« 「何処に出しても恥ずかしい人」 | トップページ | 第三者・々と知事は壊れた蓄音機 »

2016年5月20日 (金)

国民みんなで監視!「政治資金」

 「泥棒に刑法を作らせたような政治資金規正法」と言われますが、ザル0001のままにしている国会議員の責任は非常に重いはずです。ザル法のままにしているのは、政治家(屋)自身が追及された場合に備えた保全の為と言われています。「泥棒が運悪く見つかってもカネを返せば罰せず」では誰が政治屋を信用しますか。それでなくても倫理観など薄いと批判される方々なのです。
 政治資金規正法は、「政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにする」(一条)と規定していますが、その監視の具体的措置や定めは何もなく、使う政治家個人に「きっと、先生と呼ばれるほどの方は税金の無駄遣いはしないはず」と性善説を期待しているだけです。それなのに、例え全額を飲食に充てたとしても政治家が「政治活動のためだ」と主張すれば法的には通用する可笑しな法律です。
 何ともまぁ、さすがに政治家の皆さんは御人好しの法律を作るものです。
 よって、政治資金収支報告書は、当面は国民皆でチェック・監視が必要です。
 今、問題の舛添都知事の政治資金管理団体、「グローバルネットワーク研究会」の2013年と2014年分の収支報告書も総務省サイトでPDF公開されているので、誰でも見ることができます。今日20日の定例記者会見では、この数々の疑惑に、どのように国民にシッカリと説明責任を果たすのか・・・・・すでに「役立たず」のレームダック状態なのに・・・・・そして、この熱が冷めないうちに政治資金規正法の改正もやったら。

|

« 「何処に出しても恥ずかしい人」 | トップページ | 第三者・々と知事は壊れた蓄音機 »

11、宗教のこと。」カテゴリの記事

コメント

金の流れの監視はもちろん必要だがそれ以上にその政治家がどんな成果を挙げたのかを監視する方が重要であり、舛添の「都市外交」なるものはたとえエコクラで行って木賃宿に泊まったとしても都民生活には何ら意味はなく、ましてその「成果」が韓国人学校の増設などという不必要なもの(韓国人学校は「定員割れ」が続いており、
http://otokitashun.com/blog/togikai/11405/
増設の必要はない)だとしたら言語道断であり、一方石原都知事は週3日しか登庁していなくても都立高校の学区撤廃、国立高校などを進学指導重点校に指定し予算を傾斜配分させるなど、都民が本音レベルで望む成果は出しており、猪瀬都知事も九段下駅の「バカの壁」撤去などは記憶に新しいところで、そろそろ似顔絵饅頭から湘南ナンバー車購入まで、センテンススプリング以外からも集中砲火を浴びながら今日の会見でも壊れたレコードのように「第三者」「第三者」と繰り返し頑なに辞任を拒むところからすると、これは辞任されては困る勢力(現に自民党などは参院選候補者すら擁立できず、これに都知事候補となるとなおさら困る)が入れ知恵して何とか延命させているのではないかと勘繰りたくなることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年5月20日 (金) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65578961

この記事へのトラックバック一覧です: 国民みんなで監視!「政治資金」:

« 「何処に出しても恥ずかしい人」 | トップページ | 第三者・々と知事は壊れた蓄音機 »