« 「マイナス金利」はマイナスでは? | トップページ | 立地が最高「京王高尾山・極楽湯」 »

2016年3月 2日 (水)

ヒトの歴史は始まったばかりです。

 地球の歴史を仮に46mとすると、我々の歴史は僅か0.02ミリしか000000mpoultないのです。果たして、1ミリ(10万年)まで伸ばせるのか・・・・
 私は気候が穏やかになると、八が岳や西伊豆スカイライン方面に「星空鑑賞(スター・ウォッチング)」に出向くことが多くなります。天候に恵まれると、光害が少ない当地の澄み切った夜空からは、満天の星が降り注いでくるようで、心身をリフレッシュする至福のひと時を過ごしております。
 星空を眺めていると、天文学者や太陽系外惑星探査チームらが、地球のように生命が育まれているな第二の地球の存在を求め、必死に望遠鏡を覗きたくなる気が理解できます。しかし我が大地、宇宙は無限に広いと言えど、偶然に偶然、奇跡に奇跡が重なり合って成り立っている惑星は無二じゃないかとついつい考えてしまいます。
 宇宙誕生から137億年、地球誕生から現在まで46億年経過しているそうです。
 46億年前に地球誕生⇒35億年前に単細胞生物誕生⇒多細胞生物⇒背骨のある魚が誕生⇒恐竜の出現⇒そして、ようやく約400年前にヒトの誕生という途方もない時の流れに感嘆せずにはいられません。そのヒトの時代も、猿人、原人(北京原人・ジャワ原人)、旧人(ネアンデルタール人)、新人(クロマニョン人・上洞人)などと 進化・増殖・分化を繰り返して今に至っています。最も古くまで文明を遡ることができるとされる日本でも、縄文、弥生、古墳時代と流れ、そして今日があります。そう考えるとヒトの歴史は始まったばかりです地球誕生46億年を仮に一億年を1mにすると46m先に誕生地球(火球) が見えます。
0000000thumb
画像は「生物史から、自然の摂理を読み解く 」からお借りしました。
   http://www.seibutsushi.net/blog/2009/05/759.html 
 端から歩み始めると最先端の45m97cm地点で人類誕生、45m99cm0.9mm 即ち現在から0.1mm(1万年前)地点でようやく有史となり、縄文・ 弥生・古墳時代と続きます。有史2016年も46mの地球の歩みの内0.02mmの目に留まらない極小距離しかないのです。 今日までのこの大地46mの道のりは、我々0.02mm(2,000年)には想像もつかない 時間と幾多の試練・破壊・創造を繰り返して今日に至り、私達は一瞬の静寂の隙間に部分的に居るに過ぎないような気がします。
 これから先、地球上の生物、特に人類はこの大地で1mm即ち10万年後まで存在することが出来るのか。天変地異、核戦争、天体の衝突、太陽活動の変化等々による気候の激変や大破壊に遭遇せず繁栄できるのでしょうか?
 残念ながら誰も予測できません。

|

« 「マイナス金利」はマイナスでは? | トップページ | 立地が最高「京王高尾山・極楽湯」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 一方、地球の誕生から現在までを1年に例えると、ホモ・サピエンスの誕生は紅白の終わった後、キリストの降誕に至っては新年を迎える十数秒前と言われておりますが、これだけ人類が進化しても未だに単細胞の人がいるといったところで、そろそろスーパーチューズデーが何故火曜日なのかについても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64204059

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトの歴史は始まったばかりです。:

« 「マイナス金利」はマイナスでは? | トップページ | 立地が最高「京王高尾山・極楽湯」 »