« この問題に深入りすると殺される | トップページ | 失敗を何処までも追い込む日本社会 »

2016年4月11日 (月)

「人間だけが同じ過ちを繰り返す」ムヒカ

 質素な暮らしぶりから、「世界で一番貧しい大統領」と称されるウルグアImage4イのムヒカ前大統領が初来日しています。記者から 「世界で一番貧しい」と呼ばれることの質問に、
 「みんな誤解しているね。私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」と答え、「私が日本に来たのは、日本から学びたいと思ったからで。人類がどこに向かっていくのか、先進国の日本で聞きたいことがたくさんある。」
 とコメントしていました。一見、称賛しているようで「反面教師」と見ているのです。日本の食料自給率は、昭和40年代の73%から大幅に低下し、最近は40%前後で先進国の中ではずば抜けて低いそうです。それなのに、コンビニ・スーパー・ホテル・飲食店・一般家庭などから食べ残しや賞味期限切れでゴミとして「三分の一」は廃棄する現実があります。日本の廃棄食糧だけで途上国の5000万人の1年分の食料になるというから、その贅沢ぶりが分かります。
 この現状をムヒカ前大統領が批判しない訳がありません。 
 かつての日本では、「もったいない」という言葉が普通に使われていました。00000e76df
 この言葉をノーベル平和賞受賞者の前ケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが世界に広めようとしていることが話題になっていました。しかし、今の日本は経済の活性化には「消費は美徳」という価値感が優先しています。果たして日本に、再び「もったいない」を美徳とする時代は来るのか。
 人間は一度、贅沢を覚えると歯止めがきかないのか。
 或いは、全てを一度リセットしないと気付かないのか。
 4月10日、ムヒカさんは広島の原爆資料館の芳名録に、「倫理を伴わない科学は、想像もできない邪悪なものに利用されかねない。地球上で人間だけが同じ過ちを繰り返す」と記したそうです。まるで日本が加害者の様な原爆死没者慰霊碑の「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」という碑文を受けての言葉でしょう。
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」 ホセ・ムヒカ
   https://youtu.be/jwbaoi6a4BU

|

« この問題に深入りすると殺される | トップページ | 失敗を何処までも追い込む日本社会 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

「世界で一番貧しい大統領」が来日した一方で、「世界で一番国民を貧しくさせている(と思われる)大統領」も来日し、
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160401-00506976-shincho-int
安倍首相をはじめ天皇陛下の饗応まで受けているところで、そろそろパナマ文書やら消費増税延期やらですっかり議論の俎上にすら上がらないバカ高社会保険料負担の陰でまさかこんな現実があろうとは世も末であり、一体日本の情操教育はどうなってるんだと心の貧しさを嘆かずにはいられない点にも言及頂きたいかと…。
http://agora-web.jp/archives/2018490.html
http://agora-web.jp/archives/2018599.html

投稿: | 2016年4月11日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64916160

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間だけが同じ過ちを繰り返す」ムヒカ:

« この問題に深入りすると殺される | トップページ | 失敗を何処までも追い込む日本社会 »