« 「支持政党なし」が党名とは面白い | トップページ | 文春さん!この記事は逆効果ですよ »

2016年6月30日 (木)

イギリスのEU離脱騒動に想う

 近年の世界は「グローバリズムVSナショナリズム」の戦いと分析さ00000251れるそうです。
 「グローバリゼーション」は、人やモノの移動を自由化して「地球は一つ」という方針で社会を発展させる考え。「ナショナリズム」とは国家または民族の統一・独立・発展を推し進めることを強調する考えとされますが、何事もメリットとデメリットは付き物です。
 「地球は一つ」の実現を期待して誕生したEUからのイギリス離脱騒動は、押し寄せる移民問題などグローバル化の問題点を浮き彫りにした典型でしょう。
  かつて、ソ連を中心に東欧諸国を衛星国として従えた「ワルシャワ条約機構」、或いは日本が夢見た「大東亜共栄圏」のアジアは一つという考えもグローバル化の走りだったのでしょうが、いずれも脆くも崩壊し、EU諸国では東欧からの難民・移民問題、日本でも日本に愛着を全く持たない在日が治安問題などに暗い影を落としています。イギリスでも、このまま大量に押し寄せる難民・移民を簡単に受け入れ続けては、イギリスの伝統文化の喪失、また治安の悪化などが耐えられないほど懸念されていたはずです。
  ところで、日本とイギリスは、大陸に近接した島国であることなど地政学的にも良く似ていると言われています。他にも、マナーを重んじる習慣、武士道と騎000020160608185337士道、お茶の文化、道路が左側通行、大人しい国民性、女王と天皇陛下、共に最新鋭の戦闘機「F-35B」型を採用し、アメリカから「最も重要な二国間関係」と尊重される点など共通項が多いようです。
 そして、イギリスも近接の大陸とは付かず離れずの間合いを保つ関係が、一番長続きすると国民は本能的に思っていたことが、今回のEU離脱を選択した結果でしょう。日本での、朝鮮半島や中国、ロシアとの関係を示唆していると思っています。

|

« 「支持政党なし」が党名とは面白い | トップページ | 文春さん!この記事は逆効果ですよ »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

英国のEU離脱は確かに衝撃で、株価、為替の反応も見られたが、英国はEUに加盟していてもユーロには参加せず通貨もポンドのままである他、シェンゲン協定にも参加していないので、独仏など協定に参加するEU諸国と違い国の出入りには入出国審査が必要など(故にパリの駅ではロンドン行きのユーロスターが出るホームにだけパスポートチェックがある)、既に他のEU諸国とは一線を画しており、大きく騒がれる割には大山鳴動鼠一匹ではないかと言われているところで、そろそろ日本では方々で株主総会がピークを迎え、御社でも開催されたかは存じませぬが、中には鉄道会社(の持株会社)の株総なのに、子会社のプロ野球団の選手起用にまで株主が批判する一幕もあったものの、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000014-nksports-base
かつての「ケルベロス」みたいに球団そのものを手放せと言われないだけまだマシであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年6月30日 (木) 12時55分

7/2・3はくにたち朝顔市ですね。どんな感じなのか画像を撮影していただけるとありがたいです。
殺伐としたニュースばかりなので季節の画像などで癒しの時間も欲しい所です。

投稿: トリックスター | 2016年7月 1日 (金) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66272941

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスのEU離脱騒動に想う:

« 「支持政党なし」が党名とは面白い | トップページ | 文春さん!この記事は逆効果ですよ »