« 日本共産党は衣の下に鎧が・・・ | トップページ | 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 »

2016年6月21日 (火)

ミイラになるのは民進か日共か

 日本共産党の「二段階革命論 」の第一段として進める「民主連合政権」構想は、やはり日本共産党ペースで進んでいる印象です。Image1
 先日、NHKの党首討論番組で、安倍首相は参議院選挙の改選1人区で民進、共産などが野党統一候補の擁立について、「ただ混乱を呼ぶだけだ。あまりにも無責任だ」と批判したところ、民進の岡田代表や共産の志位委員長は、まず安倍政権を倒すことが目標だと反論していました。
 首相は「安倍政権を倒すということで一本化しているのであれば、倒した後どうするのか。そこから考えるのか」と疑問を投げていましたが、有権者にとっては、「選挙協力しても、政権は共にしない」ということは、こんなに分かりづらいことはないのです。
  ただ、共産党の小池晃書記局長は、安全保障関連法廃止を目指した「国民連合政府」構想をハッキリと打ち出しており、「(民進党の岡田氏は)いろいろな言い方をしている。右に揺れ、左に揺れしているのかもしれないが、基本的には、政権の問題はこれからも継続して協議すると確認している。」と、すでに民進党を取り組むこと満々です。
 権力奪取のために野合も辞さないただの権力の亡者「民進党」と長年温めて来た民主連合政府の第一歩を踏み出す「日本共産党」との駆け引きでは、共産党側に一日の長があり、「民進党」が「ミイラとりがミイラになり」泣きを見るはずです。

2016_6_21image2

|

« 日本共産党は衣の下に鎧が・・・ | トップページ | 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

それでいうなら自民党もかつて「自社さ連立」という、政策がほぼ真逆の政党同士で連立して政権を奪還した過去があり他人のことを言えないが、しかし共産党については、既に諸外国で共産党ないし共産主義政権がいかなる悪逆非道を働いてきたか、中共や北の例を見れば明らかであり、いくら日共が「うちは違う」と否定してもとても信じられないところで、そろそろ参院選が明日・6月22日に公示となるが、最近は選挙結果をバスの電光表示器で知らせてくれるようであり、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00010000-bfj-ent
一方、同じ電光表示器でもこちらは誤表示を行ってしまったが、
http://www.asahi.com/articles/ASJ6L6S7HJ6LUGTB015.html
http://www.asahi.com/articles/ASJ6N3GRCJ6NUGTB002.html
その結果、思わぬ効果があったことにも言及頂きたいかと…。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160620-085575.php

投稿: | 2016年6月21日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66130736

この記事へのトラックバック一覧です: ミイラになるのは民進か日共か:

« 日本共産党は衣の下に鎧が・・・ | トップページ | 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 »