« バラバラ殺人犯人捕まって良かった | トップページ | 貴重な一票を大切にして欲しい! »

2016年7月10日 (日)

やること・なすこと過激ですねぇ-

 「平和を叫びながら、その手に銃を取る。それもまた悪しき選択・・・・」は、機動戦士ガンダムの名言です。000000p5p00020また、「失敗した革命は単なるテロ。成功すれば偉大な業績、英雄・・・」とも言われ、一旦、革命を目指したなら成功させることが至上命題となり、その実現の為には殺人・強盗・破壊行為等どんな犯罪行為も彼らの中では正当化されると言い、やることなすこと常に過激です。
  今回の選挙戦でも「街頭演説で候補者に罵声」、「共産・民主・社民以外のポスターに落書き」、「候補者が握手で差し出した手を叩く」、「候補者を大勢で取り囲み罵声を浴びせる」等々の妨害行為がありましたが、全て過激な動きを見せる野党陣営から保守陣営に対する攻撃です。常々思うことですが、「戦争反対」「平和・平和」と叫びながら、やってることはルール無視の暴力行為も珍しくないことであり、冒頭の「失敗した革命はテロ。成功すれば偉大な業績・・・・」との言葉で全て理解・納得頂けるはずです。
 また、今回の選挙で注目されたのは「野党の連携」でした。「類は友を呼ぶ」とは、気の合う者や同じ趣味など似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るということですが、共通の政治的主義・主張を持つ者によって組織された「政党」は、類は友を呼んだ典型のはずです。更にその政党同士が連携することは正に「牛は牛連れ、馬は馬連れ」、「蓑のそばへ笠が寄る」の諺の通りで、「貴方の実力や考えには、相応しいレベルの人が接近する」ことなのでしょう。しかし、今回の野党の連携では、「連携して安倍政権を追い込む」などと幾度も強調していましたが、結局は「自衛隊は人殺し」発言などの流れに柔軟に対応できず、結果的に共倒れの危険が付きまとうことも覚悟すべきです。なお、「人を見るときは、その人の語ることより行動を重視せよ」と言われ、今回の舛添問題を観る上でも大切でした。更に、その人の背後にある人間関係も併せても見ることも必要で、元々がルール無視や法軽視の人達が支持する政党が勝てば、どのような日本になるかを予測することは容易です。

|

« バラバラ殺人犯人捕まって良かった | トップページ | 貴重な一票を大切にして欲しい! »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

だいたいこのような選挙妨害をするのは「坊やだから」であり、「若さ故の過ち」であったとしても認めてはならず、そもそも今回の党是の全く異なる野党同士の共闘にしたって選挙対策であることは見え見えなのに「策とは違うのだよ、策とは」と言いながら、議席を取ればどうせ「あんなの飾りですよ。有権者にはそれがわからんのです」となるだろうといったところで、そろそろ泣いても笑っても今日の20時以降には結果が出るので、ここは一つ、「見せてもらおうか!野党共闘の成果とやらを」と言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年7月10日 (日) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66433391

この記事へのトラックバック一覧です: やること・なすこと過激ですねぇ-:

« バラバラ殺人犯人捕まって良かった | トップページ | 貴重な一票を大切にして欲しい! »