« 特大ブーメランが舛添知事に直撃 | トップページ | 強いメンタルを持った舛添知事? »

2016年6月 8日 (水)

舛添恥事に似合う諺・格言・熟語

  今の舛添恥事に、「清廉潔白」「品行方正」「青天白日」「清貧の人」「尊敬する人」などと000590語る人は冗談なら分かりますが実際は皆無でしょう。まぁピッタリの言葉は「厚顔無恥」「阿鼻地獄」「無間地獄」「破廉恥」「傲岸不遜」「自分勝手」「恥知らず」「エゴイスト」「利己主義者」など幾らでも思い浮かべます。
 例えば、
理屈と膏薬はどこへでもつく」とは、どんなことにも理屈をつけようと思えば、もっともらしい理屈がつくものだというたとえ。
詭弁を弄する」とは、本来は間違っていることを、色々と理屈を付けて正しいかのように思わせるような主張をすること。
権謀術策」とは、他者を貶めて自分の都合がいい状況に仕向け、地位や評価を上げる策略のこと。
我田引水」とは、他人は無視して自分に都合がいいように言ったり行動したり、自分に好都合なように取りはから0000193112う。
一事が万事」とは、一つの事象を見るだけで、他の全ての物事は推察できてしまうということのたとえ。
医者の不養生」とは、他人には立派なことを言う割に、自分ではそれができていないこと。
奥歯に物が挟まる」とは、十分に説明をせず曖昧であるため、何か隠しているような話し方になること。
頭の上の蝿も追えぬ」とは、自分に関わる始末もできないこと。人の世話・心配をする前に、まず自分のことをしっかりと処理すべきという例えとして使われる。
蛙の面に水」とは、蛙は、顔に水をかけられても全く平気なことから、何をされてもこたえないこと、何食わぬ様子でいること。
驕る者久しからず」とは、権力を手中にし栄華を極めているのをいいことに威張り散らしているものは、その後の権勢は長くないということのたとえ。
君子豹変、小人革面」とは、立派な人物は、自分が誤っていると分かれば、豹の皮の斑点が、黒と黄ではっきりしているように、心を入れ変え行動する。
牛を馬に乗り換える」とは、これまでの不利・不都合な方から、有利・都合の良い方へ乗り換えること。
悪事千里を走る」とは、悪評・悪いうわさ・悪行は、世間に瞬時に伝わること。
隗より始めよ」とは、まず物事は言い出した者から始めよということ。
鬼の念仏」とは、日ごろそのような素振りを見せない、無慈悲で冷酷なものが、うわべだけ心を入れ替えたかのように振舞うこと。
貧すれば鈍する」とは、人は貧乏になると、利口な人でも愚かになるということ
貧乏人とは、多くを持たざる者ではない。多くを欲する者のことをいう」ウェーデンのことわざ
いかにいい仕事をしたかよりも、どれだけ心を込めたかです。」マザー・テレサ
奢る者は心常に貧し」とは、人間の欲望は限りがないもので、贅沢な生活にふける者はこれで十分だということがなく、常に不平不満が絶えない。
 だから、贅沢にふける者は貧しい人と同じであるということ。
 せめて助け船の言葉を捜すなら
 「人には口が一つしかないのに、耳が二つあるのは何故か。それは自分が話す倍だけ、他人の話を聞かなければならない」。
 「渇すれども盗泉の水を飲まず」、
 どんなに苦しく、困っていたとしても、不正や不義、不実に汚れずに、身を慎んでいる国民・都民が殆どであることを知って欲しいものです。Img_6182

舛添知事に似合う諺・格言・熟語(2016.06.08)
特大ブーメランが舛添知事に直撃(2016.06.07)
テレビは舛添特需で視聴率アップ(2016.06.05)
都職員の士気低下は都民の不幸
早くも「ポスト舛添」の名前が・・・
こんな人には絶対になりたくない

鬼平なら「舛添知事をどう見る?」(2016.05.22)
都知事は自分だけ優遇とは面白い(2016.05.21)
「天網恢恢疎にして漏らさず」(2016.05.21)
第三者・第三者と知事は壊れた蓄音機(2016.05.20)
国民みんなで監視!「政治資金」(2016.05.20)
「何処に出しても恥ずかしい人」(2016.05.19)
舛添知事が都職員に訓示した言葉(2016.05.18)
舛添知事よ、お前程度が引用するな       (2016.05.18)
「首都の顔」が首都の恥になった(2016.05.17)
舛添氏に新疑惑「日光で会議?」(2016.05.16)
やはり血筋は争えないですねぇ(2016.05.15)
ケチはカネの流れに細かいもの
舛添都知事の疑惑は深まった
風雲急を告げる「舛添知事問題」
舛添知事さん、早めに退陣したら
全く問題ないなら続けたらいい
「評判悪いですねぇ」舛添知事さん 2016.04.27

|

« 特大ブーメランが舛添知事に直撃 | トップページ | 強いメンタルを持った舛添知事? »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

それで言うのなら
・「瓜田に履を納れず、李下に冠を整さず」…たとえ法的には問題なくても人に疑われるようなことはするな。
・「モラル無くしてモラール無し」…道徳の無いところで士気は高まらない。
もあるが、与党の自民党にまで批判されてもはや「四面楚歌」、表向きは会見で「青菜に塩」の態度を見せても内実は「面従腹背」「カエルの面に小便」であり、結局ザル法である政治資金規制法が「悪法もまた法なり」「法律無くして刑罰無し」といったところで、そろそろ明日・6月9日に日本が命名権を得た原子番号113番の新元素の名前が発表予定だが、こちらの国際社会から「四面楚歌」となりながら制裁も「暖簾に腕押し」「カエルの面に小便」の某国では何やら原子番号94(苦しむ死ぬ)番、名前も「冥府の王」に由来する元素を取り出している模様で、「窮鼠猫をも噛む」といったことになりかねないことにも言及頂きたいかと…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000012-reut-n_ame

投稿: | 2016年6月 8日 (水) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65905084

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添恥事に似合う諺・格言・熟語:

« 特大ブーメランが舛添知事に直撃 | トップページ | 強いメンタルを持った舛添知事? »