« 信義にもとる男が「信義」を語るな | トップページ | 「舛添悪代官シリーズ」も山場か »

2016年6月14日 (火)

舛添知事が泣いて懇願しています

 長年、贈収賄事件などの知能犯捜査に携わった刑事さんの話Image1しですが、挫折を知らない高学歴のエリートに限って、生まれて初めて自己コントロールできない現実に遭遇したとき泣きわめくそうです。きっと、完落ちしたエリートの犯人は泣くのが唯一の自己表現なのかもしれません。
 今日、14日午後6時前に議会運営委員会の理事会室に入った舛添知事は、涙ながらに、時折、目にハンカチを当てながら、「子どももいじめられているので辞められない」、「リオオリンピック目前に混乱を招くのはマイナImage2ス。知事の座にしがみつくつもりはない。都政を混乱させるわけにはいかないということで知事を続けている。政治家として東京都の名誉を守りたい。時間をいただきたい」と泣きながら語ったそうです。また、ここまで耐えてきたのは、「リオで東京が笑いものになってしまうから。選挙をやれば50億や100億かかる」などと、この期に及んでも恰好つけて御託を並べているそうです。
 これに対して、ネットの反応は、
■リオに「日本の恥」のお前が行ったら、日本が笑われるだけだ。
■子供は、ホテル三日月の真実を知ってるから周りから色々聞かれてるのかな?
■悪人が最後に殺されかけて命乞いしているようなものだ。
■舛添の子供達がいじめられてるのは可哀相だが、父親は散々都民に嫌がらせをやってきたのだから仕方ない。
■これまで弱者に手を差し伸べることをしなかった罰だ。
■とうとう泣き落としか・・ 見苦しいにも程があるな
 などと容赦しないコメントばかりのようです。
 そう言えば、野々村議員も感情をくコントロールできなくなり、号泣会見になっていましたが、舛添知事の号泣にはカメラが無かっただけでも幸いでしたか・・・・・
 舛添知事の完落ちも目前です。ここで情けをかける必要はないはずです。

|

« 信義にもとる男が「信義」を語るな | トップページ | 「舛添悪代官シリーズ」も山場か »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

都議会は今籠城戦に入っており、明日の総攻撃を前に命乞いをする城主を解散覚悟で如何に説得するか、おときた都議のツイッターが緊迫した情勢を伝えているところで、
 https://www.twitter.com/otokita
 そろそろこの城主には「ネゴシエーター」ではなく「ターミネーター」を差し向けて、男の引き際を教授すべきことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年6月14日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66020472

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添知事が泣いて懇願しています:

« 信義にもとる男が「信義」を語るな | トップページ | 「舛添悪代官シリーズ」も山場か »