« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

イギリスのEU離脱騒動に想う

 近年の世界は「グローバリズムVSナショナリズム」の戦いと分析さ00000251れるそうです。
 「グローバリゼーション」は、人やモノの移動を自由化して「地球は一つ」という方針で社会を発展させる考え。「ナショナリズム」とは国家または民族の統一・独立・発展を推し進めることを強調する考えとされますが、何事もメリットとデメリットは付き物です。
 「地球は一つ」の実現を期待して誕生したEUからのイギリス離脱騒動は、押し寄せる移民問題などグローバル化の問題点を浮き彫りにした典型でしょう。
  かつて、ソ連を中心に東欧諸国を衛星国として従えた「ワルシャワ条約機構」、或いは日本が夢見た「大東亜共栄圏」のアジアは一つという考えもグローバル化の走りだったのでしょうが、いずれも脆くも崩壊し、EU諸国では東欧からの難民・移民問題、日本でも日本に愛着を全く持たない在日が治安問題などに暗い影を落としています。イギリスでも、このまま大量に押し寄せる難民・移民を簡単に受け入れ続けては、イギリスの伝統文化の喪失、また治安の悪化などが耐えられないほど懸念されていたはずです。
  ところで、日本とイギリスは、大陸に近接した島国であることなど地政学的にも良く似ていると言われています。他にも、マナーを重んじる習慣、武士道と騎000020160608185337士道、お茶の文化、道路が左側通行、大人しい国民性、女王と天皇陛下、共に最新鋭の戦闘機「F-35B」型を採用し、アメリカから「最も重要な二国間関係」と尊重される点など共通項が多いようです。
 そして、イギリスも近接の大陸とは付かず離れずの間合いを保つ関係が、一番長続きすると国民は本能的に思っていたことが、今回のEU離脱を選択した結果でしょう。日本での、朝鮮半島や中国、ロシアとの関係を示唆していると思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

「支持政党なし」が党名とは面白い

 「政治家のバッジ」欲しさや保身のために節操ない言動や、私利私欲000009za_2・奢侈(しゃし)・驕慢(きょうまん)に走る政治家たちの体たらくで情けない姿が、政治不信、無関心を助長しているはずです。小生はこれまで、どんな選挙でも棄権することなく、足を運んではいますが、時には「支持政党なし」と主張し、白票を投じたい心境になることもある一人です。
 そんな有権者の投票行動を裏読みしてか、政党名を「支持政党なし」、そして「政策や公約は一切ありません」というグループが名乗りを上げて話題になっています。この「支持政党なし」は、今回の参議院選挙では、比例代表全国区に2名立候補しているほか、北海道、東京、神奈川、Image2大阪、熊本の5選挙区で計10人候補を擁立しています。 一見、有権者から票を騙しとる作戦とも見られますが、現行の選挙制度や政治への不満層を取り込む作戦と見るべきでしょう。
 今回から18歳以上の人に選挙権が与えられましたが 、中には「政治のことは良く分からない」、だから「支持政党なし」と投票する人も出るはずです。もし一人でも当選することになれば、改めて国政を担うプロの政治家そして政党に対して、何のため、誰のために存在するのかと警鐘を鳴らすことになるはずです。
  なお、邪道とも思える「支持政党なし」を特に応援しているわけではないですが、党の代表は佐野秀光氏、 2013年7月1日設立 、本部は東京都大田区蒲田4-22-2「情報通信ネットワークビル」で、「どうせ自殺するなら臓器提供を」をキャッチフレーズとした政治団体「新党本質」が前身で、すでに、2014年の衆院選比例北海道ブロックで10万票以上を獲得した実績があるそうです。http://支持政党なし.com/

000sanohidemitsu_main_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

碑文谷公園バラバラ殺人事件に想う

 6月23日には目黒区の碑文谷公園の弁天池で切断された女性の遺体が発見、
 6月25日には、堺市西区浜寺公園町の水路で女性が浮かんでいるのを発見、
 6月27日は品川区東品川2丁目の東京湾につながる京浜運河で、スーツケースに女性遺体が押し込められて発見などと、奇異な事件が連続して発覚しています。Image1_2
  23日碑文谷公園の池から発見された女性のご遺体は身元が判明し、世田谷区野沢3丁目のマンション3階に一人住まいの阿部祝子(ときこ)さん(88)と特定されImage2たようです。碑文谷警察署に設置された特別捜査本部では、阿部さんは19日午後8時ころに長男一家を見送る姿がマンションの防犯カメラに写っており、20日午前9時ころには、阿部さんと約束があった清掃業者が自宅を訪ねたが、応答がなく電話にも出なかったと発表しています。この空白の13時間に何があったのか・・・・・
 殺害した場所が自宅とは限らず、知人なら阿部さんを電話で呼び出して、別の場所で殺害して遺体を切断して車や自転車で運んだことも考えられます。マンションから碑文谷公園までは約600mImage1で、車では2~3分、徒歩でも10分以内の距離のようです。マンション周辺には数台の防犯カメラが設置されており、犯人が普通にマンションに出入りしたなら必ず映っているはず、それとも非常階段やハシゴ、高所作業車等を使って映らないことも可能なのでしょうか。いずれにしても、行き当たりばったりの通り魔事件ではなく、何らかの利害が深い人物による計画的な犯行でしょうから、「弁天様」の天罰が当たること間違いなしです。追加情報ですが、被害者の住んでいた部屋からは、血痕など何も痕跡なかったそうで、またマンションに隣接した「南原公園」も犯行関連場所なのか立ち入り禁止になったそうで、被害者をベランダか廊下辺りから公園方向にロープで降ろしたか、落下させた後、この公園や別の場所でバラバラにしたのか・・・・・それとも同マンションのいずれかの部屋なのか、不謹慎ながら俄か探偵の興味をそそっていますがナゾだらけの事件です。
Image1_2
Image3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

日本の核武装、そんなに恐怖ですか

 米国のバイデン副大統領が中国の習近平国家主席に、「我々が北朝鮮(の核問題)を解決しなければどうなるか。日本が明日にも核武装したらどうなる 」などと日本0000006rの核武装の可能性に触れ、北朝鮮の核開発をやめさせるよう中国に促したところ、習主席は「待ってほしい」と述べ、警戒感をあらわにしたという。
 まるで、日本を追い込んだら何をするか分からない国とでも思わせて、日本にだけは核武装させるなと聞こえます。きっと、米国の本音は、日本が核武装したら広島と長崎の復讐を日本は本気で考え出すとでも思って警戒しているのでしょうか。
 つまり、米国にとって日本は潜在的に最大の敵国として存在しているのであり、だからこそ、戦後70年経った今も、日本ののど元に刃を突きつけつつ占領を続け、通常兵器も一段二段も劣るものを自衛隊に与えている現実と合致しています。
 そして、国際社会に、日本の核保有は恐怖として煽り、米中露をはじめとする核保有国の核は正義目的で保有しているとでも思っているのでしょうか。0000030d2c
 先般は、トランプ共和党大統領候補の日本の核武装容認発言が物議を醸していましたが、現在の世界の現状は日本自らの核武装なくして、日本の安全保障は維持できないと常識的判断を乱暴な言葉ながら日本国民に伝えたかったのでしょう。何故か今、「力なき正義は無力、正義なき力は暴力」という誰かの言葉を思い出しています。個人でも国際社会でもどんなに立派な事や正論を語っても、貫く力がなければ誰も聞く耳を持たないことは、北朝鮮や中国、ロシアなどとの交渉を見れば明らかです。とわ言え、日本の核武装のハードルが高いことは誰の目にも明らかです。
 やはり、いつの日か日本人の復讐心が膨らむことを憂慮しているのか・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

戦艦三笠の保存とニミッツ元帥

 6月18日の「ブラタモリ」の舞台は横須賀で、「なぜ横須賀は、要港(ヨーコー)っすか?」などとダジャレながら、150年も前に造られた現役の巨大なドックや停泊中のニミッツ級原子力空Photo母ロナルド・レーガンの見学などでしたが、戦艦三笠のことに触れなかったことは残念でした。
 私が横須賀の戦艦三笠を訪問したのは、山口百恵の「横須賀ストーリー」が街に流れていた頃ですから、もう40年近く前のことです。しかし、当時の私は日露戦争で連合艦隊旗艦を務め、東郷平八郎連合艦隊司令長官が座乗した戦艦の復元や保存に、こんな美談があったことを知りませんでした。
 数年前知った美談とは、戦後、横須賀港や「三笠」を接収した米軍は、娯楽施設「キャバレー・トーゴー」や水族館として使っていたのでしたが、東郷元帥を敬愛していた米国海軍のチェスター・ニミッツ元帥は「この有名な軍艦をダンスホールに使うとは嘆かわしい……」と激怒し、娯楽施設としての使用を中止させたそうです。さらに、昭和33年にはニミッツ元帥は「文藝春秋」の随筆欄に「三笠と私」と題する文章を掲載して、その売り上げを三笠の保存に寄付するなどして復元・保存運動を手助けしています。
 ニミッツは日本海海戦の祝勝会で東郷平八郎と杯を傾け、東郷の葬式にも参列するなど東郷元帥を敬慕していたそうで、日米海戦では東郷の戦法をマネて帝国海軍を全滅させたとも言われています。また、太平洋戦争の敗因は、太平洋艦隊司令長官のニミッツ元帥と太平洋方面最高司令官マッカーサー元帥の息の合った侵攻作戦「カートホイール(車の両輪)」作戦」に日本は敗れたとも言われています。
 昭和17年夏に始まる、ガダルカナル島の争奪戦では日米の陸海軍が四つに組んだ壮絶な戦いを展開しましが、結局、ガ島は米軍に奪還され、そのガ島をニューギニア方面の反攻の拠点とし、日本軍の重要拠点を次々に奪取して日本本土へと迫る「飛び石作戦」を開始しますが、陸海両総司令官の二人三脚はそのまま終戦まで続いたそうで、何かと縄張り争いが多かったとされる帝国陸海軍と違い、米陸海軍の息はピッタリ合致していたそうです。
 戦後の日本には、GHQのマッカーサー最高司令官が命じた「憲法」や「農地改革」をはじめ、「マッカーサー道路」、「マッカーサー00026598d1記念館」など日本での足跡が随所に残っていますが、車の片輪であるニミッツ元帥の足跡としては、この戦艦三笠の復元や保存に尽力したほか、昨年4月、天皇皇后両陛下が訪問されたパラオのペリリュー島にはニミッツの鎮魂の碑文が知られています。
 碑文には「諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕したか を伝えられよ」と・・・・・・そして、東郷平八郎やニミッツのこと、戦艦三笠や有色人種が白人を初めて破った日露戦争のことなど、教科書でバランス良く教える時代が到来することを待ち望んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

ミイラになるのは民進か日共か

 日本共産党の「二段階革命論 」の第一段として進める「民主連合政権」構想は、やはり日本共産党ペースで進んでいる印象です。Image1
 先日、NHKの党首討論番組で、安倍首相は参議院選挙の改選1人区で民進、共産などが野党統一候補の擁立について、「ただ混乱を呼ぶだけだ。あまりにも無責任だ」と批判したところ、民進の岡田代表や共産の志位委員長は、まず安倍政権を倒すことが目標だと反論していました。
 首相は「安倍政権を倒すということで一本化しているのであれば、倒した後どうするのか。そこから考えるのか」と疑問を投げていましたが、有権者にとっては、「選挙協力しても、政権は共にしない」ということは、こんなに分かりづらいことはないのです。
  ただ、共産党の小池晃書記局長は、安全保障関連法廃止を目指した「国民連合政府」構想をハッキリと打ち出しており、「(民進党の岡田氏は)いろいろな言い方をしている。右に揺れ、左に揺れしているのかもしれないが、基本的には、政権の問題はこれからも継続して協議すると確認している。」と、すでに民進党を取り組むこと満々です。
 権力奪取のために野合も辞さないただの権力の亡者「民進党」と長年温めて来た民主連合政府の第一歩を踏み出す「日本共産党」との駆け引きでは、共産党側に一日の長があり、「民進党」が「ミイラとりがミイラになり」泣きを見るはずです。

2016_6_21image2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

日本共産党は衣の下に鎧が・・・

 日本共産党は1922年(大正11年7月15日)、スターリン率いる国00000zbpj_2共産党(コミンテルン)の日本支部として発足しており、間もなく94歳だそうです。しかし「雀百まで踊り忘れず」と言いますが、いったい何歳まで革命ゴッコにうつつを抜かすのでしょうか。
 事実、共産党には「二段階革命論 」という彼らにとって実に便利な理論があります。
 まず「民主連合政権=国民連合政府」を樹立させ、次に、その政権の権力を日本共産党が主体的に握り、一挙に共産主義革命を起すという考え方です。この「民主連合政府」は、革命に進むプロセスの見せかけの政府であって、最終目標ではないのです。最近、この耳障りのいい国民連合政府の構築を掲げて、他の野党に接近していますが、民進党などはそれに安易に乗っている印象です。
 これは、共産党の真の狙いを解っていて受け入れているのでしょうか。
 かつて戦後の日本共産党は、衆院選で35議席を獲得し10数万人の党員を擁すると、暴力革命を決起。20年代後半は騒擾事件や暴力的破壊活動を全国で蜂起しましたが、流血の武装闘争は国民から非難され、27年の衆院選では党候補は全員落選。これを反省したのか、昭和36年、第8回党大会で二つの敵は「アメリカ帝国主義と日本の独占資本」と断じ、民主主義革命から社会主義革命に至るという二段階革命方式を採択しています。しかし、邪魔が入り民主連合政府にスンナリと移行できない場合、つまり敵の出方 によっては武装闘争も有りうるとされます。当時の日本共産党員は、日本国内に内乱を起こしてソ連の属国にする考えの持ち主と見られ、いくらニコニコ作戦(微笑戦術)を展開しても衣の下に鎧が見える」と言われていました。
 ところが、1989年「ベルリンの壁崩壊」、1991年には社会主義陣営の親分ソ連が崩壊すると、日本共産党に対する怖いイメージが国民から薄れたことが理由なのか、単に他の野党が不甲斐ないからなのか、現在は衆議院21人、参議院11人と、戦後の35議席に迫る勢いです。そして最近では、安保関連法制廃止に向け「民主連合政権」構想を打ち出し、これに乗る野党もあるのですから、政権奪取後の憲法や天皇制、自衛隊、外交構想などを国民に説明すること極めて大切です。尤も、大切なことを幾ら約束しても、国民や他国との約束を簡単に反故にすることは、共産主義国の常套手段であることは、誰でも知っています。
 やはり、敵の出方 によっては暴力革命に打って出ることもあるのでしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

政治資金は純粋な政治活動に限定を

 舛添知事を辞任に追い込んで満足することなく、ザル法と指摘される政治2016_6_19image資金規正法の改正に国民は厳しい目を向けることが大切なはずです。かつて、政治資金規正法違反を指摘され批判に晒されていた松岡利勝農相が2007年5月28日、議員宿舎で首吊り自殺されました。当時も「ザル法」と指摘され、原則全ての支出の領収書を公開することなど一部改正がありましたが、まだまだ不十分なことは、舛添騒動で再び白日の下に晒されました。
 日本大の岩井奉信教授は「支出を細かく限定するのは無理だが、国民の疑惑を招かないようにしなければならない」、「使途に規制がないため、問題となった政治家も『運が悪かった』と思うだけ」、「本人が『会議を開いた』と言えば罪に問うのは難しい」と指摘しています。
  また、日本大の岩渕美克教授は「現行では有名無実化しており、公職選挙法の連座制のような規定を設けなければ、政治資金の問題は一向になくならない」、「舛添氏のような目的外使用を規正法の虚偽記載で立件するためには、目的外使用を法的に認めないように規正法を改める必要があるのではないか」と語っています。
  松岡農相は、事務所経費を「ナントカ還元水の購入費」と居直ったことが火に油を注いだ結果になり、舛添知事は「ルール通りやっている。全く問題はない」と開き直ったことに、市民感情と大きな隔たりを覚えたものでした。
 いずれも法違反にならないとしても、都民・国民の怒りを買うことは必至です。
 松岡農相も舛添知事も、「なんで俺だけが指摘されるのか」と悔し涙を流したはずですが、「ザル法」を放置していることは、その辺りに大金を放置しているようなもので、少なからず誘惑の手が伸びるはずです。とにかく「性善説」というシナリオが崩壊した現在、人は誰でも悪に走る可能性があるという「性悪説」に立った法体系にすべきであり、拡大解釈され難く、かつ純粋に政治目的外使用を認めないように規正法改正は喫緊の課題のはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

長島氏に多摩を重視して欲しいが

  出来れば、元外国人や親が外国人だった人を、いくら立候補資格があろうと都知事に選ぶことだけは止めて欲しいものです。某知事や某国会議員のように無意識のうちに祖国の為に働くこと必然です。000599bors
 さて、都知事候補として、民進党からは蓮舫代表代行と長島昭久元防衛副大臣が注目されています。ただ枝野幹事長は「自公と相乗りするとか相乗りしやすい人を党として擁立することはあり得ない」と語り、蓮舫代表代行を推す声が強いことを匂わせています。
 しかし、蓮舫氏は18歳のとき1985年(昭和60年)「国籍選択制度」改正と同時に日本に帰化した人物と知られ、2011年行政刷新担当大臣当時は、自民の西田昌司議員に脱税や覚醒剤取り締まり法違反容疑で逮捕歴がある人物と黒い交際や政治資金規正法違反などで追及されて失脚するなど、舛添知事以上に不祥事まみれの人なのです。この醜聞は出馬表明と同時に、或いは仮に当選しても様子見されてから、再び吹き出すことを民進党や支援する都民は覚悟すべきです
 その点、東京21区(立川市、昭島市、日野市)が地盤の長島昭久 氏は自民・石原伸晃議員の秘書をしていたことからも、憲法認識や外交・安全保障問題などにおいて、保守的な主張を常々しています。特に多摩出身であることから、横田基地の軍民共用化の推進や多摩都市モノレール延伸、多摩の産業振興などに努めることで、三多摩格差解消に取組んで欲しいという期待感も広がります。好きな言葉は、南洲翁遺訓から「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものなり。此の始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」 だそうで、国を背負う覚悟が見えます。果たして、帰化した蓮舫氏にこのような覚悟があるか・・・・・現段階では、長島氏も否定しているようですが、相乗り可能な人材は極めて少ないはずです。当面は与野党の駆け引きから、いろんな人物が浮かんでは消えて行くことでしょう。早くも、蓮舫氏は参院選出馬から都知事選は見送りの公算が強いとの見方もあり、すると長島氏擁立の可能性、そして相乗りもありか・・・・
民主・長島氏が党批判 労組依存、何でも反対路線…「民主は目を覚まさなければ消えゆくのみ」http://www.sankei.com/politics/news/150616/plt1506160029-n1.html
蓮舫はこんな人物
  https://youtu.be/J7btU5Uiews  

民主党 蓮舫、黒い交際 国会で追及され びくッ! 【西田昌司】 https://youtu.be/Xn_sgih6ZTQ

2016_6_18image

西田昌司vs蓮舫
  https://youtu.be/Xlqh15w_w68

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

都議も知事も同じ穴のムジナ?

 舛添知事の辞職表明を、NYタイムズは「sekoi(せこい)」という日本語を紹介しつつ報じたことで、「ツナミ」や「モッタイナイ」に続いて「セコイ」も世界共通語決定?の模様です。しかし、今後は「あまりにセコイ、セコスギル」と断じた都議会議員の資質や政治資金の遣い方に批判の矛先が向いていることを知るべきです。
 特に、総務委員会や百条委員会で「徹底的に追及」とか威勢のいい掛け声だけで都議会を閉会して、疑惑を闇の中に葬る姿勢に多くの都民はガッカリすると共に、結局は都議も知事と同じレベルのことをしているからと見られているのです。つまり、今回は都知事には厳しく迫って辞任に追い込みましたが、それでは都議会議員の皆さんはどうなのという話しです。
 実際は、「都議も皆マスゾエしてます」との噂が聞こえきます。
 このまま終わっては、ただの茶番、舛添騒動とはいったい何だったのか・・・・・・
 舛添知事疑惑、百条委設置は見送り 傍聴席からヤジ「自民、公明どうした」
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000011-wordleaf-pol
ネット上の批判の声
■最後まで真相を究明せず、臭いものに蓋しやがって。舛添に6月の期末手当は約380万円で退職金2200万!て、まるで「泥棒に追い銭」じゃないですか?   
■舛添への密室の説得は、「辞任すれば百条委員会はやらない」という裏取引をしたのだったのかな?
■都議は怠慢過ぎ!百条委員会否決とか、自公都議も自公都議だが、先日の総務委員会で「徹底的に追及します!」とか威勢の良いこと言っといて、都議会閉会して疑惑は闇の中ですか?
■百条委員会見送り。ほかの議員は何をしている。自分たちも身に覚えがあるからできないのか。なぜ最後まで追及できないのか。皆国民はきちんとチェツクして入るから選挙の時にしっぺ返しが来るよ。
■自民公明は何してんだ。これが辞任の裏取引だね。自公の功罪は大きい。真相を追及しなければ、また同じことを繰り返す。自公はもともと追及する気なんてなかったんだよな。
都民の怒りに「これじゃまずい」、だから追及のポーズをとったと。
■結局何も解明されず、自公のシナリオどおり。絶対に許してはならない。
  やはり自公の茶番劇。最終的に舛添がごねたから、都議会の解散無しと今後の追及をしないことが条件で舛添が辞任したんだね。
■都民の世論がどう動くのか? 都民がこの件を踏まえて参議院選挙、都知事選挙でどう審判を下すのか? 今度は有権者の倫理観と品格が問われることになる。
■自公は臭いものに蓋だな。自分達も同じようなことやってるからに決まっている。
美しい国日本を支配する利権は何がなんでも守るってことだな。
■百条委員会なんてできるわけない。今回の問題は、金額の多かれ少なかれはあれど、議員もやってる事だからね。これ以上追及したら自分達の首も絞める事になる
■自民と公明は疑惑を闇に葬る形で自己保身に走ったことを忘れるな。
舛添のやってきたことをまたやるようなやつらしかその政党にはいない。
■ジャーナリストの須田慎一郎氏が語った国外からの金絡みの問題が暴露されて、違法判断をする権利もないくせに偉そうに判断したフリをした第三者ではなく、司法による徹底的な捜査で事実が白日の下にさらされることを期待する。
■疑惑はすべて闇の中。これでいいの? 今の自民党、公明党都議会議員は次の選挙で痛い目に合わないとわからない。
■正義のためではなくあくまでも参議院選だけの為。自公も結局は私利私欲でしか動いてない。不信任案提示には道義性は皆無でトカゲの尻尾を切ったにすぎない。こんな政党も信用できませんな!日本には任せられる政治家は皆無だということが分かった。
■今頃、東京都議達は、舛添が”議会解散”というイタチの最後っ屁をかますことなく自ら辞任してくれて、ホッと安堵してることでしょう。都議のそういうことまで透けて見えています。こういうところが、舛添騒動という体たらくを生んだ温床なのですよ。
結局、他の都議も同じ穴のムジナってことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

ピーターの法則に該当しない人

 「ピーターの法則」によれば、能力主義の階層社会では偉くPeter_198_2るほど無能になるとされ、その実例が舛添都知事なのでしょうか。
 ピーターは、「能力主義の組織において有能で上昇志向の強い人物は、それなりに役職という階段を上っていくが、その人物も一定のレベルに達すると、それ以上は出世できない」、その結果「組織の上位は次第に無能な人物で占められ、組織全体も無能になっていく」という。
 つまり舛添氏は、都知事などならずに、強烈な論客として批判だけを口にしていた頃が、自分でも居心地よく輝いていると見え、世間から最も評価された時期だったはずです。しかし、都知事という持てる能力・器量・資質以上のポストに祭り上げられると、「知者は知に溺れる」「泳ぎ上手は川で死ぬ」「得手に鼻突く」の例えのような言動の数々から、「梯子を外された」うえ「裸の王様」になり、自分を見失った結果が現在の哀れな姿なのでしょう。Img_6231
 舛添知事が辞職を表明した現在、次期都知事候補選びが水面下で急がれ、下村博文衆議院議員、小池百合子元防衛相、片山さつき参議院議員、石原伸晃経済再生相、蓮舫参議院議員などの名前が取りざたされています。最近、注目の一人として「嵐」の桜井翔さんの父親の桜井俊総務事務次官ですが、同氏は「どこからもそういう具体的なお話があるわけではありません。仮にあったとしても、光栄ではありますが出るつもりはありません」、「自分のことは、自分が一番よくわかっておりまして。わたしは、情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とても、そのような役を果たせるだけの器ではないというふうに思っております」と出馬を否定しています。
 しかし、総務省の事務次官といえば、実質的に民間人の最高ポスト。その人柄は「政策提案型の官僚で、バランス感覚に優れている。自分には厳しいが、他人とは柔軟に接する。上司に信頼され、部下の人望も厚い」(総務省関係者)と言われ、都議会関係者も「その人選はすごい。首都のために決断してほしい」と歓迎されているそうです。このような謙虚な方が「ピーターの法則」に該当しない人物とみられ、「やりたい人」よりも「やってほしい人」のはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

舛添知事に海外勢力から賄賂

 舛添知事には、「泣きっ面に蜂」、「弱り目に祟り目」、「一難去ってまた一難」の状況が続いています。先日の「そこまで言って委00000055b4_2員会 NP 2016.06.12 」で、舛添都知事が「ある海外の勢力」から賄賂を受け取り、便宜を図った疑惑浮上したと語っています。そして、逮捕の可能性もあることを、間もなくある週刊誌が暴露すると須田慎一郎氏が語っていました。下段の動画では40分頃から舛添問題に入り、 51分ころに「外国から賄賂」と暴露発言があります。
ところで、舛添要一氏が外国に便宜を図った事案として、
■ソウル市に対し、都市型水害対策や地下鉄安全対策の技術提供
■朴槿恵に対し、韓国への一方的ヘイトスピーチ規制を約束
    (日本へのヘイトスピーチは放置)
■朴槿恵に対し、東京の韓国人学校の増設を約束
■2020年東京五輪と2018年韓国の平昌冬季五輪に相互支援の合意書に署名
■ソウル市に対し、道路陥没対策の技術協力に合意
■ソウル市に対し、東京五輪の合同観光商品の開発を約束
■ソウル市のため、東京都民の血税を使ってソウル旅行の広告宣伝
 などがあります。さらに、舛添知事は「リオ五輪までに辞職するかしないか」との質問に、辞めると答えたのは「須田・長谷川・末延・さゆり・ざこば」でしたが、辞めないと答えたのは「竹田・メア・金」でした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000008-ykf-soci

Image

2016年6月12日 そこまで言って委員会NP 2016.06.12  
https://youtu.be/w0rr6UQXX8g  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日中に舛添知事が辞任の意向

 舛添都知事(67)が急転直下、辞任の意向を固めたそうで、今日15日中にも、都議会議長に辞職願を提出する見通しと速報されました。Img_6214_3昨日は、「子供がイジメられている」と涙ながらに不信任を固めた都議に延命を懇願した舛添知事でしたが、それを受け入れられず、辞職か、失職か、議会解散かの選択に迫られていました。
 きっと、帰宅して自費による真剣な家族会議を開いたはずで、「万策尽きた。この辺でいいか」と家族に問いかけたはずです。そして家族も泣き泣き「お父さん頑張ったね」「もう十分ですよ」と相槌を打ったことでしょう。ただ、この判断が一か月早ければ、再起の余地もあったでしょうが、時すでに遅し、今後は全ての公職から拒絶されるはずです。
  舛添知事も尊敬するという西郷隆盛の最期は、鹿児島の城山で側近の別府晋介に「もはや万策は尽きた」、「晋どん、もうここいらでよか」と告げたことを思い出していますが、時勢を読みきれなかった点で似ています。拙ブログでも、多少でも世論を喚起させようと、ここ一か月間舛添氏追及の手を緩めなかったのですが、本当に「引導を渡した」のは家族だったはずです。さぁ、いよいよ都知事選の本格的な準備です。任期途中で知事が辞職した場合、都道府県議会の議長が選挙管理委員会に通知してから50日以内に知事選が投開票されますので、最も早い日程で、7月31日(日)の投開票が想定されます。

Img_6230
Img_6224Img_6218

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「舛添悪代官シリーズ」も山場か

 時代劇の「暴れん坊将軍」や「水戸黄門」では、権力を悪用した悪党の好き2016615image_3放題の悪さに、視聴者(国民)がムカムカして我慢の限界の場面に、主役の将軍吉宗や天下の副将軍光圀が現れ、その正体を明かせば悪人たちは一旦は「ハッハァー」とひれ伏すものの、開き直るパターンが殆どでした。
 「暴れん坊将軍」では、「上様がこのような所に来られるはずがない」「恐れ多くも上様の名を騙る不届き者だ切れ!」。
 「水戸黄門」では、「ええい!水戸のご老公を偽る不届き者め!切れ!」などと悪党は開き直りますが、全ての悪人が懲らしめられ、村に平和を取り戻したことにスッキリしたものでした。
  さて、超豪華な外遊や都民の血税の無駄遣いの数々から稀代の悪代官と形容される「舛添悪代官シリーズ」もいよいよクライマックスを迎えています。思えば、5月11日に発売された『週刊文春』5月19日号の「舛添都知事の政治資金規制法違反疑惑」記事に端を発して以来、「カラスの鳴かぬ日はあれど、舛添の名を聞かぬ日がない」ほどの大反響を呼んでいます。
  今日15日午後にも、都議会は悪代官・舛添知事の不信任決議案を可決する見込みです。一旦は、「子供がイジメ000499atられている。マスコミに追い掛けられ泣いて帰宅した」などと涙を流して哀願しても、この悪代官は最後まで潔しとしません。悪事に手を染めたならにはトコトンまで「毒を食らわば皿まで」と、自分の不始末を棚に上げ議会の解散という掟破りの手段に出る可能性も残っており、まだまだ予断を許さない状況が続いており、不謹慎ながら「舛添悪代官シリーズ」の続編?も楽しめそうです。
舛添知事が描いているのは「都議会解散後、みずから辞職」による都議選・都知事選のダブル選挙では http://otokitashun.com/blog/togikai/11702/
000image0083

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

舛添知事が泣いて懇願しています

 長年、贈収賄事件などの知能犯捜査に携わった刑事さんの話Image1しですが、挫折を知らない高学歴のエリートに限って、生まれて初めて自己コントロールできない現実に遭遇したとき泣きわめくそうです。きっと、完落ちしたエリートの犯人は泣くのが唯一の自己表現なのかもしれません。
 今日、14日午後6時前に議会運営委員会の理事会室に入った舛添知事は、涙ながらに、時折、目にハンカチを当てながら、「子どももいじめられているので辞められない」、「リオオリンピック目前に混乱を招くのはマイナImage2ス。知事の座にしがみつくつもりはない。都政を混乱させるわけにはいかないということで知事を続けている。政治家として東京都の名誉を守りたい。時間をいただきたい」と泣きながら語ったそうです。また、ここまで耐えてきたのは、「リオで東京が笑いものになってしまうから。選挙をやれば50億や100億かかる」などと、この期に及んでも恰好つけて御託を並べているそうです。
 これに対して、ネットの反応は、
■リオに「日本の恥」のお前が行ったら、日本が笑われるだけだ。
■子供は、ホテル三日月の真実を知ってるから周りから色々聞かれてるのかな?
■悪人が最後に殺されかけて命乞いしているようなものだ。
■舛添の子供達がいじめられてるのは可哀相だが、父親は散々都民に嫌がらせをやってきたのだから仕方ない。
■これまで弱者に手を差し伸べることをしなかった罰だ。
■とうとう泣き落としか・・ 見苦しいにも程があるな
 などと容赦しないコメントばかりのようです。
 そう言えば、野々村議員も感情をくコントロールできなくなり、号泣会見になっていましたが、舛添知事の号泣にはカメラが無かっただけでも幸いでしたか・・・・・
 舛添知事の完落ちも目前です。ここで情けをかける必要はないはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

信義にもとる男が「信義」を語るな

 「信義」とは、真心をもって約束を守り相手に対するつとめを2016613image果たすことですが、都民に対する裏切り行為の数々から「信義にもとる男」、また、男としての器量がない「信義の欠片もない男」が信義を連発していました。
 舛添知事の政治資金「公私混同」疑惑から都議会総務委員会の集中審議が行われていますが、「ホテル三日月の会議相手は?」や公用車を利用した「プロ野球観戦、N響第九鑑賞の招待者は?」との質問に、知事は「人の機微に触れ、政治家としての信義という観点から外に出せない」と幾度も語り、都民に対する説明責任を放棄しました。
 この他にも、舛添知事の答弁は殆どパターン化しており、 痛い質問をされると、「記憶にありません、調べさせて下さい」 差ほど痛くない質問には、「申し訳ありません。不徳の致すところです」 、 辞職を促されると、「都民のために全身全霊を持って職務を全うします」。
 これでは、都民から納得される訳もなく、政治家としての信義を語る資格はありません。そして集中審議の終了前に、「今後は知事給与を全額カットする」、「不信任決議案が可決されれば、知事選または都議選がリオ五輪に重なるので猶予してほしい」との意向を表明していましたが、「不信任可決なら議会解散する」との発言は脅しともとられています。とにかく、貴殿にリオ五輪や東京五輪を心配する資格は無いのです。既に政治家として一番大切な都民との約束を守り、務めを果たすという信義を重んじる姿勢は全く感じられないのです。
 果たして、今日14日にも自公主導の不信任案が提出されるのか・・・・・

Img_6209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

舛添氏に引導を渡すのは誰か?

 先日、近所の葬儀に出席しますと、お坊さんが松明(たいまつ)に似せた仏Img_6203具をお棺に向って放り投げていました。これは死者を迷界から浄土へと導く引導を渡す儀式だそうです。一般的に「引導を渡す」とはトドメを刺す意で、見込みのない人間に引導を渡すなどと使われますが、正に今の舛添都知事がその対象でしょう。
 さて、数々の疑惑に開き直るなど真摯な態度を見せない舛添知事に都民・都議会・マスコミ等は呆れ返っています。12日放送のフジテレビ系「新報道2001」で、自民党総裁特別補佐の下村博文・衆院議員(東京11区)は、「明日次第ですね。不信任案が出た場合、自民党はそれを否決するだけの状況証拠を持っているわけじゃない。今までと同じトーンの答弁を舛添さんがしていたら、納得できない」と述べていました。つまり、知事選で舛添氏を支援し、都議会で過半数を占める自民党まで見限ったことです。本来「政治家の出処進退は自ら決めるもの」と言われますが、普通なら家族から「買い物にも行けない」、子供から「学校でイジメられる」などと言われたら「それじゃ辞めるか」となり000012400_そうですか、今の舛添氏にはその空気を読む能力も資格もないのでしょう。
 舛添氏は、中国の英雄・孫文を「決してめげない失敗の英雄」と讃えていますが、今、降臨して一体化してパワーアップしているのでしょうか。
  今日13日の都議会総務委員会は午後2時半からで、まつば多美子(公)、曽根はじめ(共)、西沢けいた(民)、石川良一(進)、おときた駿(か)の他、自民の総務委員、鈴木隆道、木村基成、大場やすのぶ、近藤充、秋田一郎の中から二人のはずで、1問1答形式の追及質問に立つようです。
 正に都民・都政を救うために選抜された「七人の侍」の活躍に都民の関心が集まりますが、失敗の英雄と一体化した舛添氏に誰が引導を渡すことが出来るのか。そして、二度と都民・国民の前に迷い出ることがないよう成仏させることです。

Image1Image

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

舛添氏は「死人に口なし」作戦か

 今日、6月12日のフジテレビ「新報道2001」は、なかなか舛添都知事追及の核心を突いていました。 Image_2
T社」とは「(株)トレンドシェア」故芹澤邦雄社長
 港区赤坂3丁目4−4専修赤坂ビル5F
E社」とは「(株) エァクレーレン」吉川美鈴
 港区赤坂三丁目4-4専修赤坂ビル1F、5F、6F
と当てハメて、この番組を見ますと理解できます。
 芹澤邦雄氏(元サンスポ記者→トレンドシェア社長)は、昨年11月9日、くも膜下出血で死去していますが、舛添知事が「ホテル三日月」で会議した相手と暗に思わせていますAkasaka3_4_4正に、「死人に口なし」作戦で逃げ切るつもりなのは明白であり、追及のポイントは赤坂の喫茶店の「たまごサンド」と木更津の「ホテル三日月」にありそうです。
 Xディはいつなのか。このままでは、何処までも、往生際が悪い男として、国民の記憶に残ることでしょう。
■東京都港区赤坂2-6-24「喫茶店 パンジー Akasaka2_6_24

新報道2001 2016年6月12日 2016.06.12
 
https://youtu.be/TmMyI3ecKwE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

都知事候補は桜井俊事務次官か

 尾木ママこと尾木直樹氏は、「オリンピックや選挙費用気にして、添知事を辞めさせないでいる方が海外に恥ずかしい、バカにされるのではないでしょうか」と語り、ホリエモンこと堀江貴文氏は、今、舛添知事を辞めたら「衆愚政治に陥って、東京都政は100%悪くなる。彼より良い人が都知事になればいいが、僕はそうならない確率Imageの方が高いと思う」と語っています。どちらも正論に聞こえますが、「ホリエモン」が言う理由は、舛添都知事に今辞められると、立候補が予測される顔ぶれが、山本太郎氏、そのまんま東、鳩山由紀夫氏、蓮舫氏らになってしまうことを心配していると言われています。
 いずれにしても既に、早かれ遅かれ辞職に追い込む世論が形成されており、これを逆転する材料が出ることはないでしょう。後は、辞職に追い込む時期として、都議会与党の自公がシッカリとした後任候補を固めた時点とされますが、果たして「知名度と実力を備えた候補」が見つかったのでしょうか。
  現時点では、“ポスト舛添”として、嵐・櫻井翔の父として知られるSakurai_image桜井俊氏が急浮上 !と報道されています。総務省事務次官といえば、実質的に民間人の最高ポストといっても過言でない立場。その人柄は、「政策提案型の官僚で、バランス感覚に優れている。自分には厳しいが、他人とは柔軟に接する。上司に信頼され、部下の人望も厚い」(総務省関係者)と言われ、都議会関係者も「その人選はすごい。首都のために決断してほしい」と歓迎されているそうです。きっと立候補を確約しているはずであり、これで何ら憂いなく明日からの舛添都知事を辞職に追い込む追及も一層厳しさを増すことでしょう。
 
舛添都知事の“タマゴサンド30人前”領収書を検証…「新報道2001」で
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000075-sph-soci&pos=5<script

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

舛添都知事の〝哀れな末路?〟

 少し突っ込まれると、「今後はスィートルームもファーストクラスも使2016_6_11imageわない」、「湯河原町の別荘は売却する」、「ミスは訂正した上で返金したい」、「政治資金で美術品購入は今後は一切やらない」、「購入した絵画などは美術品は美術館などに寄付する」、「給料を50%減額」などと言っていますがピント外れではないですか。貴殿はトップリーダー?として大切な一貫性と突破力がないのです。都民はそんな優柔不断なリーダーを支持するはずがありません。
 都民は二年前、貴殿の「カネにクリーンなイメージ」や「母親の介護から福祉に強いイメージ」を期待して知事に選んだはずなのに、実際は税金無駄遣い、公私混同、節操が無い経歴、見せかけの介護など真っ黒な人物と看破されて、都民は元より都の職員からも信頼を失ったからには辞任して頂く以外に選択の余地はないのです。
 とにかく貴殿は言うことだけは立派です。
 「何のために政治家をやっているか分からない愚劣な連中」だとか、「横領したような連中はきちんと牢屋に入ってもらうことは当たり前!泥棒でしょ」などと正義感に燃えたような正論を多く吐いています。とにかく今の舛添氏は、「語れば語るほどにボロを出す舛添かな」であり、言ったこととやってることが違い過ぎて、青少年の教育上も厳しい納税に喘ぐ都民にも示しが付かないのです。Image_2
 昨日10日の記者会見でも、
  「なぜ都民のために働き続けたいのか」の質問に、
 「私は都民に選ばれて、4年間しっかり仕事をしろと選ばれたわけですから。---中略---もう一度、仕事をさせていただきたいと・・・・
 「なぜ都民の理解が得られないと思うか」の質問に
 「こういう場での受け答えにしても、こういうタイプですから理論的なことが先行すると思うんです。学者出身だから、生意気なことを言っているように映ることもあると思Image0083_2うんです
  これでは都民から理解を得ることは出来ません。
 「都民に選ばれた」とか「学者出身だから」、「トップリーダーだ」、「二流のホテルに泊まれるか」など上から目線の受け答え一々に都民は敏感に腹が立つのです。また、「自分の知っていることを包み隠さずお答えしたい」と語りながら、「ホテル三日月」に家族で宿泊した際に、元新聞記者で出版会社社長と会議をやったと言い訳をしながら、その正体を明かそうとしない姿勢などに一事が万事で、全てが胡散臭い、良心の欠片も無い人物と感じさせているのです。「傲慢だった」と今更反省のフリを見せても、貴殿のこれまでのイメージがコビリ付いて払拭することは出来ません。そして、裏切り者の結末がどうなるかは、明智光秀や小早川秀秋、外国ではユダ、ブルータス、唐の軍人安禄山などの例を出すまでもなく悲惨な末路が待っていることを思い出して欲しいものです。今の時代、何も命を差し出せとは言いませんが、「政治家の出処進退は自ら決めるものである」と言われるとおり、貴殿も自覚するトップリーダーとしての範を潔く示すべきです。そして、そのスピード感が国民・都民に伝われば、辞任後も活躍の余地が生まれるはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

多摩より湯河原を重視した舛添知事

 舛添氏は都知事選で 「三多摩の発展なくして東京の発展なし」な2016_6_10image_2どと、口から出任せの演説で好感度をアップさせて、多摩地区有権者の票を鷲づかみにしたと言われています。そして、都知事に就任直後の2014年2月の東京都市長会では、多摩地域の大規模団地や都市インフラの老朽化、交通基盤の拡充など多くの課題を指摘し、東京五輪では三多摩地域に各国選手団の事前キャンプを誘致したいことや、自分の足で現場を見て着実に問題の解決を図りたいなどと、多摩地区の関係者をぬか喜びさせる挨拶をしたそうですが、実際は全てが肩透かしをくっただけでした。
 視察した足跡は精々、
2014年4月9日(水)、陸上自衛隊立川駐屯地の航空部隊、警視庁特殊救助隊、東京消防庁の消防救助機動部隊の訓練視察。
5月21日には多摩ニュータウンの視察。
6月28日には 圏央道の相模原愛川ICと高尾山IC間の開通式典に出席。8月28日(木)多摩湖(村山貯水池)を訪問の記録などは残るものの、2015年4月からの1年間で行った国内視察53回のうち、7割以上の39回が美術関連のもので、ここ1年間、一度も多摩地域の視察は無かったうえ、マニュフェストの「多摩担当副知事の新設」も、秋山副知事に肩書が増えただけと酷評されています。
 ざっと見ただけでも、舛添知事が多摩地区に滞在した合計時間は10数時間程度。それに比較して、美術館等に39時間以上、湯河原には、昨年5月から約1年間だけでも、ほぼ毎週末、都庁舎などと湯河原町に公用車で往来し、49回のうち44回は自宅がある世田谷区を経由していたというから100日以上の滞在でしょう。
 これでは都知事として、東京都民に対する責任放棄、危機管理意識ゼロです。
 いっその事、湯河原の町長になればと思いますが、きっと湯河原町民からも、「税金を無駄遣いされるからダメ」と拒否されるはずです。

Image

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

強いメンタルを持った舛添知事?

 自分で蒔いた種とは言え、周囲を全て敵に囲まれ、毎日のように叩かれ踏まれて、0000bnail2孤立無縁、四面楚歌の状態の舛添知事ですが、その強靭なメンタルには驚きの声が上がっています。大阪府の松井一郎知事は、「僕だったら辞める。恥ずかしいから表へ出て来られない」と語っていますが、これが「恥を恥と感じる心」を持った普通の日本人の感覚のはずです。
 ところで、メンタルの強い人の考え方には共通した特徴があるそうです。
 http://spi-con.com/mental-strong/
 その特徴は、「流されない強い目的意識を持っている」、「自分原因説な考え方である」、「全ての出来事が学びの場と考えている」、「全体意識を強く持っている」、「失敗防止策をしたら心配をしない」という実に便利な思考回路です。
  この中で、「全ての出来事が学びの場」とは、
 メンタルの強い人は、1分1秒、すべての瞬間のどんな出来事にも学ぶ要素を見つけます。例えそれが望まない出来事や大きな失敗であっても、「学ぶチャンス」として捉えることができるのです。一つ一つの困難をロールプレイングゲームの様に、ステージクリアしていく感覚、強くなっていく感覚を楽しむことができるという。
 
きっと、舛添知事は「今こそ自分の力を発揮する場面」と見定めつつも、失敗は失敗、過去は過去と割り切り、次の段階に向かうために気持ちを「ギアチェンジ」する準備をしているはずです。このような、「プラス思考」の考え方はマネしたいものですが、一朝一夕には身に付かないことばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

舛添恥事に似合う諺・格言・熟語

  今の舛添恥事に、「清廉潔白」「品行方正」「青天白日」「清貧の人」「尊敬する人」などと000590語る人は冗談なら分かりますが実際は皆無でしょう。まぁピッタリの言葉は「厚顔無恥」「阿鼻地獄」「無間地獄」「破廉恥」「傲岸不遜」「自分勝手」「恥知らず」「エゴイスト」「利己主義者」など幾らでも思い浮かべます。
 例えば、
理屈と膏薬はどこへでもつく」とは、どんなことにも理屈をつけようと思えば、もっともらしい理屈がつくものだというたとえ。
詭弁を弄する」とは、本来は間違っていることを、色々と理屈を付けて正しいかのように思わせるような主張をすること。
権謀術策」とは、他者を貶めて自分の都合がいい状況に仕向け、地位や評価を上げる策略のこと。
我田引水」とは、他人は無視して自分に都合がいいように言ったり行動したり、自分に好都合なように取りはから0000193112う。
一事が万事」とは、一つの事象を見るだけで、他の全ての物事は推察できてしまうということのたとえ。
医者の不養生」とは、他人には立派なことを言う割に、自分ではそれができていないこと。
奥歯に物が挟まる」とは、十分に説明をせず曖昧であるため、何か隠しているような話し方になること。
頭の上の蝿も追えぬ」とは、自分に関わる始末もできないこと。人の世話・心配をする前に、まず自分のことをしっかりと処理すべきという例えとして使われる。
蛙の面に水」とは、蛙は、顔に水をかけられても全く平気なことから、何をされてもこたえないこと、何食わぬ様子でいること。
驕る者久しからず」とは、権力を手中にし栄華を極めているのをいいことに威張り散らしているものは、その後の権勢は長くないということのたとえ。
君子豹変、小人革面」とは、立派な人物は、自分が誤っていると分かれば、豹の皮の斑点が、黒と黄ではっきりしているように、心を入れ変え行動する。
牛を馬に乗り換える」とは、これまでの不利・不都合な方から、有利・都合の良い方へ乗り換えること。
悪事千里を走る」とは、悪評・悪いうわさ・悪行は、世間に瞬時に伝わること。
隗より始めよ」とは、まず物事は言い出した者から始めよということ。
鬼の念仏」とは、日ごろそのような素振りを見せない、無慈悲で冷酷なものが、うわべだけ心を入れ替えたかのように振舞うこと。
貧すれば鈍する」とは、人は貧乏になると、利口な人でも愚かになるということ
貧乏人とは、多くを持たざる者ではない。多くを欲する者のことをいう」ウェーデンのことわざ
いかにいい仕事をしたかよりも、どれだけ心を込めたかです。」マザー・テレサ
奢る者は心常に貧し」とは、人間の欲望は限りがないもので、贅沢な生活にふける者はこれで十分だということがなく、常に不平不満が絶えない。
 だから、贅沢にふける者は貧しい人と同じであるということ。
 せめて助け船の言葉を捜すなら
 「人には口が一つしかないのに、耳が二つあるのは何故か。それは自分が話す倍だけ、他人の話を聞かなければならない」。
 「渇すれども盗泉の水を飲まず」、
 どんなに苦しく、困っていたとしても、不正や不義、不実に汚れずに、身を慎んでいる国民・都民が殆どであることを知って欲しいものです。Img_6182

舛添知事に似合う諺・格言・熟語(2016.06.08)
特大ブーメランが舛添知事に直撃(2016.06.07)
テレビは舛添特需で視聴率アップ(2016.06.05)
都職員の士気低下は都民の不幸
早くも「ポスト舛添」の名前が・・・
こんな人には絶対になりたくない

鬼平なら「舛添知事をどう見る?」(2016.05.22)
都知事は自分だけ優遇とは面白い(2016.05.21)
「天網恢恢疎にして漏らさず」(2016.05.21)
第三者・第三者と知事は壊れた蓄音機(2016.05.20)
国民みんなで監視!「政治資金」(2016.05.20)
「何処に出しても恥ずかしい人」(2016.05.19)
舛添知事が都職員に訓示した言葉(2016.05.18)
舛添知事よ、お前程度が引用するな       (2016.05.18)
「首都の顔」が首都の恥になった(2016.05.17)
舛添氏に新疑惑「日光で会議?」(2016.05.16)
やはり血筋は争えないですねぇ(2016.05.15)
ケチはカネの流れに細かいもの
舛添都知事の疑惑は深まった
風雲急を告げる「舛添知事問題」
舛添知事さん、早めに退陣したら
全く問題ないなら続けたらいい
「評判悪いですねぇ」舛添知事さん 2016.04.27

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

特大ブーメランが舛添知事に直撃

 「陰日向ない」とは、人の見ている所と見ていない所とで言動が変わらないこと。Image
 「表裏一体」とは、表面に出す態度と心のうちが同じという意味のはずです。しかし、舛添都知事の裏表の違いの激しさや陰日向ある言動には、誰がどうも見ても理解・納得できることではなく、往生際の悪さだけが目立っています。舛添知事の発言で特に注目されているのは、厚生労働大臣だった当時、年金横領が発覚した際には、
 「横領したような連中は、きちんと牢屋に入ってもらいます」、
 「いまからでも刑事告発してやろうかと思って」、
 「泥棒でしょう? これは盗人なわけですよ!」、
 「泥棒した奴がヌケヌケと役場で仕事をしていて、いいんですか!」
 などと威勢よく言い放っていましたが、このような一見カネに清潔そうに見えた言動が都民・国民に評価されて都知事に当選したはずですが、他人に厳しかった分、特大のブーメランが勢いを増して都知事に襲いかかっています。
 過去の威勢の良い言動は・・・・・・
都知事立候補時の街頭演説
 「支出を切り詰めてつつましくやる。これが第一。これは東京都庁お役人の皆さんにもそういう無駄は省いてもらわないといけない」
参議院選立候補時の街頭演説
 「国民の血税の無駄を許さない」
 「働いている庶民の心もわからないような、そういう人間を代表に据えるような政党が力を持ったから日本はだめなんです」

厚生労働大臣当時の発言
 「政治資金の問題はあってよいことではない。経理担当者に任せていて、(担当者も)こんな厳しいチェックが入るとは思わず、ちょっと不明なのは適当にやっておく。故意で悪質で誰が見てもひどいのは辞任せざるを得ない」
小渕元経済産業大臣の政治資金問題について都知事時の発言
 「収支のつじつまがあわないのは説明する必要があると思っています。説明がつかないと架空請求ですから、非常に重いなという感じがしています」
バドミントンの賭博問題を受け
 「金銭感覚がマヒするようであればそれは本末転倒」
民主党政権時、外遊に出た大臣に対しての発言
 「大臣になったんだからファーストクラスで海外というさもしい根性が気にくわない」
  実に、立派で非の打ちどころがない、マスコミ受けした発言の数々です。
 このような発言から舛添氏の評価が上がり、参議院議員や都知事に当選したと断じても過言ではないはずです。
 是非とも、都議会議員やマスコミは舛添氏に質問して欲しい。
 「他の議員や知事が公金をあなたと同様の使い方をしたら何と指摘しますか」、
 「都の職員が、公用車を私用で利用したり、公金で私的な買い物をしていたら何と注意しますか」、「かつてのような威勢の良いコメントはできますか・・・・・」と。

舛添語録・いま本人に聞かせたい・新たに領収書偽造!!?? 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

大和君は現代のトム・ソーヤ?

 行方不明から六日ぶりに生還した北海道北斗市の小学2年生・田000a01野岡大和君は今日明日にも函館病院を退院するそうです。しかし、無事を無条件で喜ぶべきなのに、巷では捜索費用の請求とか、親子関係が心配とか、虐待の疑いで両親を児童相談所に通告など興醒めの話しも聞こえて来ます。出来るなら、大和くんの生還の快挙を余裕を持ってコメントしたり報道して欲しいものです。ところで、子供の感性を大切にして描かれた「トム・ソーヤの冒険」の話しは大筋は誰でもご存じのはずです。
 時は19世紀、舞台は米国のミシシッピー川沿いの田舎町。トムは10歳のいたずら好きの腕白少年、両親を早くに亡くし伯母に引き取られ生活しているが、家の手伝いをサボることに知恵を働かせ、伯母に叱られる毎日です。話しの山場は、夏休みの終わり洞窟探検に出かけたトムは暗闇の中で道に迷ってしまい、その洞窟を隠れ家と財宝の隠し場所にしている悪者に捕まってしまいます。暗闇と飢えで死にかけたトムは探しにきた保安官や村人に助けられ、悪者も捕まってしまいます。Image1その後、悪者が隠した財宝を探すために、再度、洞窟に入り十字架の下から探し当て大金持ちになって村人達の英雄となります。元の生活に戻ったトムですが、大金持ちの有名人になったことも忘れ、相変わらずいたずらばかり繰り返し、今日も伯母さんに怒られてお尻をペンペンされる毎日に戻ったのでした。
 トムは冒険によって、周囲の人々の深い愛情や友情を知り、冒険に危険が伴う事と同時に達成感も体験したはずです。大和君も六日間も孤独と暗闇、飢えを耐え忍んだことは自信につながった同時に、家族は勿論、懸命に捜索に当った社会に感謝しつつ成長するはずです。また、同世代の子供たちも、家族や先生からトム君や大和君の話しを聞いて身を重ね、「このような場合、どうすべきか」などと教えられ自分も疑似体験するはずであり、今回のことは無駄なことではありません。今日退院する大和君は、まずはトム君の冒険のように一過性のこととして、早く腕白坊主として日常生活に戻って欲しいものです。トム君同様に頭脳明晰、勇気と判断能力に優れた大和君は必ずや思いやりのある少年、そして社会に貢献する大人に成長するはずです。へんに大人の感覚や常識で凹ませては可哀想です
■トム・ソーヤの冒険(日本語版)/
THE ADVENTURE OF TOM SAWYER (JAPANESE) どうわ・アニメ・学習
 https://youtu.be/VbvcGkX4Fsw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

テレビは舛添特需で視聴率アップ

  都知事という立場を悪用して「公私混同」、「やりたい放題」の舛2016_6_5image3添氏ですが、最近ではテレビ欄に「舛添」の名前を掲載しただけで、視聴率が数%アップする「舛添特需」で潤うと同時に、舛添氏の問題に厳しいコメントを口にする評論家たちも「舛添特需」の恩恵にあやかっているとのことです。
 先月5月11日発売の週刊文春で、舛添都知事の政治資金問題が報じられて以来、どこのテレビ局でも厳しいコメントを口にする評論家やタレントが勢揃いさせて舛添氏の出自や人物評、金銭感覚をこき下ろしています。舛添氏批判の急先鋒は、天敵とされた元参議院議員の田嶋陽子氏や参院議員(自民党)で元妻の片山さつき氏が上げられます。
 他にも元衆議院議員で宮崎県知事の東国原英夫氏は「法的にはギリImage3ギリ、人間的にはアウト」、ニュースキャスターの辛坊治郎氏は「都知事なんでこんなに嫌われるの・・・」。俳優の中尾彬氏は 「あんなゲス野郎だとは思わなかった・・・」と最低の人物表現でバッサリと切り捨てています。
 百田尚樹氏は「舛添知事は日本人としてのメンタリティは無い。本当に日本人なら切腹ものだ」。青山繁晴氏は「東京の有権者146万から署名をもらってリコール以外にない」。大阪府知事の橋下徹氏は「舛添さん、ルールに従っているというのは官僚答弁。不合理なルールはどんどん変えないと。それが知事の役割」。
 医師でタレントの西川史子氏は「舛添さんなんて都知事になる資格はない!」。 元宮城県知事の浅野史郎氏は「必死に逃げようとして質問をはぐらかしており、誠実さが感じられない」。 ビートたけしは「あの人は、最初から権力者になりたくて、人の上に立ちたくて、政治家になるために政治学者になったような人だからね。庶民感覚はないやな」。教育評論家の尾木直樹氏は「この人、常人じゃない!税金、公金にたかる寄生虫。感覚は人の倫理欠如した理論家」。ダウンタウンの松本人志は「お前のパンツをなんで第三者が精査しないといけないのか」。武田邦彦氏は「尊敬される都知事になって欲しい。それには上杉鷹山のような質素で清廉潔白な人物であって欲しい」。田嶋陽子氏は「貧乏くさい話だね、これは人格とか人間性の問題だから、金太郎飴(のように)切ればどこ切ったっ000c4b8dていつだって出てくる。この人許してあげたって、これから先、ずーっとセコいですよ」と厳しく批判しています。
 そして極め付けは、元妻の片山さつき氏に「セコい・小さい・哀しい」と言われては男として立つ瀬がありません。殆どの都民からも、チンケ・セコイ・シミッタレ・ショボイ・銭ゲバの「何処に出しても恥ずかしい人 」、「もう都知事には無理でしょう。」と思われているのです。
 果たして、今夏のリオ・オリンピック(2016年9月7日〜18日)から東京五輪への「引継ぎ式」に、「日本の恥」のような人物を送り込んでいいのか・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

大和君の捜索方法に疑問が・・

 「陸上自衛隊駒ヶ岳演習場」を捜索範囲に入れなかったのは、無Image7意識のうちに「聖域を作った」ことや「先入観を持った」ことにあると思います。
 田野岡大和くんの捜索には、警察、消防、地元役場、消防団などに加え陸上自衛隊まで投入し、大々的に実施されましたが何ら手がかりを得ないまま終了しようとした当日、駒ヶ岳演習場に避難していたところを偶然に発見されましたが、「終わり良ければすべて良し」のような印象です。しかし、こればかりは「結果オーライ」と決めつけては、次にあった場合に何も手が打てないことになります。
 捜索の方法や範囲など、どこをどのように改善すれば、良い成果が出たのかを反省検討する必要があります。七飯町の幹部は「自衛隊の敷地内に入るのは連絡や調整も必要で、捜そうということにはならなかった。」などと「想定外の場所だった」ことを漏らしているそうです。
 つまり、大和くんを捜索隊が発見できなかった理由は、「自衛隊施設だった」、「行政区域外だった」、「子供の体力でここまで来るはずがない」、「まさか、あそこまでは・・・」などの「先入観」から抜け出すことが出来なかったからではないでしょうか。
 今回は、偶然に辿りついた演習場の鍵が壊れていたことや、幸いにもマットや飲料水があったなど幾つもの偶然が重なり、田野岡大和くんが無事に発見はされましたが、「先入観」を棄て切れなかった関係者のポカ(失策)は大きいと思います。それでも、海外からは「サムライボーイ」と称賛されているそうですし、なにより大和くんの元気な様子に多くの国民は安堵しているはずです。

00000231

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

大和君「駒ヶ岳演習場」で発見

 北海道北斗市追分4丁目に住む田野岡貴之さんの長男で北斗市立浜分Image4_2小学校2年生の田野岡大和(7歳)くんが、5月28日(土)夕に北海道七飯町の駒ケ岳麓で行方不明になったとして懸命の捜索活動が行われていましたが、今日3日午前7時50分ころ、六日ぶりに北海道茅部郡鹿部町字本別の「陸上自衛隊駒ヶ岳演習場」の約50人寝泊まり出来る宿舎(第二廠舎(しょうしゃ)の中で無事発見されたと報道されました。発見された場所は、行方不明の場所から直線で約4キロの地点ですが、特に外傷もなく、自分の名前もシッカリと言えるとのことです。
 発見時の状況は、間もなくこの演習場を訓練で使用するため、自衛隊員が建物内部の点検に入ったところ出入り口付近で鉢合わせに発見。大和君は寒さはマットレス二枚を重ねたImg_6150中に包まってしのぎ、水は宿舎の水道から摂っていたらしいが、腹を空かせていたようなので、おにぎりをやったところ頬張るように食べていたそうです。この建物がある場所には、家族とはぐれた後、一人でほぼ真っ直ぐに偶然に辿りついた模様であり、現在は、市立函館病院に搬送され医師の診察を受けているようです。
 ご両親ら関係者も、辛い思いをされた6日間だったと思いますが、まずは無事でなによりです。Img_6144000009
Image6

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今は迂闊なことは言えません

 北海道北斗市追分4丁目に住む田野岡貴之さんの長男で北斗市立浜Image4分小学校2年生の田野岡大和(7歳)くんが、5月28日(土)夕に北海道七飯町の駒ケ岳麓で行方不明になったとして懸命の捜索活動が行われています。
   28日の土曜日、大和くんは両親と姉の一家4人で鹿部町の公園で川遊びをしたあと自宅への帰り道、駒ケ岳の麓の山林に入り、しつけのためとして置き去りにされ行方不明になっています。当初、両親は「山菜採りの最中に行方が分からなくなった」と警察に説明していましたが、両親の証言は二転三転し「しつけのつもりで置き去りにした」と前言を撤回したことも批判されています。捜索活動は前例がないほどの、警察・消防・町役場などに加え自衛隊も参加した大規模な捜索が展開されていましたが、何ら手がかりが掴めないまま縮小されています。家族の証言が正確なら、考えられることは、0000000012a「何者かに連れ去られた」、「交通事故に遭遇し連れ去られた」、「クマに襲われた」、「山林に入り転落事故に遭った」などいろいろと心配されます。
 しかし、置き去りにしたという地点で警察犬を活動させても殆ど動きを見せなかったことからも、元々、この地点に大和くんが来ていないことも考えられます。きっと、警察も事故と事件の両面から捜査活動を進めているはずです。出来れば、善意の誰かが自宅等にかくまっていて、今日にも元気に自宅に戻ることを願っています。
大和君「駒ヶ岳演習場」で発見Image6_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

都職員の士気低下は都民の不幸

 友人の息子さんが、某市役所から2年の予定で東京都主税局に出向201662image4していますが、舛添知事の一連の騒動以来、全く仕事にならないと嘆いているそうです。
  都の主税局と言えば、都税の課税や徴収を担当する大切な仕事であり、その息子さんは滞納者に督促状を発したり、電話で納税を促したり、或いは滞納者の財産を差し押さえることもある仕事と聞いています。ところが、舛添知事のスイートルーム泊やファーストクラスで大名旅行、公用車で湯河原通い、税金で家族旅行やヤクオフで趣味の絵画の落札等々の「税金無駄遣い騒動」以来、滞納者に電話や接触するたびに「税金泥棒のような都知事がいるところには払いたくない」と罵声を浴びせられるのが常だそうです。
 担当者らは、「それはそれ、これはこれ・・・云々」と低姿勢な言葉で説得するそうですが、納税者は聞く耳を持たないのが現状のようです。都知事への抗議電話やメールは基本的に政策企画局都民の声課 が受_6137理するのですが、既に2万件超だそうです。しかし、主税局のような税収の最前線への苦情も含めたら数えきれないはずです。このようにトップのあり方は、その組織すべてに影響することを知事は理解しているのでしょうか。そして、都庁職員が誇りと自信を持って仕事に集中出来ず、著しい士気の低下を招いている現状は、都民の不幸につながっていることを何と見るのか・・・・・・・当面の都議会は今月15日迄であり、知事は「調査中」を縦に時間を稼いで逃げ切りを狙っていることは明白です。
 頭が良くずる賢い舛添知事は世論が治まるの待っているのでしょうが、納税滞納者には強制執行による財産差押えが待っているという大きな違いがあります。Image

東京都政策企画局 総務部 「都民の声課
都庁代表電話03-5321-1111(代表)
TEL: 03-5320-7725
FAX: 03-5388-1213
Mail:ml-chijihon-soumu@section.metro.tokyo.jp

生活文化局広報広聴部都民の声課

  • 手紙・はがきの場合:〒163-8001 東京都庁「都民の声総合窓口」担当
  • ファクスの場合:03-5388-1233
  • インターネットの場合:「ご意見募集」からお寄せいただけます。
  • 寄せられた声の紹介」はこちらからご覧いただけます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

マスコミの裁判傍聴席独占の実態

 憲法第82条1項で、裁判は公開の法廷で行うのが原則とされ基本的に誰でも傍聴できるのですが、傍聴席数を超える傍聴者が集まったら抽選が行われます。またマスコミ各社には記者クラブ用の席が準備Photoしてあるのに、注目を集める裁判では、一般用傍聴席にも記者を送り込むために、大勢のアルバイトを動員してまで奪い合いしている実態が知られてきました。
  さて昨日31日は、覚せい剤取締法違反(使用、所持、譲り受け)の罪に問われた元プロ野球選手清原和博被告に、東京地裁は懲役2年6カ月執行猶予4年の有罪判決を 言い渡した裁判がありましたが、この裁判を傍聴する21席に対して1713人(約81・57倍)集まったと報道しています。
 初公判の時は、20席に対して3769人(約188倍)でしたが、これらの00000000003t_2殆どはマスコミが雇ったアルバイトによる行列なのだから可笑しな話です。そんな見え見えの演出?した行列を、殊更に「この裁判は国民の注目を集めています」などの誇張報道は、自画自賛しているようなもので、作為的な「ヤラセ」そのものでしょう。
 なお、この傍聴席確保という裏バイトは、履歴書や面接は不要、年齢不問、勤務時間は60~90分で時給1,500円、交通費支給なし。運よく当選したら報奨金5,000円支給が一般的。しかし、こんな無駄な人件費を使っても、どうせ似たような記事やコメントになるのだから代表記者で十分では・・・・・・それに、マスコミの傍聴席独占は、国民が裁判を傍聴する権利を侵害しているとの見方もありますので、裁判所側も注目裁判には、100人以上入れる大きな法廷を準備して、特別枠をマスコミに一部割り振るなどの調整をしたなら混雑や不満は相当緩和されるはずです。 
Image

被災地で目に余るマスコミの横暴
    http://dainichi-k.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-1d8a.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »