« マイナス金利をプラス発想に(西武信金) | トップページ | 清原被告の保釈は簡単ではない! »

2016年3月15日 (火)

居酒屋「まっちゃん」が3/15移転開業

 JR中央線国立駅近くの焼き鳥居酒屋「まっちゃん」が、約30メートル離れImage3た地点に移転し、3月15日から開店だそうです。
 山口瞳(1926年11月3日~1995年8月30日)原作の『居酒屋兆治』は、高倉健や渡辺謙主演で映画やテレビドラマにもなった人気作品です。JR谷保駅前で居酒屋「文蔵」を営む八木方敏(まさとし)さんをモデルにした小説でしたが、「文蔵」は2005年8月惜しまれつつ店じまいしています。
 モデルの八木方敏さんは、国立駅前で人気の屋台「まっちゃん」で修行したそうですが、今も衰えぬ人気の焼き鳥(実際は豚肉のはず)居酒屋として客足の多い店です。この歴史ある「まっちゃん」も計画道路「国立都市計画道路3・4・10号線整備事業」の真上に引っかかり移転を余儀なくされました。幸いにも、移転地は約30メートルであり、誰も迷わない位置です。
 一点残念なことは、土曜日以外の「女性禁止」が移転後も引き継がれるこMichael_smolaskyとでしょうか。男女平等、機会均等の昨今、頑なに「女性立ち入り禁止」を貫く姿勢を、いつまで客に支持されるのかは見ものでしょう。それから、以前の店は換気が悪いのか、焼き鳥を焼く煙がモウモウと店内に充満していましたが、新店舗はどうなのか気になっています。
 なお追記しますが、文蔵の後継店「婆娑羅」、「まっちゃん」、「うなちゃん」、旭通りの「やきとり 柴さん」などは、国立市居住の日本文化研究で知られるマイク・モラスキー教授の「呑めば、都」中でも紹介されているそうです。

移転前の店舗(平成28年2月撮影) Img_5910
②移転後の場所、手前左側(平成28年3月15日撮影)
Img_5965
③移転は中央線高架の隣、四階建てビル一階に「まっちゃん」、「うなちゃん」は高架を挟んで北側(平成28年3月15日撮影)
Img_5963

移転した場所

|

« マイナス金利をプラス発想に(西武信金) | トップページ | 清原被告の保釈は簡単ではない! »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

文蔵は「婆娑羅」という後継店が営業中の他、まっちゃんはうなちゃん、旭通りの柴さんと共にマイク・モラスキー教授の「呑めば、都」中で紹介されるも柴さんは店名が変わってしまったところで、そろそろ某球団の賭博問題で最高顧問が辞任するもどうせ一場の栄養費事件の時みたいにほとぼり冷めた頃にまた復帰することにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年3月15日 (火) 23時03分

(補足)まっちゃんの平日女人禁制の理由について、あくまで推測ですが、平日は圧倒的多数である仕事帰りの男性客の居場所を確保することもさることながら、換気が悪く店内に煙がモウモウと充満→女性の服に臭いが付着(特に女性はこういうのにうるさい)→土曜来店限定にしておけば、日曜にそれらの服を洗濯に出せる、という理屈でしょうか?ちょうどホンダの社食が土日に作業着を洗濯に出せるようにとカレーうどんを出すのを金曜日に限定しているのと同じ理屈ですが、だとしたら、実は女性客に対する粋な気遣いなのかも。

投稿: | 2016年3月16日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64465088

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋「まっちゃん」が3/15移転開業:

« マイナス金利をプラス発想に(西武信金) | トップページ | 清原被告の保釈は簡単ではない! »