« 出来ない理由を探すな出来る方法は | トップページ | 被害者情報の公開は最小限に »

2016年8月 3日 (水)

今、選挙したなら自民は大敗する

 自民都議の皆さんは、「NO SIDE(ノーサイド)」という言葉を知らないのでしょうか。0000000n
 小池都知事は2日初登庁し、各会派に挨拶回りする様子がテレビに映され当然ながら、敵対した自民の重鎮らへの挨拶の様子が注目されていました。都議会自民党は幹事長と政調会長は不在で、議長室では川井重勇議長が小池知事に、「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」とクギを刺していましたが、何とも失礼な第一声に聞こえました。そして、報道陣から小池氏と並んだ写真撮影の求めに、「あなたの要望に応える必要はない」と拒否した言動は、まるで都知事へのイヤミか挑戦状のような言葉に聞こえ、小池知事を僅か数十秒で追い出す様子は実に不快でした。
 さらに、自民党議員の控室でも、対応した都議は高橋信博・総務会長と桜井00000789_2浩之・総務会長代行の二人だけで、高橋都議の「たまたま居たから対応した」との素っ気ないコメントからも、簡単には拭いきれない凝りを感じさせ、誰の目からも「挨拶も知らないのか、印象悪い連中だ。」と見えたはずです。
 「NO SIDE(ノーサイド)」という言葉は、ラグビー用語で知られていますが、試合が終われば自陣と敵陣のサイドはなくなり、勝った側(SIDE)も負けた側(SIDE)もない(NO)という意味です。よく、選挙などで対立しても、決まれば「ノーサイドにしましょう」と仲直りしている場面を目にすることがあります。自民都議の皆さんも、国民都民に選ばれた立派?な方々のはずで、常識と余裕ある振る舞いが大切なはずです。今回のような大人げない振る舞いを都民に見せられたら、間違いなく次の都議選では自民の候補者は大敗することを覚悟すべきです。いや、既に大敗を覚悟した振る舞いなのでしょうか・・・・・

|

« 出来ない理由を探すな出来る方法は | トップページ | 被害者情報の公開は最小限に »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

都議選についてはたとえ解散がなくても1年に満たず実施される見込みであり、こうした強情もいつまで続けられるか見ものであることもさることながら、件のドンも御歳77と高齢であり、これ以上強情張らずに引退を考えた方がいいと思われるが、聞けば息子氏が既に区議会議員になっており、恐らく後継にするのではと思われるところで、そろそろこうした新知事への悪態で思い出されるのは、テレビでも放映された「田中長野県知事名刺折り曲げ事件」であるが、今や政治家の一挙手一投足がテレビのみならずネットであっという間に拡散され、相手に反論の機会を与えない速さで批判する世論が形成されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年8月 3日 (水) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66819962

この記事へのトラックバック一覧です: 今、選挙したなら自民は大敗する :

« 出来ない理由を探すな出来る方法は | トップページ | 被害者情報の公開は最小限に »