« 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 | トップページ | 碑文谷公園バラバラ殺人事件に想う »

2016年6月27日 (月)

日本の核武装、そんなに恐怖ですか

 米国のバイデン副大統領が中国の習近平国家主席に、「我々が北朝鮮(の核問題)を解決しなければどうなるか。日本が明日にも核武装したらどうなる 」などと日本0000006rの核武装の可能性に触れ、北朝鮮の核開発をやめさせるよう中国に促したところ、習主席は「待ってほしい」と述べ、警戒感をあらわにしたという。
 まるで、日本を追い込んだら何をするか分からない国とでも思わせて、日本にだけは核武装させるなと聞こえます。きっと、米国の本音は、日本が核武装したら広島と長崎の復讐を日本は本気で考え出すとでも思って警戒しているのでしょうか。
 つまり、米国にとって日本は潜在的に最大の敵国として存在しているのであり、だからこそ、戦後70年経った今も、日本ののど元に刃を突きつけつつ占領を続け、通常兵器も一段二段も劣るものを自衛隊に与えている現実と合致しています。
 そして、国際社会に、日本の核保有は恐怖として煽り、米中露をはじめとする核保有国の核は正義目的で保有しているとでも思っているのでしょうか。0000030d2c
 先般は、トランプ共和党大統領候補の日本の核武装容認発言が物議を醸していましたが、現在の世界の現状は日本自らの核武装なくして、日本の安全保障は維持できないと常識的判断を乱暴な言葉ながら日本国民に伝えたかったのでしょう。何故か今、「力なき正義は無力、正義なき力は暴力」という誰かの言葉を思い出しています。個人でも国際社会でもどんなに立派な事や正論を語っても、貫く力がなければ誰も聞く耳を持たないことは、北朝鮮や中国、ロシアなどとの交渉を見れば明らかです。とわ言え、日本の核武装のハードルが高いことは誰の目にも明らかです。
 やはり、いつの日か日本人の復讐心が膨らむことを憂慮しているのか・・・・

|

« 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 | トップページ | 碑文谷公園バラバラ殺人事件に想う »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

「正義なき力は暴力」が真であっても、「正義のある力は暴力でない」が真であるとは必ずしも言い切れず、例えば英国が国民投票でEU離脱を選択したが、「離脱」に投票した高齢者の力は「古き良き大英帝国を取り戻した」ということで現時点では正義かもしれないが、後々になって今の若者に離脱による悪影響が出てきた時には、あの時の高齢者の力は暴力だったということになり、同じことは参院選にも言えるところで、そろそろその参院選で支持政党がないからと言って投票用紙にその旨を記入したりすると、こういう結果になることにも言及頂きたいかと…。
http://0ryusan0.blog94.fc2.com/blog-entry-824.html

投稿: | 2016年6月27日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/66231119

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の核武装、そんなに恐怖ですか:

« 戦艦三笠の保存とニミッツ元帥 | トップページ | 碑文谷公園バラバラ殺人事件に想う »