« ブラタモリの12日後に熊本地震とは | トップページ | 三菱自はVWの不正を何と見ていた »

2016年4月21日 (木)

「嘘つきは数字を使う」三菱自動車

 「数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う。」、「ダメの烙印を押される」
 「嘘には三つある。嘘、真っ赤な嘘、そして統計だ。」、「恥の上塗り」
 「嘘つきは泥棒の始まり」、「二度あることは三度ある」、 これらの格言?は、どうもこうもなく、マッタクお話にもならない嘘つき体質の三菱自動車に全て当てはまることです。
 三菱自動車は何度も何度も国民を騙し、恥の上塗りを重ね、そのつ0000510300x200ど言葉だけは「反省」を繰り返していましたが、結局、二度あることは三度あるで「ユーザー無視」の企業体質は、何も変わらなかったということです。
 今回の嘘付きの手口は、「走行抵抗値」と呼ばれる燃費を算出するための基礎データの改ざんで、「eKワゴン」、「eKスペース」、日産に供給している『デイズ』『デイズルークス』の計4車種の軽自動車で62万台超にも及ぶと言う。不正の発覚は、三菱自動車と提携する日産からの指摘からだったと言われています。
 三菱自動車は過去にも欠陥車による横浜母子三人死傷事故などに絡み、二度の大規模なリコール隠しが発覚し批判を浴びていましたが、またも嘘つきの企業体質を露呈し、ネット上からは、「ばれないと思っていたのか」「もう車を作らないで欲しい」などの辛辣な意見が掲載されています。しかし、1㍑当たり何キロ走行という「燃費統計などやり方しだいで幾らでも操作できる。」という意見があり、他社の車でも事実、カタログ燃費と実際の走行実感と大きくかけ離れていることが殆どであると実感しています。
 自動車業界も「数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う」、「嘘には三つある。嘘、真っ赤な嘘、そして統計だ」と誤解されないよう、せめて燃費データくらいは公道を走らせ通常の走行実態に合う数字を示して欲しいものです。思うに、不正の裏事情には、この「カタログ燃費」があると思われ、カタログに載せる数値を少しでも良くするために関係者は躍起になる業界の構造が不正に走る誘惑があるのでは・・・・・この燃費を競う理由は、燃費基準の達成度合いに応じて税率が違う仕組みがあるそうです。なお、三菱自動車はデータを改ざんした4車種以外にも違法な方法で試験を行っていたことが明らかになった。

Image3
三菱自動車、許されない不正。信頼回復は容易ではない
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00010000-newswitch-ind
三菱自動車、変わりえない「隠蔽体質」の末路
<三菱自不正>消費者「何を信じたら」 業界全体に不信感
<三菱自不正>法令順守の意識低く 経営に影響も
三菱自株価急落、一時ストップ安 終値15%下落
新型RVR開発部長2人「諭旨退職」三菱自動車に何が?

|

« ブラタモリの12日後に熊本地震とは | トップページ | 三菱自はVWの不正を何と見ていた »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

「嘘、真っ赤な嘘、統計」のうち、前二者はそのまんまだが、こと「統計」に関しては「都合の悪いデータを隠す」「グラフを必要以上に誇張する」といった手法で意図的に誤認させることができてもだからと言ってそれが「嘘」かと言われれば必ずしもそうとは言い切れず、例えば過去3年間の売上:1年目1億・2年目3億、3年目2億といったデータで意図的に2年目を隠せば見る側には右肩上がりと誤認するが決してデータが信用できないわけではなく、こうした手法が「髪の毛が後退している」社長の某携帯電話会社の常套手段になっているところで、そろそろ連日被災地で横暴を繰り広げるマスコミに対しとうとう被災者の怒りが爆発した一方で、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000552-san-ent
三歩歩いて二歩下がり、現地入りを控えている水前寺清子が実は古稀だった点にも言及頂きたいかと…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000034-dal-ent

投稿: | 2016年4月22日 (金) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65086721

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘘つきは数字を使う」三菱自動車:

« ブラタモリの12日後に熊本地震とは | トップページ | 三菱自はVWの不正を何と見ていた »