« 大和君の捜索方法に疑問が・・ | トップページ | 大和君は現代のトム・ソーヤ? »

2016年6月 5日 (日)

テレビは舛添特需で視聴率アップ

  都知事という立場を悪用して「公私混同」、「やりたい放題」の舛2016_6_5image3添氏ですが、最近ではテレビ欄に「舛添」の名前を掲載しただけで、視聴率が数%アップする「舛添特需」で潤うと同時に、舛添氏の問題に厳しいコメントを口にする評論家たちも「舛添特需」の恩恵にあやかっているとのことです。
 先月5月11日発売の週刊文春で、舛添都知事の政治資金問題が報じられて以来、どこのテレビ局でも厳しいコメントを口にする評論家やタレントが勢揃いさせて舛添氏の出自や人物評、金銭感覚をこき下ろしています。舛添氏批判の急先鋒は、天敵とされた元参議院議員の田嶋陽子氏や参院議員(自民党)で元妻の片山さつき氏が上げられます。
 他にも元衆議院議員で宮崎県知事の東国原英夫氏は「法的にはギリImage3ギリ、人間的にはアウト」、ニュースキャスターの辛坊治郎氏は「都知事なんでこんなに嫌われるの・・・」。俳優の中尾彬氏は 「あんなゲス野郎だとは思わなかった・・・」と最低の人物表現でバッサリと切り捨てています。
 百田尚樹氏は「舛添知事は日本人としてのメンタリティは無い。本当に日本人なら切腹ものだ」。青山繁晴氏は「東京の有権者146万から署名をもらってリコール以外にない」。大阪府知事の橋下徹氏は「舛添さん、ルールに従っているというのは官僚答弁。不合理なルールはどんどん変えないと。それが知事の役割」。
 医師でタレントの西川史子氏は「舛添さんなんて都知事になる資格はない!」。 元宮城県知事の浅野史郎氏は「必死に逃げようとして質問をはぐらかしており、誠実さが感じられない」。 ビートたけしは「あの人は、最初から権力者になりたくて、人の上に立ちたくて、政治家になるために政治学者になったような人だからね。庶民感覚はないやな」。教育評論家の尾木直樹氏は「この人、常人じゃない!税金、公金にたかる寄生虫。感覚は人の倫理欠如した理論家」。ダウンタウンの松本人志は「お前のパンツをなんで第三者が精査しないといけないのか」。武田邦彦氏は「尊敬される都知事になって欲しい。それには上杉鷹山のような質素で清廉潔白な人物であって欲しい」。田嶋陽子氏は「貧乏くさい話だね、これは人格とか人間性の問題だから、金太郎飴(のように)切ればどこ切ったっ000c4b8dていつだって出てくる。この人許してあげたって、これから先、ずーっとセコいですよ」と厳しく批判しています。
 そして極め付けは、元妻の片山さつき氏に「セコい・小さい・哀しい」と言われては男として立つ瀬がありません。殆どの都民からも、チンケ・セコイ・シミッタレ・ショボイ・銭ゲバの「何処に出しても恥ずかしい人 」、「もう都知事には無理でしょう。」と思われているのです。
 果たして、今夏のリオ・オリンピック(2016年9月7日〜18日)から東京五輪への「引継ぎ式」に、「日本の恥」のような人物を送り込んでいいのか・・・・

|

« 大和君の捜索方法に疑問が・・ | トップページ | 大和君は現代のトム・ソーヤ? »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

もはや舛添不要一と呼ばれる舛添知事であるが、いざ辞任させるとなると、
http://toyokeizai.net/articles/-/120886?display=b
・リコール…莫大な署名が必要な上に、参院選の絡みで今は署名集め不可
・百条委…完全にクロでないと追求は難しく、逆に知事側に違法性はないことのお墨付きに使われてしまう可能性
・不信任…知事に議会の解散権を行使されると与党側が不利な状況で都議選を戦わなければならず及び腰
…と、都民側にとって完全に詰んだ状態になっているところで、そもそもこの問題が膠着しているのは「自民党の言うことを聞く都知事後任者がいない」ことが最大の原因であり、今取り沙汰されている橋下氏にしろ東国原氏にしても自民党にとっては最悪の候補者であり、かといってかつての磯村某氏のような候補者を擁立しても彼らには負けるだろうし、同じNHK上がりの池上氏も同じ轍は踏みたくないだろうから、この都民不在の不毛なパワーゲームを終わりにするためにも、自民党は早く後継候補を探し出して頂きたいかと…。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160603-00092443-diamond-bus_all

投稿: | 2016年6月 5日 (日) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65851777

この記事へのトラックバック一覧です: テレビは舛添特需で視聴率アップ:

« 大和君の捜索方法に疑問が・・ | トップページ | 大和君は現代のトム・ソーヤ? »