出来ないお気持ちを知り、昭和天皇に続く「第二の人間宣言」かと、思わず頭を垂れた国民が多かったはずです。
  そして、陛下が何故この時期にご自身の心境を国民に語る必要に迫られたのかと思いを馳せますと、伝えられるには、陛下のご譲位のことは側近には5年も前に語っていたそうですが、これを為政者たちは無視したか、或いは伝わらなかったことに不満を持たれたからでしょうか。陛下のお言葉に、安倍総理は「重く受けとめる」と語っていましたが、受け止めるだけでなく出来るだけ早く具体的行動に移して欲しいものです。
 きっと、陛下は4年後に迫った東京五輪開催などにご自身の健康状態などを重ねられギリギリのタイミングと判断されたはずです。なお、陛下は某宗教団体の会長など高齢化社会の現実を知り、寝たきりや痴呆状態でも「象徴」として存在する、或いはさせられるようでは、天皇としての責務を全う出来ないだけでなく、日本が国際社会において大きな損失となることをご心配されているはずです。

|

« 参議院選「合区」は問題が多すぎ | トップページ | 編集手帳はイチローの讃え方も上手 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今朝の新聞各紙の大見出しを見る限り、イチローMLB3000本安打達成の「球音」がすっかり陛下の「玉音」に掻き消されてしまったかのような感じであり、中には五輪選手の士気への影響も懸念する向きもあるも体操や柔道の金メダルにより心配ないと思われるが、陛下のお気持ちを拝聴する限りにおいて、もはや御公務軽減や摂政制適用でお茶を濁せるものではなく、生前退位への固い御決意を示唆するものと解釈されるところで、そろそろ政府としてもこれまで想定していなかった生前退位へ向けて早急な法整備が望まれると思われるが、さりとて下手に生前退位制度を作ると将来この制度が恣意的判断や政治利用で適用される懸念もあり、それでなくとも過去には天皇の位や摂政、関白といった天皇代行制度が時の権力者に都合良く利用されたという苦い歴史もあることから、早急さと同時に慎重さも要求されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年8月 9日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66911471

この記事へのトラックバック一覧です: 「天皇陛下のお気持ち」を拝聴して:

« 参議院選「合区」は問題が多すぎ | トップページ | 編集手帳はイチローの讃え方も上手 »