« 弾道ミサイルは三段構えで迎撃する | トップページ | 社屋もワンルームも完成間近です。 »

2016年2月11日 (木)

剣の極意は「刀は抜かずして勝つ」

 今日2月11日は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、192016_2_11imag66年に「建国記念の日」に定められました。神武天皇が日本書紀によれば、紀元前660年1月1日 (旧暦)に即位したとされます。戦前は「紀元節」と呼ばれていました。
 「建国記念の日」にちなみ日章旗を掲揚するとともに、国防について考えようとしたところ、読売の「編集手帳」にいい題材を見つけました。まず「憲法九条」で日本が戦争を放棄しても、「戦争が日本を放棄してくれない」、
 好戦的な国から日本を放棄してもらうには
 「泣き寝入り作戦」、
 「コワモテ作戦
 「仲間作戦」があり、これに不満な人は独自の案を世に問うべきと述べ、そして、「汗水を流して習う剣術の役こそたたぬ 御代ぞめでたき」と締めています。
  戦争を放棄し軍隊を持たない国が、なぜ巨額の税金で自衛隊が必要なのか?
 陸・海・空自衛隊は、相手を上回る最高度の練度と士気、そして優秀な装備で「有事」に備えても、その会得した技や装備は永遠に使用されないことを願っています。
つまり、剣の極意は「剣を抜くは未熟なり抜かずに勝つが本意なり」です。

|

« 弾道ミサイルは三段構えで迎撃する | トップページ | 社屋もワンルームも完成間近です。 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

伝家の宝刀は抜かないことに意義があるといったところで、そろそろ御社の近辺に4月24日に開業するnonowa国立WESTについても言及頂きたいかと…。
http://www.nonowa.co.jp/kunitachi/news/detail.php?id=270
【大日建設(株)】
 「nonowa国立WEST」のリクエスト有難う御座います。この前の道路は車で良く通行するところですので気になっていました。最近、目隠しの塀も外され全体を観察できるようになりましたので、今日写真撮影して参りました。西口の改札も出来ることで、我が社からもやや近くなる印象です。それに幅2mの歩道も設置されますので歩行者の通行も安全になります。後は、どのようなテナントが入るのか楽しみですが、個人的にはラーメン店など食堂が数店入ることを期待しています。
 

投稿: | 2016年2月11日 (木) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63892563

この記事へのトラックバック一覧です: 剣の極意は「刀は抜かずして勝つ」:

« 弾道ミサイルは三段構えで迎撃する | トップページ | 社屋もワンルームも完成間近です。 »