« 名古屋市議員の報酬増額に想う | トップページ | 間違えたでは済まない問題もある »

2016年3月10日 (木)

「日本死ね」、死ねは無いでしょう

 いくら何でも、「保育園落ちた日本死ね」は無いでしょう。少なくとも、日本人とImage5して生活する普通の日本国民なら、絶対に使わない日本を貶め、罵倒する最低の言葉です。
 もし、こんな下品な言葉が許されるなら、「入試落ちた日本死ね」、「特養落ちた日本死ね」、「入社試験落ちた日本死ね」、「景気悪い日本死ね」、「○○落ちた日本死ね」等々、何でも国や他人に責任転嫁してしまう傾向が醸成されてしまいます。
 事の発端は保育園に入れなかった母親の怒りの匿名ブログでしたが、そのタイトルは誰から見ても汚い表現です。これに似た境遇の人達の共感とインパクトの強さから拡散され、反日マスコミもこれ幸いとばかりに飛びついて連日大きく取り上げています。更に、国会では山尾志桜里衆議院議員が予算委員会で安倍首相に迫るという事態に発展していますが、とにかく、短期間で日本中に広まったブログ「日本死ね」とは、主張内容はともかく酷いキャッチコピーであり、こんな汚い言葉を使う時点で、保育園が落とした理由と、その親の人間性や親日度が想像されます000000000bs
  また、3月4日には「保育園落ちたの私だ」というプラカードを手に国会前をデモる中には、某野党議員の姿もあるそうで、いつもの組織化された反政府活動の一環と見られ、「日本死ね」騒動は反原発や反基地、反安保法案などで国会を取り巻いた人達と同じ匂いがしています。 
  https://youtu.be/W4I0PpiVwz8

 また、東京新聞論説委員の長谷川幸洋氏の論説に
待機児童問題は深刻なのに10年経っても「保育所事業」へ株式会社の参入が進まない理由」。があります。これは世田谷区などの実態です。
 待機児童のことは、シッカリ手順を踏んで解決に向かえばいいことでしょう。 

|

« 名古屋市議員の報酬増額に想う | トップページ | 間違えたでは済まない問題もある »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

株式会社保育園の参入を阻む社会福祉法人は実は自民党の票田で、革新系の世田谷区長がその片棒を担がざるを得ないことからも革新系首長の政権運営能力がうかがい知れるから国立市も以って他山の石となすべきところで、そろそろ怠慢教師の確認不徹底の犠牲者が出た中学校の件についても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年3月10日 (木) 12時38分

補足です。しっかり手順を踏んで解決するとはいえ、その踏む方向を誤っては一向に解決しません。新規参入が増えれば保育園の建設需要も増えますから御社にとっても悪い話ではないはずです。
ちなみに御社近辺の中央線高架下にできる新保育施設は社会福祉法人運営のようです。

待機児童を生み出す「保育園社会主義」
「保育バウチャー」で個人を支援する制度に
2016.3.11(金) 池田 信夫
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46315

投稿: | 2016年3月11日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64374291

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本死ね」、死ねは無いでしょう:

« 名古屋市議員の報酬増額に想う | トップページ | 間違えたでは済まない問題もある »