« 莉菜ちゃん早く見つかって欲しいが | トップページ | 縄文遺跡の世界遺産登録見送り残念 »

2016年8月29日 (月)

莉菜ちゃんは事故か、事件性は?

 8月27日(土)午前11時40分頃、長野県北安曇郡小谷村北小谷大網地区にある母親の実家で、Machidarinai0003_2祖父母の家を家族と共に訪れていた町田莉菜ちゃん(7)が、公民館に祭りの準備に向かった母親と兄を追いかけて1人が外出したあと、行方が分からなくなっていましたが、29日(月)午前10時50分頃、同村を流れる姫川と横川の合流地点で、水に沈んだ状態で発見されたそうです。
 残念ながら年格好、服装などから不明だった町田莉菜ちゃんと見られています。
 そして莉菜ちゃんなら、サンダルの発見場所と横川の流れまでは約10m、遺体発見場所の合流地点までは約600mあるそうですが、裸足で合流地点の姫川まで一人で歩いて行ったのか、当時の横川の水量は不明ですが、仮に多かったから流されたのか、それとも第三者が運んだのか。不自然に置かれたサンダル、そのサンダル付近から警察犬が動かなかったことや、身体に川で流されたような目立った傷がないことなども気になっています。いろいろと不自然なことも多くありますが、いずれにしても、残念な結果になってしまいました。

Img_6574Img_6579

|

« 莉菜ちゃん早く見つかって欲しいが | トップページ | 縄文遺跡の世界遺産登録見送り残念 »

コメント

本件については悲しい結果になってしまったが、あくまで報道されている範囲でコメントすれば、公民館まで近いということで、土地勘のない女児にもわかるだろうと一人で行かせたことが悔やまれる結果になってしまったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年8月29日 (月) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/67241121

この記事へのトラックバック一覧です: 莉菜ちゃんは事故か、事件性は?:

« 莉菜ちゃん早く見つかって欲しいが | トップページ | 縄文遺跡の世界遺産登録見送り残念 »