« 舛添氏は「死人に口なし」作戦か | トップページ | 信義にもとる男が「信義」を語るな »

2016年6月13日 (月)

舛添氏に引導を渡すのは誰か?

 先日、近所の葬儀に出席しますと、お坊さんが松明(たいまつ)に似せた仏Img_6203具をお棺に向って放り投げていました。これは死者を迷界から浄土へと導く引導を渡す儀式だそうです。一般的に「引導を渡す」とはトドメを刺す意で、見込みのない人間に引導を渡すなどと使われますが、正に今の舛添都知事がその対象でしょう。
 さて、数々の疑惑に開き直るなど真摯な態度を見せない舛添知事に都民・都議会・マスコミ等は呆れ返っています。12日放送のフジテレビ系「新報道2001」で、自民党総裁特別補佐の下村博文・衆院議員(東京11区)は、「明日次第ですね。不信任案が出た場合、自民党はそれを否決するだけの状況証拠を持っているわけじゃない。今までと同じトーンの答弁を舛添さんがしていたら、納得できない」と述べていました。つまり、知事選で舛添氏を支援し、都議会で過半数を占める自民党まで見限ったことです。本来「政治家の出処進退は自ら決めるもの」と言われますが、普通なら家族から「買い物にも行けない」、子供から「学校でイジメられる」などと言われたら「それじゃ辞めるか」となり000012400_そうですか、今の舛添氏にはその空気を読む能力も資格もないのでしょう。
 舛添氏は、中国の英雄・孫文を「決してめげない失敗の英雄」と讃えていますが、今、降臨して一体化してパワーアップしているのでしょうか。
  今日13日の都議会総務委員会は午後2時半からで、まつば多美子(公)、曽根はじめ(共)、西沢けいた(民)、石川良一(進)、おときた駿(か)の他、自民の総務委員、鈴木隆道、木村基成、大場やすのぶ、近藤充、秋田一郎の中から二人のはずで、1問1答形式の追及質問に立つようです。
 正に都民・都政を救うために選抜された「七人の侍」の活躍に都民の関心が集まりますが、失敗の英雄と一体化した舛添氏に誰が引導を渡すことが出来るのか。そして、二度と都民・国民の前に迷い出ることがないよう成仏させることです。

Image1Image

|

« 舛添氏は「死人に口なし」作戦か | トップページ | 信義にもとる男が「信義」を語るな »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

 そもそも舛添氏に空気を読む能力があれば、保育園不足をおしてまで韓国人学校を作る等と言い出さないはずであり、果たして今日の集中審議で中国服による書道の実演が見られるか、たまごサンド30人前を平らげるかは不明だが、大方の予想通り件の出版社に選挙の裏金作りを依頼、五輪で増大するであろう翻訳業務(ほとんど入札を経ない)への利権絡みではなかろうかといったところで、そろそろWindows7にはまだ引導を渡したくないのにメーカー側の都合で勝手に10に更新されるといった苦情が相次いでいるようなので、御社のパソコンも知らぬ間に10に更新されることもある(既にご自身で更新されていたら釈迦に説法ですが)ことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年6月13日 (月) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65993802

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添氏に引導を渡すのは誰か?:

« 舛添氏は「死人に口なし」作戦か | トップページ | 信義にもとる男が「信義」を語るな »