« ケチはカネの流れに細かいもの | トップページ | 舛添氏に新疑惑「日光で会議?」 »

2016年5月15日 (日)

やはり血筋は争えないですねぇ

 舛添要一都知事を純粋の日本人と見るから、「潔さ」などの美学を持たない人だと腹が立つのです。記者会見では下手な言い訳を並べながら、00hqdefault_2「徳を積んで精進する」と語っていましたが、嘘吐きの血筋は死ぬまで治るはずがないと断言できます。舛添都知事は、著書で「オモニの味。わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深い」と韓国の血が濃いことを公表していますが、同時に韓国人は「嘘も百回言えば真実となる」、息を吐くように嘘をつくことが標準文化とする特異で歪んだ民族であることを前提として理解する必要があります。
  13日の記者会見で、家族旅行費や家族との食事代を税金で支払った疑惑などの数々に応える様子は、正に「息を吐くように嘘をつく」「嘘も百回言えば真実となる」を具現化していました。よく「血は争えない」と言いますが、子どもが父母から受け継ぐ気質・性向などは隠しようがなく「血筋は争えない」ものです。都知事着任早々の朝貢訪問し、朴ソウル市長に地下鉄の技術提供、2018年の平昌冬季五輪や2020年東京五輪では相互支援の約束、更に韓国人学校を増設の約束など韓国寄りの政策を前面に出しています。000000203200_
 舛添要一著の「私の原点 そして誓い」では、「舛添家発祥の地は福岡ですが、わが家は先祖代々 朝鮮半島とはゆかりが深く」P125~(オモニ おふくろの味)などと語っており、人一倍韓国に対する思い入れが強いことも知られています。祖先のことを本にして公表するのですから、知事の思いのほどが伝わります。この個人的な祖先尊崇の思いを批判するつもりは毛頭ありませんが、今や都知事という公人でありながら、政治資金規制法違反疑惑や税金の無駄遣いなどに、純粋の日本人なら誰もが疑問に思うはずです。しかし、嘘を付くことを何とも思わない病的な人や民族がいることは現実です。概して、自己中心性や虚栄心が強く、目立ちたがりが多いです。「自己正当化」「自分の優越性の確保」のためには、平気で他者を悪者に仕立て上げ犠牲にする。今回も会計責任者に責任を被せていましたが、朝鮮半島の血が濃い舛添都知事なら平気なことでしょう。戦後の日本は、日本人に似た顔だちで日本人らしい名前で日本国籍を持ち、日本で教育を受けた日本語を話す「日本人もどき」が跋扈するご時世には困ったものです。

舛添都知事「わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深い」   https://youtu.be/SB80S_Xhu7Y  

|

« ケチはカネの流れに細かいもの | トップページ | 舛添氏に新疑惑「日光で会議?」 »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

おときた駿都議によれば、今後の展開は世論次第のようであり、
http://otokitashun.com/blog/togikai/11358/
果たして週明けの世論動向がどうなるのか、それとも某女性ハーフタレント(この人もセンテンススプリング砲の被弾者)のTV出演復帰による視聴率の話題に掻き消されてしまうのかといったところで、そろそろ「LINKくにたち」も終わり、東3丁目にある「ギャラリーエソラ」では「空創展」が催されるようであり、
http://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12158921760.html
かの石井めぐみ市議も作品を出展されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年5月15日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65498367

この記事へのトラックバック一覧です: やはり血筋は争えないですねぇ:

« ケチはカネの流れに細かいもの | トップページ | 舛添氏に新疑惑「日光で会議?」 »