« 悲惨過ぎます「老々介護」の結末 | トップページ | 全車両に自動ブレーキ搭載を急げ »

2016年2月27日 (土)

面白いが段々怖い?トランプ氏

 数日前の読売川柳に、「面白いが段々怖いトランプ氏」が選ばれていま2016227image3した。
 米国大統領など日本からすれば一見縁遠いと思いがちですが、「アメリカがクシャミすれば日本は風邪をひく」と言われるほど、政治・経済・外交・軍事等々、全ての分野で米国の顔色を伺いながら政策や言葉を選ぶのが現実です。その米大統領候補のトランプ氏は、「どこかの国が日本を攻撃したら我々は助けなければならない。だが、我々が攻撃されても日本は助ける必要がない。」、「日本もアメリカを守れ!」発言や、駐日米国ケネディ大使にも「日本では仕事のやり方さえ分かっていない」などと強硬発言を繰り返し支持層を広げています。
 この発言は多くのアメリカ人の本音を代弁しているとの見方です。
 先日は、自民党の丸山和也議員は参議院の憲法審査会で、「日本がアメリカの51番目の州になれば集団的自衛権も安保条約も全く問題がない」と発言をしていましたが、事実、「日本は米国の51番目の州」かのような印象を持っている国民も多いはずです。
 ただ、一見「51番目の州」発言は正論に見えますが、正式に51番目の州になれば、この日本からもアメリカ大統領に立候補する権利が生まれ、日本人大統領の誕生にはさすがアメリカも許さないはずです。よって、正確に日本と米国の関係を見るなら属国か植民地に近い現状でしょう。その「植民地統治」には、直接統治と間接統治がありますが、「直接統治」は本国から総督や民政長官、軍政長官などを派遣して支配する方法で、「間接統治」は現地の王侯や部族長を通じて支配する方法です。つまり日本は間接統治されているのであって、アメリカ大統領候補の発言にも一喜一憂せざるをえない現状が理解できるはずです。そして個人的には、日本に強硬発言を繰り返すトランプ氏が大統領になれば、外圧から日本でも完全独立の機運が高まるはずと、別の意味で期待するところがあります。

|

« 悲惨過ぎます「老々介護」の結末 | トップページ | 全車両に自動ブレーキ搭載を急げ »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

トランプだけに、米国民がくれぐれもジョーカーを引かないことを祈るばかりといったところで、そろそろ谷保天の梅まつりについても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年2月27日 (土) 10時45分

谷保天満宮の梅まつり気になります。
3年前に行ったら甘酒とかお茶を販売していました。
鶏が放し飼いにされていたのが印象的でした。
何枚か写真撮ってきていただけるとありがたいです。

投稿: トリックスター | 2016年2月27日 (土) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64164889

この記事へのトラックバック一覧です: 面白いが段々怖い?トランプ氏:

« 悲惨過ぎます「老々介護」の結末 | トップページ | 全車両に自動ブレーキ搭載を急げ »