« マスコミの裁判傍聴席独占の実態 | トップページ | 今は迂闊なことは言えません »

2016年6月 2日 (木)

都職員の士気低下は都民の不幸

 友人の息子さんが、某市役所から2年の予定で東京都主税局に出向201662image4していますが、舛添知事の一連の騒動以来、全く仕事にならないと嘆いているそうです。
  都の主税局と言えば、都税の課税や徴収を担当する大切な仕事であり、その息子さんは滞納者に督促状を発したり、電話で納税を促したり、或いは滞納者の財産を差し押さえることもある仕事と聞いています。ところが、舛添知事のスイートルーム泊やファーストクラスで大名旅行、公用車で湯河原通い、税金で家族旅行やヤクオフで趣味の絵画の落札等々の「税金無駄遣い騒動」以来、滞納者に電話や接触するたびに「税金泥棒のような都知事がいるところには払いたくない」と罵声を浴びせられるのが常だそうです。
 担当者らは、「それはそれ、これはこれ・・・云々」と低姿勢な言葉で説得するそうですが、納税者は聞く耳を持たないのが現状のようです。都知事への抗議電話やメールは基本的に政策企画局都民の声課 が受_6137理するのですが、既に2万件超だそうです。しかし、主税局のような税収の最前線への苦情も含めたら数えきれないはずです。このようにトップのあり方は、その組織すべてに影響することを知事は理解しているのでしょうか。そして、都庁職員が誇りと自信を持って仕事に集中出来ず、著しい士気の低下を招いている現状は、都民の不幸につながっていることを何と見るのか・・・・・・・当面の都議会は今月15日迄であり、知事は「調査中」を縦に時間を稼いで逃げ切りを狙っていることは明白です。
 頭が良くずる賢い舛添知事は世論が治まるの待っているのでしょうが、納税滞納者には強制執行による財産差押えが待っているという大きな違いがあります。Image

東京都政策企画局 総務部 「都民の声課
都庁代表電話03-5321-1111(代表)
TEL: 03-5320-7725
FAX: 03-5388-1213
Mail:ml-chijihon-soumu@section.metro.tokyo.jp

生活文化局広報広聴部都民の声課

  • 手紙・はがきの場合:〒163-8001 東京都庁「都民の声総合窓口」担当
  • ファクスの場合:03-5388-1233
  • インターネットの場合:「ご意見募集」からお寄せいただけます。
  • 寄せられた声の紹介」はこちらからご覧いただけます。

|

« マスコミの裁判傍聴席独占の実態 | トップページ | 今は迂闊なことは言えません »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

舛添都知事に決定的に欠如しているのは「モラル」と「危機感」であり、モラルのないところにモラールを求めても無理な話で、その点、前大阪市長の橋下氏は公用車規定を何度も変えて厳しくするなどきちんとモラルを示しており、一方、東京都は予算が潤沢であることが危機感の欠如となっており、そういったところに変革・改善を求めるのも無理な話であるが、
http://otokitashun.com/blog/daily/11448/
総論ではそうでも各論では待機児童を7千人以上も抱えていてはとても美術館巡りなどにうつつを抜かしている…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000507-san-pol
…暇などないといったところで、そろそろ橋下前大阪市長はそんな東京都に税金を払いたくないというのであれば他の自治体に「ふるさと納税」すればよく、特に熊本地震の被災自治体は復興資金を必要としていると主張しているが、その理屈で行くと、安倍政権に不満で国に税金を払いたくないというのであればタックスヘイブンを利用すれば良いということになってしまうのではないかといった点にも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年6月 2日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65799418

この記事へのトラックバック一覧です: 都職員の士気低下は都民の不幸:

« マスコミの裁判傍聴席独占の実態 | トップページ | 今は迂闊なことは言えません »