« 被災地で目に余るマスコミの横暴 | トップページ | 「嘘つきは数字を使う」三菱自動車 »

2016年4月21日 (木)

ブラタモリの12日後に熊本地震とは

 NHK「ブラタモリ」は、3月19日(第34回)4月2日(第35回)の2回にわたっImageて熊本を訪問して放送していました。熊本地震は4月14日でしたが、まさか放送の12日後に壊滅的な大地震が襲うとは誰も予想していなかったはずです。
 第34回で放送された、熊本城周辺の城下町やせんば山(土塁)のタヌキは大丈夫でしょうか。「島津よ来るなら来い」と敵にワザと見せる構えをして、築城270年後の西郷軍の猛攻にも耐えた天守閣や大小66もある櫓の瓦などが、大地震で痛められましたが、『地震時には瓦は振るい落とされ、城の倒壊を防ぐ』という昔の人の発想や工法でImage1壊滅を退けたことは逆に評価されています。
 また、4月2日の第35回放送では、熊本の健軍五号井など水道水100%を地下水で賄っていることや地質は阿蘇の火砕流堆積層に及んでいましたが、今回の地震を示唆したのでしょうか。火山灰を堆積しないように造った「鼻ぐり井手」や「ザル田」の存在など、再度観ますと改めて勉強になります。
 日本財団は、熊本城の再建に30億円を寄付するそうですが、山形県鶴岡市に眠っている加藤清正公も、遠くから復元を期待しているはずです。なお、地震発生後に、再放送して欲しいとの声が上がっているそうですが、まずは、この動画でチェックされたらと思います。
ブラタモリ2016年3月19日熊本城 !熊本城はやりすぎ城? 160319   https://youtu.be/JSfXhakJ7oc  

ブラタモリ2016年4月2日水の国・熊本 火の国熊本は水の国?160402 https://youtu.be/8WSJtbdRWsQ

|

« 被災地で目に余るマスコミの横暴 | トップページ | 「嘘つきは数字を使う」三菱自動車 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

「ブラタモリ」といえば、過去に御社の隣町であり新幹線発祥の地でもある鉄道総研にも来所しており、タモリ氏の鉄道に関する博学ぶりが披露されたが、新幹線といえば昨日九州新幹線の一部区間が復旧した中で注目されているのが、かつて放映されたJR九州のこのCM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00000001-withnews-sci
で、国際的な賞も獲得しているところで、そろそろ衆参同日選は回避される見通しなれども、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160421-OYT1T50012.html
この時期気を付けなくてはならないのがやはり「失言」で、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160419-OYT1T50085.html
「子どもの声が騒音」と保育園開設が断念・延期される例がありながらも、
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160419-OYT1T50017.html
何とか保育園増設に向けた機運が盛り上がっている中、この人(確か国高出身)のように世論を逆撫でするような発言をしていると、
http://www.asahi.com/articles/DA3S12288385.html
やがてセンテンススプリングを始めとする週刊誌の好餌になることにも言及頂きたいかと…。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160420-00006091-sbunshun-pol

投稿: | 2016年4月21日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/65075709

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリの12日後に熊本地震とは:

« 被災地で目に余るマスコミの横暴 | トップページ | 「嘘つきは数字を使う」三菱自動車 »