« 大和君「駒ヶ岳演習場」で発見 | トップページ | テレビは舛添特需で視聴率アップ »

2016年6月 4日 (土)

大和君の捜索方法に疑問が・・

 「陸上自衛隊駒ヶ岳演習場」を捜索範囲に入れなかったのは、無Image7意識のうちに「聖域を作った」ことや「先入観を持った」ことにあると思います。
 田野岡大和くんの捜索には、警察、消防、地元役場、消防団などに加え陸上自衛隊まで投入し、大々的に実施されましたが何ら手がかりを得ないまま終了しようとした当日、駒ヶ岳演習場に避難していたところを偶然に発見されましたが、「終わり良ければすべて良し」のような印象です。しかし、こればかりは「結果オーライ」と決めつけては、次にあった場合に何も手が打てないことになります。
 捜索の方法や範囲など、どこをどのように改善すれば、良い成果が出たのかを反省検討する必要があります。七飯町の幹部は「自衛隊の敷地内に入るのは連絡や調整も必要で、捜そうということにはならなかった。」などと「想定外の場所だった」ことを漏らしているそうです。
 つまり、大和くんを捜索隊が発見できなかった理由は、「自衛隊施設だった」、「行政区域外だった」、「子供の体力でここまで来るはずがない」、「まさか、あそこまでは・・・」などの「先入観」から抜け出すことが出来なかったからではないでしょうか。
 今回は、偶然に辿りついた演習場の鍵が壊れていたことや、幸いにもマットや飲料水があったなど幾つもの偶然が重なり、田野岡大和くんが無事に発見はされましたが、「先入観」を棄て切れなかった関係者のポカ(失策)は大きいと思います。それでも、海外からは「サムライボーイ」と称賛されているそうですし、なにより大和くんの元気な様子に多くの国民は安堵しているはずです。

00000231

|

« 大和君「駒ヶ岳演習場」で発見 | トップページ | テレビは舛添特需で視聴率アップ »

05、気になった事件や事故など」カテゴリの記事

コメント

既に前記事でコメントしているが、小学生が演習場内に知らないうちに入れるということはスパイも入れるということであり、実弾演習をしていて流れ弾が当たろうものなら防衛大臣のクビが飛ぶのみならず、自衛隊の存在を苦々しく思っている会派にエサをやることにもなり、政局にも影響を与えかねないところで、そろそろしつけと言えば最近の学校の運動会では保護者が応援席にテントを張りバーベキューまで始めるのみならず、子供の徒競走の結果にビデオ判定せよなどといちゃもんをつける有様であり、まさに絵に描いたようなモンスターペアレントにどなたかしつけをして頂きたいかと…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000002-jct-soci

投稿: | 2016年6月 4日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65837417

この記事へのトラックバック一覧です: 大和君の捜索方法に疑問が・・:

« 大和君「駒ヶ岳演習場」で発見 | トップページ | テレビは舛添特需で視聴率アップ »